人工知能とアダルトグッズの進化で、ますます追い風が吹いているのがセックスロボット開発だ。今年中にも人工知能を搭載したコンシューマ向けセックスロボットが発売される予定である。その後もさらに進化したセックスロボットの登場が予想されるが、それらが人間の意識に大きな影響を与えることが各方面から指摘されている。

今年から本格化するセックスロボットの普及が、社会のセックス観を大きく変える!?の画像1
「Mirror」の記事より。

■冒険好きなカップルのためのセックスロボット活用法とは?

 1973年のSF映画『ウエストワールド』が新たにテレビドラマシリーズとなって昨年からアメリカで放映され好評だ。テレビドラマ『ウエストワールド』は一見、アメリカの西部開拓時代を舞台にした時代劇のように見えるのだが、設定は近未来である。物語の舞台はハイテク技術によって実現した体験型テーマパーク“ウエストワールド”なのだ。西部劇の街並みに暮らしている“住民”たちはまったく人間と見分けがつかないものの、すべて人工知能を搭載したロボットである。ストーリーは見てのお楽しみということになるが、高い入場料を払ってやって来た来場客は、望むなら異性の住人にアプローチして愛を育むこともできる。そして、その愛は最後まで(セックスまで)可能なのだ。

海外ドラマ『ウエストワールド』。「STARCHANNELjp」より

 セックスロボットは、基本的にパートナーの代わりになるものとして認識されていると思うが、英紙「Mirror」によれば、こうした『ウエストワールド』的なロボットは、冒険好きなカップルにこそ有効に活用できると指摘している。いったいどういうことなのか?

 ずばり、それは安心して3Pができるという利点だ。すでにカップルが成立している状態では、お金を払って“雇う”のならともかく、3Pが成立しにくいとも言える。安易に3Pをしたらしたらで、嫉妬心が増幅したりしてカップルの不和から破局へ通じるリスクもある。しかしセックスロボットであればそうした人間関係のリスクなくして3人プレイが楽しめるというのである。

 ちなみに、『ウエストワールド』のロボットたちは利用客の滞在が終わるとAIの機能をリセットして、また新たな来場客に備えている。このように3Pでその都度、ロボットの人工知能をリセットすれば、前のプレイを引きずってカップルのどちらか一方との“愛”が深まる危険性もないというわけだ。つまりセックスロボットと安心して3Pが楽しめるのである。

■セックス観、人間観が大きく変わる可能性

 セックスロボットの出現によって、我々の意識がどのように変わるのか、ほかにもさまざまな指摘が行なわれている。その多くが指摘しているのは、セックスロボットの存在はセックスをより開かれたものにするということだ。いろんな理由で人間のパートナーが見つけられなかったり、カラダに障がいがあって性行為が難しい場合でも、確かにセックスロボットが相手であればこちら側の都合に合わせて思う存分にコトに及ぶことができる。

 そしてむしろ、性の問題を抱えた人々に対し、ロボットの側がセックスを教えられる可能性を指摘する声もある。生身の人間が相手であれば、気が引けて諦めてしまうことでもロボット相手なら何度もチャレンジすることができるので、早漏や勃起不全の対処法などのセックスセラピーが、ロボットを使うことでより効果を発揮するのではないかと期待されているのだ。またレイプ衝動を持つ者や小児性愛者に対しても、セックスロボットによる治療法が開発できる見込みがあるということだ。

 さらに英紙「Telegraph」の記事では、昨年末に英・ロンドンで開催されたセックスにおけるロボット技術を話し合う会議「Love and Sex with Robotics」で表明された見解をいくつか紹介している。会議でトルーディ・バーバー博士は、ロボットとのセックスが浸透することで、これまで以上に人間同士のセックスが貴重なものになることを指摘している。ロボットに代替されない、好ましい人物との関係がこれまで以上にかけがえのないものになり、個人の尊重という意味では社会にとっては望ましいことであるという。

 しかしながらバラ色の未来だけではない。英・シェフィールド大学のノエル・シャーキー博士は、セックスロボットが普及することで、近未来の青少年が“初体験”でロボットを相手にすることがじゅうぶん予測され、その後のセックス観、ひいては人間観を非現実的なものにしてしまう危険性が示唆されている。現状でも恋愛シミュレーションゲームなどでの恋愛対象の非現実化が一部から危惧されているが、今後は“肉体関係”においても“初恋”の相手が生身の人間ではないケースがあらわれはじめるということだろうか。いずれにせよ、今年から本格的に普及するセックスロボットの動向に引き続き注目したい。
(文/宍戸ペダル)

【参考】
・Mirror
http://www.mirror.co.uk/news/weird-news/westworld-style-technosex-robots-could-9382534
・Telegraph
http://www.telegraph.co.uk/science/2016/12/19/rise-sex-robots-will-make-people-appreciate-real-thing/

快楽人形エルザ(単話)

快楽人形エルザ(単話)

人形マニア的には良きニュース?

今年から本格化するセックスロボットの普及が、社会のセックス観を大きく変える!?のページです。おたぽるは、その他セックスセックスロボット宍戸ペダルの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--

人気記事ランキング

俺も黒田悠斗さんみたいにマッチョになりたい!
「貧乳の日」なら私もツイートできるかな…

18歳未満閲覧禁止!!

ここから先のコンテンツには、Hでド変態な成人向けなコンテンツが含まれているから、18歳未満の方は閲覧しないでくださいね。

18歳以上のあなたは「進む」を選んで、楽しんでね。