【今月の不健全図書レビュー】反省すべきは、杉野社長 ミナカミ理久『キミに眠る俺の罪』の画像1
『キミに眠る俺の罪』(一迅社)

――東京都をはじめ、地方自治体の「青少年・治安対策本部」では、毎月“不健全図書”を挙げ、自主規制団体らと共に審議を行っている。この審議結果は毎回公表されるものの、審査過程での自主規制団体の声が顧みられることはほぼない。エロにせよ何にせよ、どこか尖った作品を大の大人が色々な立場から評価するという、そんな貴重な意見が無視されるなんてもったいない! このコーナーでは、“不健全図書”に指定されたマンガなどを自主規制団体の声と共に紹介していきたい。つまり、クラウド・ファンディング(群衆による資金調達)ならぬ“不健全図書”クラウド・レビュー(群衆による批評)、はじまり、はじまり~!

【今月の指定図書】

 恒例となったBLジャンルで指定されたのは、ミナカミ理久『キミに眠る俺の罪』(一迅社)。

 評価すべきは、回収のスピードです。指定が公表された時点では、すっかり回収済みということ。なにかとトラブルの宝庫として知られる一迅社ですが、こういう時は早いのですねと感心しました。この一迅社という企業は、社長の杉野庸介氏以下、作者を軽んじる、主体性なき唾棄すべき出版社……と、いうことは、これまで遭遇した幾つものエピソードが証明しています。

 今回も表紙からして、ヤラかしている感があります。いくらなんでも「※めちゃくちゃ犯されています、ご注意ください。」とは。

 そもそもが18禁で頒布されていた同人誌を、非18禁で商業化しようとしているあたりで、何を考えているんだ感はあるのですが、オビの文句が、それを加速させている。

 おまけに、指定された途端に回収とか。作者があまりにも可哀想ではありませんか!!

(以下、別記のない限り、【】内は「自主規制団体からの聴き取り結果」より引用)

 そんな非道な出版社のおかげで、指定へと至ってしまった、この作品集。もとが18禁なんですから、待ってましたとばかりにケチョンケチョン。

 指定該当11対指定非該当2。保留はなし。つまり、出版産業関連の出席者が、最後の防波堤として「指定非該当」とした以外は「これが、18禁じゃないとか、何を考えているんだ」というわけです。

 なにせ、収録作はのっけから家庭教師が教え子とセックスしていますし、凌辱やレイプ描写も多めです。もちろん18禁であれば、当たり前の描写ばかりなのですが、全年齢となれば話は別です。

【人格否定的な性描写がほぼ全編にわたり描かれている。性器等も修整していると言い難い】【男性器がはっきりと見える上に、器具を肛門に入れる等、卑わい感を与える性描写がある】【局部の修整が甘く、男性器の形状がわかる】など、全方向から非難を集めています。

 実のところ、この指摘にあまり意味はありません。

 問題の本質は、18禁同人誌を全年齢向けでシレっと出版した挙げ句に、都合が悪くなれば回収してしまう出版社の対応にあるからです。

 18禁を全年齢でシレっと出版すること自体、現状の書店棚のありようからは仕方のない部分があります。でも、大抵の出版社は反省の色をみせつつ18禁で販売するもの。ですから、回収してしまうという一迅社のやり方は、あまりにも稚拙です。やはり、意図不明な原稿チェックを入れてきたり、調子のよい口上を述べておいて、あとから忘れたフリが得意な一迅社の体質が露呈したといえるでしょう。

 ほんとに作者が可哀想で仕方がありません。
(文=昼間たかし http://t-hiruma.jp/

今月の自主規制団体の声
【出典】東京都青少年健全育成審議会「自主規制団体からの聴き取り結果」より
http://www.seisyounen-chian.metro.tokyo.jp/seisyounen/pdf/pdf/09_singi/681/681siryou8.pdf

【今月の不健全図書レビュー】反省すべきは、杉野社長 ミナカミ理久『キミに眠る俺の罪』のページです。おたぽるは、マンガ&ラノベhentaiキミに眠る俺の罪ミナカミ理久一迅社不健全図書レビュー昼間たかしの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--

人気記事ランキング

コスプレイヤーさんってなんでみんなエロいんだろ…
『メアリと魔女の花』はもう観た?

18歳未満閲覧禁止!!

ここから先のコンテンツには、Hでド変態な成人向けなコンテンツが含まれているから、18歳未満の方は閲覧しないでくださいね。

18歳以上のあなたは「進む」を選んで、楽しんでね。