アメリカ・アリゾナ州で2店舗を構えるドライブスルー型コーヒーショップが賑わっている。外食産業の低迷が伝えられる中、順調に客足と売り上げを伸ばしているというこのコーヒーショップだが、ほかの店と何が違うのか? なんとこの店ではコーヒーを提供するバリスタがビキニ姿なのだ。

1704_bikini_cafe_.jpg
「Bikini Beans Espresso」のInstagramより。

■ビキニが“制服”のコーヒーショップが連日賑わう

 アリゾナ州のフェニックスとテンピに店舗を構え、連日賑わいを見せているドライブスルーカフェが「Bikini Beans Espresso」(ビキニ・ビーンズ・エスプレッソ)だ。この店では、コーヒーを煎れるバリスタが全員、ビキニ姿の若い女性という、目立ち過ぎる特色を備えた店なのだ。

 これまでもアメリカ発祥のレストランチェーン「フーターズ」などの露出過多な“制服”が何かと話題を呼んできているが、Bikini Beans Espressoはその名の通りのビキニ姿で、これまでの店とは一線を画す露出度だ。テンピの店舗は最近オープンしたばかりで、グランドオープニングの様子が動画で紹介されている。

Bikini Beans Espressoテンピ店オープニング日の模様。「YouTube」より

 レストランと違いドライブスルーであるため、基本的に客は滞在しないのでバリスタの女性たちもそれほどの抵抗感はないのかもしれない。客の側にしてみても、ほどよい時間内で“目の保養”になるということだろうか。Bikini Beans Espressoの経営理念のひとつには女性の地位向上があるようだ。

「女性には投票権があるばかりでなく、異性愛者になる権利もあれば、コミニュティのリーダーやビジネスのオーナー、さらに大統領になる資格もあります。我々女性は威厳とプライドを持って優雅に働く権利があります。それがスーツ姿でも白衣姿でもビキニ姿であったとしても!」(同社ウェブサイトサイトより)

 ご想像の通り来店客のほとんどが男性だが、決して“企画勝負”だけではなく、ビキニ姿のバリスタたちのコーヒーを煎れる腕も確かであるということだ。またビキニ姿で店の前に出て「COFFEE」のプラカードを持って呼び込みをかければ抜群の集客力を発揮するということで、売り上げを伸ばしているのも頷ける。

HOOTERS JAPAN

HOOTERS JAPAN

こういう文化は良いと思うゾ

バリスタが全員ピチピチビキニギャル! セクシー過ぎるコーヒーショップが話題にのページです。おたぽるは、その他ビキニ宍戸ペダル水着の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--

人気記事ランキング

コスプレイヤーさんってなんでみんなエロいんだろ…
『メアリと魔女の花』はもう観た?

18歳未満閲覧禁止!!

ここから先のコンテンツには、Hでド変態な成人向けなコンテンツが含まれているから、18歳未満の方は閲覧しないでくださいね。

18歳以上のあなたは「進む」を選んで、楽しんでね。