スカトロ2.5次元 糞04

 アニメやエロゲーなど二次元好きならコスプレイヤーと付き合うというのはひとつの憧れではないだろうか。

 実際のところコスプレイヤーたちに理想の彼氏はどんなものか訊いてみたところ、ニュアンスのちがいこそあれ、ほぼ「コスプレに理解があることが絶対条件」ということにつきた。

 コスプレするキャラによっては肌の露出が多くなるわけで、なかには肌色のほうが多い場合も出てくるだろう。そんな状態でカメラマンたちにフラッシュを浴びるわけだ。嫉妬深い男性だとその状況は許せないとなるわけだ。そうなるとコスプレイヤーをやっている身としては困ってしまうということになる。

 また、本気のコスプレイヤーは衣装を自作するので何かとお金がかかる。そのために高額のバイトをして稼ぐ子も多く、水商売で働くことも可能性としてはなくはない。彼女が水商売NGという男性も厳しい。

 さらにコスプレとはいまやタレント活動の一種であり、本気であればあるほど上昇志向が強い。ちょっとコネクションや有名なカメラマン相手となると、ふたりきりでの撮影なんてこともあるそうだ。彼氏からするとふたりきりで撮影はNGとしたいこともあるだろう。しかし本人たちからすれば自分を美しく取ってくれて、少しでもレイヤーの地位が上がるのであれば、どんどん撮影はしていきたいわけだ。

 このようにコスプレイヤーにはコスプレイヤーなりのポリシーがあって活動しているわけであり、そこを理解できない男性はNGになってしまう。もちろん全てのコスプレヤイヤーが上記に当てはまるわけではないが、コスプレイヤーを恋人にしたいと虎視眈々と狙っている男性は参考にしていただければと思う。

 さて、コスプレイヤーを恋人どころか汚物扱いの上、徹底的に凌辱する「コスプレイヤー監禁スカトロ凌辱」シリーズだが、今回は東方projectから博麗霊夢と、美少女戦士セーラームーンからセーラーヴィーナスとなっている。女優は「龍が如く0 誓いの場所」のセクシー女優オーディションにも参加した希咲あやちゃんだ。

 以下があらすじである。
 

 撮影会の途中に気を失った人気コスプレイヤーあや。目を覚ますと、手には手錠。ファンの男に拘束され監禁状態だった。


 トイレにも行かせてもらえず、我慢できずに男にカメラを向けられたまま放尿、脱糞をしてしまう。その恥辱にまみれたあやの姿に男は興奮し、監禁、緊縛、中出し、浣腸…歪んだ性癖で彼女を凌辱していく。

 コスプレ衣裳を自らの糞でグッチョグッチョに汚され、身体も徹底的に犯し尽くされ、堕ちていくコスプレイヤーは一体どうなるのか……。

 「コスプレイヤー監禁スカトロ凌辱」シリーズをレビューするのもこれで4本目だ。『コスプレイヤー 監禁奴隷化スカトロ凌辱 希咲あや』はシリーズとしては2作目のタイトルであるが、この作品だけ全シリーズの中でもやや異色作となっている。

 まず、他の作品では桜井ちんたろう氏がひとりで変態男を演じてきたが、今作は後半になると複数の男優が出演する点が最大の特徴だ。また、これまでの作品は7:3くらいで、スカトロ凌辱シーンとセックスシーンとなっていたが、今回は5.5:4.5くらいでセックスシーン(ペッティング含む)も実に豊富なのだ。これは男優が複数出演しているということも影響しているかもしれない。糞化粧も過去最大の汚物まみれっぷりだ。

 冒頭は安定の撮影シーンからのスタートである。博麗霊夢のオリジナルの顔は丸みを帯びた萌え顔なので、シュッとした美形のあやちゃんだと最初は「他にもっと良いコスプレあったろうに」と考えてしまった。実際、あやちゃんの顔立ちを考えると『ハートキャッチプリキュア!』のキュアムーンライトあたりが良く似合いそうだ。しかし、美人がコスプレすればなんでも似合ってしまう。すぐにそんな考えは消えてしまった。

 開始2分で最初の監禁シーンに。早くも今作の特徴が出て、脱糞までが少々長めである。つまり、ペッティングが長いのだ。脇を嗅いだりなめたり、髪を触ったり、もちろんおっぱいもんだり、手マンしたりと、ここだけ見たらスカトロビデオではない。カメラマンがただただ粘着質な変態っぷりを披露してくれるのだが、霊夢あやちゃんの嫌がり方がガチっぽくて非常にそそられる。

 霊夢あやちゃんが排泄をもようしてきたら、変態男は肛門に指をグリグリと挿入するお決まりの行為をする。指先にちょびっとだけ付いたウンチを霊夢あやちゃんに嗅がせると、かなり臭いようで自らむせてしまう。そのまま我慢できずおしっこと下痢便を同時に排出。そのとき霊夢あやちゃんが「あぁ~……」と声を漏らすのだが、その声が妙に艶っぽい。やはり排泄は快感なのだ。

 ただ、やや残念なのがいきなり下痢便なので、おしっこと同時にされると出ているのがあまり分からない。カメラワークも肛門をアップにすることなく、あやちゃんの全身をショットしているのも原因だ。初脱糞はもっともっとクローズアップしてほしかった。しかし、変態男がトイレットペーパーであやちゃんのお尻を拭いてあげたのは非常に良かった。紙にべっとりついた下痢便を見て顔をこわばらせるあやちゃんが、お漏らししちゃった感を強く覚えさせ、S心を刺激する。

 その後にくるイスに座らせての脱糞シーンがなかなかの迫力だ。かなりの量のウンチをひり出してくれる。変態男も「ウグゥッ! 臭せぇ!」と思わずえずき、あやちゃん自身も何度も咳き込む。あやちゃんのウンチは粘り気があるので、本当に臭そうで観ているこっちもついつい息を止めてしまうほどだ。一瞬あまりの臭さか、ウンチを嗅がされると、あやちゃん自身も「うはぁ~! うぅぅぅ……」とやや笑みがこぼれてしまっている。

 大量脱糞の後はおしっこをしたり、ウンチのかけらが肛門からポトリと落ちることがあっても、その後は基本排泄はない。喉の奥までチンポをつっこまれてしゃぶらされて、ヨダレを垂らしたり、ウンチを塗りたくられながらバック、騎乗位、正常位でフィニッシュとなる。前半からウンチを塗りたくられる量は他のどの作品よりも多いと思うが、セックスシーンが長いので、比較的スカトロシーンとしては薄味かもしれない。

 ここで前半が終了。後半からはいよいよ俳優が複数となり、集団凌辱や集団強姦の色が濃くなる。後半開始時はふたりで、あやちゃんに対する言葉づかいも一気に乱暴になる。ここも男優さんが異なることの影響だろうと思われる。それとも複数になったことでの心理的変化だろうか。それまでは命令口調であっても甘くささやきかける要素があった。しかし後半は完全に高圧的な命令。セーラーヴィーナスに変身したセーラーあやちゃんは完全に性奴隷と化し、ついに浣腸と謎液の注入も始まり、本格的な脱糞ショーとなる。

 まずはイスに緊縛されての浣腸一発。これであっという間に下痢便の大糞射となる。パンツをはいたままでの大糞射はなぜか汚物感がアップし、下品に感じられるのはぜだろう。真っ白なパンツが汚れるからだろうか。

 そこからすかさず謎液を注射だ。「出すなよ」と高圧的に命令され、「はい……」と弱々しく返事をするものの、電マでマンコを刺激されるとすぐにブピピピと下品な音を立てながら噴射してしまう。最初の下痢便の後のためか、ウンチの量は少ないものの、脱糞音とともに塊がブリュリュリュッと吐き出される様はとっても爽快だ。

 我慢できなかった罰でそこからさらに謎液が連続2本。さすがのセーラーあやちゃんもこれには「ダメ! ダメ! お願い!」とガチの懇願をする。しかし当然言うことを聞いてもらえない。そして電マでマンコをいじられるとやっぱりすぐに糞小便を糞射する。

 大量に糞射した下痢便を泥パックのように塗りたくられ、すぐさま片足立ちでの謎液注入も、1分も我慢できない。すぐに派手に糞射してしまうと、罰として肌色が消えるくらい糞を塗り込まれる。「ごめんなさい」と泣きべそをかきながらセーラーあやちゃんは耐えるしかない。このときの泣きべそのかき方や謝り方が、精神がまともじゃない感じで実に良い。手マンされながらヨダレもだらだら垂らしてしまうし、イッてしまって膝から崩れ落ちる。まさに“堕ちる”瞬間だ。

 ここからさらに後半の後半となり、男優が4人になる。新たに加わったふたりは臭いのか、さりげなく鼻をつまみながら登場するが少々笑える。

 後半の後半はコスプレイヤーらしく、撮影会をしながらの脱糞ショーとなる。ソファーで四つんばいにされて挨拶代わりの浣腸で、派手に脱糞と放尿を見せてくれたら、男優ふたりが裸となり糞まみれの輪姦開始だ。

 フェラチオを命令されると、餌を求める犬のように口を開けてついき、そのまましゃぶりながら謎液を注入され、えずいてヨダレを垂らし、そのままもうひとりにバックから突かれ、もう身も心も肛門もボロボロの様子だ。謎液を注入されて糞小便もするも、もう腸の中もすっかりきれいになってしまったのか、色もつかない。しかし男優ふたりにしばらく輪されていると、またウンチが作られたのかピュッピュッと肛門から漏れる糞汁に色が!

 後半の後半ではもう下痢便以外には見られないかと思っていたのだが、なんとそれから2回も太くて大きいものを、爽快な音と共に出してくれる! さすがはあやちゃん!! 期待には応えてくれる。そこからは文字通りに糞まみれにされてふたりから顔射でフィニッシュだ。顔射後のアヘ顔はエロゲーに出てくるような二次元のアヘ顔にも全く引けを取らないものだった。

 最後の最後、精神がぶっ壊れてしまったということを表現するためか、シーンが変わる。キレイな身体になって全裸のまま首輪を付けられ、四つん這いで歩かされたり、男優の足を美味しそうになめたりするシーンが5分も続く。このシーンが必要であったかどうかは、人それぞれ意見が分かれそうだ。

 ただ言えることは、今作はシリーズの中でやや異なる作りを見せているのはまちがいない。前半は薄味のスカトロだが、後半はどの作品よりもハードコアだ。前回レビューした『初スカトロ解禁!!コスプレイヤー 監禁スカトロ凌辱 碧木凛』も豪快で痛快な一本糞シーンがあるが、今作のあやちゃんも負けない爽快脱糞シーンが後半につまっている。スカトロ好きでさらにハードコアなものが好きな方にはピッタリの一作だ。
(文=ニコニコ糞)

コスプレイヤー 監禁奴隷化スカトロ凌辱 希咲あや

コスプレイヤー 監禁奴隷化スカトロ凌辱 希咲あや
収録時間:154分
ジャンル:縛り・緊縛 コスプレ 脱糞 スカトロ 調教  

【閲覧注意】博麗のモリモリウンチと月に代わっておしおきされた下痢便ヴィーナス『コスプレイヤー 監禁奴隷化スカトロ凌辱 希咲あや』のページです。おたぽるは、AVAV女優エロゲーコスプレイヤーコスプレイヤー監禁スカトロ凌辱スカトロセクシー女優東方Project美少女戦士セーラームーン龍が如く0の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--

人気記事ランキング

『TRUE BLUE』『Canvas2』『こなたよりかなたまで』…ナイス選択!
きずぽんがかわいすぎるよ!一緒に乙女ゲーの話したいなぁ

18歳未満閲覧禁止!!

ここから先のコンテンツには、Hでド変態な成人向けなコンテンツが含まれているから、18歳未満の方は閲覧しないでくださいね。

18歳以上のあなたは「進む」を選んで、楽しんでね。