一目瞭然の清純系ロリっ娘をなし崩し的にセックスへと持ち込む設定で、犯罪をも匂わせる、限りなくグレーなシチュエーション。非現実感が醸し出されエロコンテンツとして都合が良いとも言えるだろう。

ちっぱい&パイパンの無垢なロリ美少女をとことん味わう!『接吻のち、孕ませ。 宮沢ゆかり』
『接吻のち、孕ませ。 宮沢ゆかり』(ドリームチケット)

■無垢の柔肌に溺れた貪欲な夜這いプレイ

 白いワンピース姿で登場する宮沢ゆかりちゃんは、あどけないルックスに黒髪のロングヘア、色白のちっぱいスリムボディにパイパンという、まさに鉄板のロリ美少女だ。普通にエッチするだけでもなんだかイジめているようでアブない加虐テイストが醸しだされてくる。

 深夜の台所にやってきたゆかりちゃんが冷蔵庫を開けて食べ物を物色していたところを、背後からモモヒキ姿のオヤジに襲われてなし崩し的にディープキスを繰り広げる。オヤジの動きは荒々しく強引なのだが決して暴行ではない。彼女のほうも最初はあまり乗り気ではないものの、オヤジの求めに従って唾液まみれの接吻を延々と続けるのだ。

 されていることの意味があまりよくわかっていないイノセントなロリ少女という感じで、拒否もせずに男の欲望に応じる基本姿勢で、ときおり発する弱々しいアエギ声以外は無言。恋人同士でもなければ、明確なSMでもなく、しかもきわめて歳の差が離れている男女関係……やはりロリータ趣味ということになるだろう。

ちっぱい&パイパンの無垢なロリ美少女をとことん味わう!『接吻のち、孕ませ。 宮沢ゆかり』

 おそらくこのオヤジとの最初のエッチ体験を物語るシーンは、和室の布団で眠っているところを襲われる夜這いプレイである。グッスリ寝ている彼女にオヤジが接近し、布団をまくって色白ボディを愛撫。異変に気づき目覚めたところで唇を奪われてディープキスからネチっこいペッティングが展開。色白ボディのちっぱいを存分に揉み&吸いまくられ、白綿パンツを脱がされてパイパン股間を貪られる光景はロリータ設定ならでは。

 この後はロリ少女を溺愛するハードファックへと突入していくのだが、なんと中出し2回にフェラ抜き1回というボリュームたっぷりのプレイ内容。無垢の柔肌に溺れたオヤジのガツガツとした貪欲なセックスが強烈だ。


■陵辱テイストから次第にラブラブに

 後半はまた別の男とお絵かきを楽しんでいたところを、もう辛抱堪らんとばかりに襲われてしまう展開。男優は前半のオヤジよりは若く、叔父と姪という関係に近いテイストだ。ちなみにストーリー設定上は、村の大学生ということになっているがやや無理が……(苦笑)。

ちっぱい&パイパンの無垢なロリ美少女をとことん味わう!『接吻のち、孕ませ。 宮沢ゆかり』

 理性のタガが外れた男が猛然とゆかりちゃんの唇を貪り、敷いた布団の上に寝かせて一方的に責めまくってモミクチャに。前戯も早々に勢い余って正常位で挿入するも、まだまだお楽しみはこれからといわんばかりにいったん引き抜いてフェラチオさせ、全裸にひん剥いてから再びネチっこいキス&ペッティングが展開。ちっぱいもじっくり揉みまくり、パイパン股間を舐めまくってから指で責めるとアエギ声をあげながらビチャビチャと潮吹きを見せる。

 そして意外にもゆかりちゃんが攻めに転じ、積極的にキス&手コキを繰り広げ、ここで初めて笑顔を見せてちょっとラブラブな雰囲気に。監禁された被害者が実行者と長時間過ごすことで次第に好意を抱くようにようになるという「ストックホルム症候群」を彷彿させる要素もあるのだが……。

ちっぱい&パイパンの無垢なロリ美少女をとことん味わう!『接吻のち、孕ませ。 宮沢ゆかり』

 再びファックに突入してからも女性上位から騎乗位と、お互いに楽しむそぶりを見せて陵辱テイストが完全に払拭される。そしてここでも中出し3発のコッテリ濃厚な連続ファックが綴られるのだ。ロリータ陵辱テイストから次第にラブラブな感じに流れていくので後味も良く安心して視聴できるだろう。
(文/宍戸ペダル)

視聴はこちらから!

接吻のち、孕ませ。 宮沢ゆかり

接吻のち、孕ませ。 宮沢ゆかり
収録時間:120分
出演者:宮沢ゆかり
メーカー:ドリームチケット

『接吻のち、孕ませ。 宮沢ゆかり』ちっぱい&パイパンの無垢なロリ美少女をとことん味わう!のページです。おたぽるは、AVちっぱいドリームチケットパイパンロリコン凌辱夜這い宍戸ペダル宮沢ゆかり手コキ陵辱の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--

人気記事ランキング

俺も黒田悠斗さんみたいにマッチョになりたい!
「貧乳の日」なら私もツイートできるかな…

18歳未満閲覧禁止!!

ここから先のコンテンツには、Hでド変態な成人向けなコンテンツが含まれているから、18歳未満の方は閲覧しないでくださいね。

18歳以上のあなたは「進む」を選んで、楽しんでね。