スカトロ2.5次元 糞02

 ウンチは臭くて汚いものとして忌み嫌われる存在だが、快便であることは健康の証だ。
 
 しかし、世の中には便秘に悩む人が多いのも事実。巷には快便のための健康食品やサプリメント、便秘薬がたくさん売られている。

 一般的には便秘は女性に多いというが、実際のところどうなのだろうか。便秘にまつわるあるWEBアンケートによると、現在便秘と答えたのは男性が全体の15%、一方女性は2倍の30%に及んだそうだ。面白いことに年代に関係なく、男女ともに便秘の率はさほど変わらなかったらしい。

 さて、女性のほうが便秘だという事実は、スカトロビデオ見ているとどこかにすっ飛んでしまう。今回紹介するコスプレスカトロAVもウンチモリモリの大糞火作品だ。第2回目は“M女軍団リーダー樹花凜ちゃんのスカトロ作品『コスプレイヤー 監禁スカトロ凌辱 樹花凜』だ。コスプレは『魔法少女まどか☆マギカ』から“ほむほむ”こと暁美ほむらと、ボーカロイドから初音ミクとなっている。

 以下があらすじだ。

 オフ会の最中に気を失った人気コスプレイヤー花凛。


 目を覚ますとそこは監禁部屋。我慢できずに恥辱の脱糞。

 監禁、緊縛、中出し、浣腸…歪んだ性癖を持つ男に監禁され、美しく可愛くありたい花凛のプライドは徹底的に潰される。そして大切なコスプレ衣裳を自らの糞でグッチョグッチョに汚され花凛の精神は崩壊してゆく…。

※これより先はスカトロ画像を掲載します。苦手な方はTOPページにお戻りください。


 前回の木村つなちゃん主演『初スカトロ解禁!!コスプレイヤー 監禁スカトロ凌辱』とは異なり、ほむほむ姿の樹花凜ちゃんはいきなり監禁シーンからスタートする。目が覚めたら突然見知らぬ牢屋の中。腕には手錠。気分はまさにソリッドシチュエーションスリラーだ。

 冒頭から注目すべき点は、花凜ちゃん迫真の演技だ。普通に女優業ができそうなくらいに上手い。やがて登場する変態男に花凜ちゃんは恐れおののくのだが、その表情があまりにも絶望に満ちていて、あっという間に引きこまれてしまう。怯える表情から仕草、逃げ出そうとする動き、普通にTVドラマを見せられているかのようだ。

 ちなみに作中の花凜ちゃんはM女軍団のリーダーなのに、けっこう気が強い。変態男に怯えながらも屈しようとせず抵抗する。男が愛玩動物にエサを与えるように、ネコマンマ風の食事を小さな皿に盛って運んできても食べない。

 しかし、空腹は我慢できても排便を我慢するのは不可能だ。やがて「トイレに行かせて」と訴える。その表情はやや苦痛に満ちている。明らかに尿意ではなく便意だ。

 変態男はここぞとばかり花凜ちゃんの美しい黒パンストを破り、まぶしいほどの白パンをさらすと、それをずり下し、肛門に指を突っ込む。そして一言。

「あれぇ~? 指先に硬いものが当たってるぞ」

 肛門から指を抜くと、指先には茶色のウンチが!! 自分のウンチを引っ掻き出されたことにショックなのか、花凜ちゃんは激しく動揺して抵抗する。ここで変態男は花凜ちゃんに脱糞させるためにもう少し時間を置こうと退出。しばらくして戻ってくると、必死に便意に耐えるほむほむ花凜ちゃんの姿がある。それをあざ笑う変態男。

 苦しむほむほむ花凜ちゃんは念願の牢屋の外に連れ出されるも、そこで最初の肛門決壊が訪れる。「あぁっ、あぁ……」とあきらめと快楽が入り混じったような不思議な声を漏らしながら、同時にウンチも漏らす。かなり我慢していたようで、これでもかとモリモリブリブリとウンチが出てくる。しかしほむほむ花凜ちゃんらしく、どこか凛としてウンチが垂れるあたりが素晴らしい。

 今回の作品は前半がほむほむで、後半がミクさんなのだが、前半のほむほむ編の素晴らしい点は全てが自然排便というところだ。浣腸や謎液が一切出てこない。花凜ちゃんの大腸の中に潜んでいた大量のウンチたちが自然と排泄されるのだ。まさに生命の神秘。見ているこっちもスッキリする。

 また、これは偶発的なことだろうが、初脱糞後に変態男がウンチを手に取り、ウンチを口に入れるか、チンポをしゃぶるか迫るシーンがある。誇り高いほむほむ花凜ちゃんはウンチを食べることはさすがにできず、結果的にイマラチオになるのだが、このとき喉の奥までチンポを突っ込まれることで一口ゲロまで披露してくれる。苦しそうに喉を鳴らし、一瞬白目を剥いて口から吐き出すゲロと粘着力の強い唾液……凌辱にまみれた花凜ちゃんの顔が非常にそそられる。

 一度脱糞したらあとは肛門が閉まるわけはなく、ブリブリと漏らしながら犯され、漏らしたウンチをほむほむ衣装に塗りたくられ、最終的には中出しされる。そこで一旦牢屋にミクさんの衣装とともに戻される。自然排便だからか、周囲がビチャビチャにならず余計な不快感がない素晴らしいスカトロで前半は終了だ。

 泣きながら身体に付着したウンチを指で払いながら、ミクさんコスプレ着替えるシーンを挟んで後編がスタート。いつの間にかウンチも全てきれいに片づけられ、花凜ちゃんの身体もきれいになっている。

 後編はついに浣腸と謎液の登場だ。まずは手始めにイスに固そうなロープで縛り付けられ、軽く浣腸を2本注入。「苦しいだろ?」と変態男にささやかれ、我慢できずにあっという間に下痢便を噴射してしまう。後編最初の脱糞はパンツをはいたままでのシーンなのだが、ここで一点だけ不満がある。ミクさんのコスプレをするならエメラルドグリーンの縞パンにするべきだ。なのにほむほむ編と同じく白パンのままだった。これはいただけなかった。

 さて下痢噴射してしまうとあとは大腸を掃除するかの如く、ゆるい水っぽいウンチをビャービャーと音を立てて噴出していく。最高で太い注射液で謎液を6本注射されるのだ。あまりにも大量に注射されるものだから、肛門ではなく口からも下痢便が吐き出されてしまうのではないかと観ている側が心配になる。

 謎液を注射されたまま騎乗位、バックと好き放題犯され、ほむほむ編にあった花凜ちゃんの誇り高きプライドは露と消え去ってしまうが、下痢便を噴出しながら犯される姿はなんともエロイ。「あー犯されているから肛門を閉めるまで気が回らないんだろうな」と思うと微笑ましいではないか。それに変態男がピストンをやめると、チョロチョロっと肛門から汁が出てしまったりするのがなんともかわいらしい。

 ミク編は基本的に下痢便なので、ベッチョベチョのビッチョビチョなのだが、全体が水っぽいのでウンチ感覚は少ないかもしれない。しかしほむほむ編よりも汚れる範囲が圧倒的に広くなり、見た目は良くないので、苦手な人もいるだろう。

 だがなんと! ミク編も下痢便ばかりではない終わらない。この作品の見どころでもある自然排便が、最後の最後にあるのだ。

 全てを出しきった後に、「まだ残ってんじゃないのか?」と立たされて肛門に指を突っ込み刺激される。しばらくするとビチャビチャの下痢便ではなく、ほのかに柔らかく、ねっとりとしたホカホカの味噌のようなウンチが出てくるではないか! まだ残っていたとは! 実に恐れ入るプロ意識の高いラストだ。

 最後、アニメでいうところのCパートがある。いわゆるオチのシーンだが、そこでは牢屋の中でウンコまみれのまま放置されるミク花凜ちゃん。変態男が登場すると、これまで決してしなかったのに、自ら彼にすりよっていく。しかし「臭ぇよ」と足蹴にされるが、ミク花凜ちゃんは男の指先をペロペロとネコのようになめだす。その姿を見て男は「しゃぶりたいのか」とチンポを出し、しゃぶらせる。最後の最後で口内射精すると、彼女のために持ってきていたネコマンマを床にまく。作品冒頭では決して口にしなかった花凜ちゃんだが、ここでついに嬉しそうに食べるところで終わる。

 最後の最後できっちりと物語っぽくオチをつけたこの作品は、自然排便を楽しむという点では非常に見やすい一本だ。何気にエッチシーンも多い。ただ、基本的にはコスチュームを着たままなので、花凜ちゃんのおっぱいをおがめるのはミク編の最後だけだ。しかし、それはそれでこの作品のこだわりを感じるので称えるべき点である。
(文=ニコニコ糞)


初スカトロ解禁!!コスプレイヤー 監禁スカトロ凌辱 木村つな

コスプレイヤー 監禁スカトロ凌辱 樹花凜
収録時間:155分
ジャンル:縛り・緊縛 コスプレ 脱糞 スカトロ

【閲覧注意】ほむほむの自然排便にミクさんの大糞火…『スカトロ コスプレイヤー 監禁スカトロ凌辱 樹花凜』のページです。おたぽるは、AVM女軍団OPERAコスプレイヤーコスプレイヤー監禁スカトロ凌辱スカトロソリッドシチュエーションスリラーボーカロイド凌辱初音ミク樹花凜魔法少女まどか☆マギカの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
コスプレイヤーさんってなんでみんなエロいんだろ…
『メアリと魔女の花』はもう観た?

18歳未満閲覧禁止!!

ここから先のコンテンツには、Hでド変態な成人向けなコンテンツが含まれているから、18歳未満の方は閲覧しないでくださいね。

18歳以上のあなたは「進む」を選んで、楽しんでね。