内緒でエッチなサービスが受けられる美容師が存在するという、いろんな妄想が膨らむ都市伝説的シリーズ『誘惑美容室』に心花ゆらちゃんが登場。俄然期待が膨らむのだ。

1703_kokona_yura_s.jpg『誘惑美容室/心花ゆら』(ドリームチケット)

■胸をムギュムギュと押しつけて誘惑!

 カットソーの大きく開いた胸元から見せブラをチラつかせるミニスカ美容師・心花ゆらちゃんが、来店した若い男性客から髪型のリクエストを聞いてさっそくカットへ。

1703_kokona_yura_01.jpg

 天気の話や仕事の話など、いかにもソレっぽい雑談を何気なく交わしながらすぐさま親密な仲になり、お互いにカレシ、カノジョがいないことを確かめ合って徐々に“共犯関係”が成立。柱を隔てて隣でカット中の客に気づかれぬように、内緒で胸を触らせて裏サービスへ。ズリ下げたブラから覗き見えた乳首をチュパチュパ吸わせてからゆらちゃんが積極的にディープキス。さっきまでの雑談から急にヒソヒソ押し黙ってしまうのは逆に不審を招きそうだが……。

 お客のカラダを覆ったクロスの上から股間をナデナデして、さらに手を滑りこませて男の生乳首を刺激。すでにビンビンのチ○ポを手コキしながらディープキスへ。さらにリズミカルにシコシコと手の動きを早めて一気呵成に手コキ抜き。カットのついでヌいてくれるとはお徳過ぎる!

 続いて染髪に来た中年男の客には、カラーリング作業中に胸をムギュムギュと押しつけて誘惑。怯む男に構わず挑発を続け、作業がひと区切りついたところでトイレに連れ込んで便座に座らせて肉棒をおしゃぶり。コソコソと周囲に気を配りながらも、ドアップのカメラ目線でみっちりとバキュームフェラを繰り広げて見事に口内発射を決めるゆらちゃんに圧倒されるばかりだ。

1703_kokona_yura_02.jpg

■店内狭しと場所を変えながら営業中にハードファック!

 パーマに来た客とは序盤から早くもエロエロな展開に。内緒で胸を触らせてひと目を気にしながらスリリングなペッティングを繰り広げ、乳首を吸わせたりキスをしたりしながら男の股間をナデナデして、じゅうぶんすぎるウォーミングアップが完了。

1703_kokona_yura_03.jpg

 洗髪台のある区画に移動してからは、お客を仰向けにして髪を洗い、男の顔面に胸を押しつけ、さらに顔を近づけてディープキス。舌をベロンベロンと絡ませあうキスをみっちりと堪能してからは、お客のシャツをたくし上げて乳首を舐め、思わず声をあげそうにな男に対して唇の前で1本指を立てて「しーっ!」と優しく叱責するゆらちゃんがエロ可愛い。

 さらにお客のデニムパンツと下着をズリ下げてすでに半ダチのチ○ポを遂に頭からパックリとおしゃぶり。ゆらちゃんのスケベ過ぎるフェラテクで肉棒がたちまちフル勃起したところで、男の乳首を舐めながら高速手コキでドピュドピュと発射させてしまうのだ。

1703_kokona_yura_04.jpg

 なんともエロ可愛いタイトなニットのミニスカワンピ姿では、お客の頭皮をマッサージして肩揉みから腕揉みとサービス範囲を広げ、胸や足も入念に揉みほぐしてからお互いの股間を刺激しあって濃厚なペッティングへ。コソコソと柱の影に隠れながらフェラチオからクンニと密着プレイを繰り広げてお互いに着衣のままバックで挿入。

 ほかの客もいる店内で声を押し殺しながらも対面座位から立ちバックと存分にハメまくって、店内狭しと場所を変えながらハードファックが展開。常に周囲に気を配るゆらちゃんですが、気持ちよくなって時折どうなっても構わないといった表情を見せるところもエロい。最後は大量のザーメンをお口で受け止めるゆらちゃん。面倒見の良いお姉さん的でしっかり屋さん風な佇まいに、身も心も全面的に委ねたくなってしまう1本だ。
(文/宍戸ペダル)

1703_kokona_yura_05.jpg

視聴はこちらから!

誘惑◆美容室 心花ゆら

誘惑◆美容室 心花ゆら
収録時間:119分
出演者:心花ゆら
メーカー:ドリームチケット

『誘惑美容室/心花ゆら』髪もチンコもスッキリ! 見せブラ美容師のスリリングな裏サービス!のページです。おたぽるは、AVの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -

人気記事ランキング

PICK UP ギャラリー
写真new
写真
写真
写真
写真
写真

ギャラリー一覧

ところで新商品を見てくれ こいつをどう思う?
ところで新商品を見てくれ こいつをどう思う?
俺も黒田悠斗さんみたいにマッチョになりたい!
「貧乳の日」なら私もツイートできるかな…

18歳未満閲覧禁止!!

ここから先のコンテンツには、Hでド変態な成人向けなコンテンツが含まれているから、18歳未満の方は閲覧しないでくださいね。

18歳以上のあなたは「進む」を選んで、楽しんでね。