エロアニメで観るエロゲーの世界 番外編02

 昨年は『週刊文春』が芸能人の不倫から政治家の不祥事まで数々のスクープを報じてきていたが、昨年末にそれまでとは少し毛色の異なった記事が報じられた。2016年12月15日号に掲載された「ホリエモン“新恋人”撮った!」という“ゲイ”能ニュースだ。

 そのニュースは、ホリエモンこと堀江貴文氏の新恋人が、元AV女優で“カリスマ女装男子”として有名な大島薫氏だというものだった。大島薫自身もホリエモンとの関係を認め、肉体関係も事実上認めていたようだ。彼(彼女?)は、女性ホルモンや外科的な手術を一切しておらず、肉体的には完全な男性であり、現在はAV女優を引退されてタレント活動や文筆業をしている。

 ここ数年は大島薫氏をはじめとした女装男子女優やニューハーフ女優などの作品が数多くリリースされるようになったものの、まだ比較的マニア向けの作品となっている。しかし、かつてマニア向けのある意味“女装男子”作品がメーカー売上1位、amazonでのAV売上週間1位を取ったことがある。ナチュラルハイ制作の、世界初となるショタエロアニメぼくのぴこ』だ。ちなみにナチュラルハイはソフト・オン・デマンドのグループメーカーの1社である。

 『ぼくのぴこ』は商業的に大成功し、その後シリーズ化し、海外版のリリースまで発表となった(その後、海外版のリリースはいまだされていないが)。「エロアニメで観るエロゲー」の世界も20回を超えたので、10回目のときに紹介した『バルテュス ティアの輝き』に続いて、エロゲーからは外れるものの、番外編として『ぼくのぴこ』を紹介する。

 以下があらすじだ。

 ある夏、仕事をサボってとある海浜公園に主人公・タモツは訪れた。そこでコイン式の有料双眼鏡で海を眺めていると、岩辺で泳ぐ全裸の少女を見つけた。タモツは思わず息を飲み、見入ってしまう。しかし、そこで双眼鏡が切れてしまった。慌ててコインを再投入したが、レンズの向うにはすでにその少女の姿はなかった。


 その後、タモツは行きつけの喫茶店へと向かった。すると驚いたことに奥から、海浜公園で見たあの少女が現れた。マスターが言うには、夏休みに田舎から出てきた孫のぴこで、その間だけ喫茶店を手伝っているとのことだった。そして、人見知りをする子だが、良ければ遊んでやってほしいと頼まれる。どうせ暇だから、と。

 かくして、タモツはぴこと公園に遊びに出た。一緒の時間を過ごしながらタモツは彼女の可憐さに惹かれ、静かに欲情していく。

 車の中でふたりきりの時、ついにタモツは自身の欲求を押さえきれなくなり、彼女の唇を奪う。彼女も嫌がるそぶりを見せず、むしろタモツを受け入れてくれた。そのまま押し倒し、パンツを脱がせた瞬間、ぴこが実は男の子だったと知る。

「ぼく……男の子だよ」

 ぴこは恥ずかしそうに言った。しかしタモツの心と身体はすでに止めることができないほどのところまできており、彼はぴこの小さくであどけないペニスを握り……

 ショタというのは正式名称が「ショウタロー・コンプレックス」であり、少女愛のロリータ・コンプレックスの対義語とし生まれた。略して「ショタコン」。少年愛を指す言葉として定着している。

 ショタコンものは、相手となる主体が男性だったり女性だったりもする。ということは、男性のショタものは分かりやすくいうとBLの亜流のような存在といえる。BLとなると、ディープなエロゲーエロアニメファンであっても拒絶反応を示すことがあるのだが、この『ぼくのぴこ』に関しては大丈夫だろう。ヒロインにあたるぴこは、女性然としているからだ。

 そもそも開発の時点でヒロインには「女装ショタ」という設定を与え、ショタファンにも一般的なエロアニメファンにも興味を持ってもらえるようにしたらしい。

 実際、作中のぴこの容姿は女の子そのもの。肌もツルツルのテカテカ、お尻はぷるんぷるん。パンツが下されるまでは胸がペッタンコの成長途中の少女にしか見えない。甘えん坊だし、よく言うことを聞く素直さを持つ良い子だ。主人公のタモツじゃなくてもぴこには萌えるし、性的ないたずらをしたくなってしまうだろう。

 でも男だから……、と思って敬遠することなかれ。パンツを下した時に現れる“ぴんこ勃ち”(ちなみに「ぴこ」の名前の由来)したほっそいオチンチンは実にかわいらしい。小指くらいの細さ、と言ったら大げさかもしれないが、少し力を入れたら折れてしまいそうなほど細く無毛のオチンチンが頑張ってそそり勃っているのだ。あどけない少年の身体から大きな恥じらいを持って。

 少女然とした少年からチンコが生えていて、それがビクビク勃起していることが、こんなにいやらしいとは夢にも思わないだろう。たとえノンケであってもいたずら心に火が点き、すぐにしゃぶって刺激したくなってしまうこと間違いない。ほっそいオチンチンのくせに、イッたらけっこうな量の精子を出しちゃうところが、たまらなくかわいいのだ。

 物語の後半になると、女の子の服を着せて男の娘にして一般ユーザーへのサービスや、髪を切って少年感をアップさせ、純粋なショタファンへのアプローチがあったりとか、なかなか演出がこっていて、色々なぴこを楽しめる。嫉妬から拗ねてしまう描写もあったりし、子供っぽさのリアリティーもなかなかだ。

 ショタアニメとして金字塔的作品となったのは、しっかりとした制作側の「良いものを作ろう」という熱意が込められていたからだ。「世界初だったから」というだけではない。エロアニメファンであれば、歴史を知る上でも一度は観て抜いておくべき作品なのだ。
(文=穴リスト猫)

【視聴はこちらをクリック!】

『ぼくのぴこ』/ナチュラルハイ

ぼくのぴこ
収録時間:32分
ジャンル:ショタ ボーイズラブ 男の娘

世界初ショタアニメ『ぼくのぴこ』 細いチンコがぴんこ勃ち!これは少年愛か男の娘愛か?セックス概念が崩壊する金字塔作品のページです。おたぽるは、BL(18禁)アニメBLDMMOVAエロアニメエロアニメで観るエロゲーの世界ショタソフト・オン・デマンドバルテュス ティアの輝きホリエモン大島薫男の娘週刊文春の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--

人気記事ランキング

『TRUE BLUE』『Canvas2』『こなたよりかなたまで』…ナイス選択!
きずぽんがかわいすぎるよ!一緒に乙女ゲーの話したいなぁ

18歳未満閲覧禁止!!

ここから先のコンテンツには、Hでド変態な成人向けなコンテンツが含まれているから、18歳未満の方は閲覧しないでくださいね。

18歳以上のあなたは「進む」を選んで、楽しんでね。