『シスターブリーダー』「とらのあな」2016年成年コミック年間ランキング1位に輝いく!の画像1
『シスターブリーダー』(ワニマガジン)

 4日、とらのあな秋葉原店Aにて公開された「2016年成年コミック年間ランキング(集計期間1月1日~12月31日)」で、見事年間1位に輝いた武田弘光氏の成年コミック『シスターブリーダー』(ワニマガジン)。同作は5月30日に発売されるやいなや、同店舗の「2016年成年コミック上半期ランキング(集計期間1月1日~6月30日)」でも、集計期間が約1カ月しかなかったのにも関わらず1位を獲得するなど抜群の強さを見せた、2016年を代表する単行本です。

 発売から7カ月以上が過ぎ、ファンにとってはいささか旧聞となるかもしれませんが、その強さとエロさに敬意を表してその内容をご紹介してみたいと思います。

 さて作者の武田氏といえば、現在ではTVアニメ化もされた一般向けマンガ『マケン姫っ!』(KADOKAWA)の印象が強い方も多いでしょう。成年向けマンガでも、線はキレイ、ちゃんと可愛い、オッパイ&胸は大体大きめと、各ヒロインの描かれ方はほぼ共通しています。しかし武田氏の成年向けマンガの醍醐味といえば、なんと言ってもイキまくり&強烈なアヘ顔。今作『シスターブリーダー』でもそこら辺はしっかり描き込まれています。

 本編に触れていくと、まずは表題にもなっている『シスターブリーダー』(本編2話、描き下ろし短編1本。なお発売当初に「とらのあな」で購入すると限定特典として4Pの短編も付いてきました。今はわかりません)は、姉・男・妹という兄妹のドエロ&甘々調教もの。

『シスターブリーダー』「とらのあな」2016年成年コミック年間ランキング1位に輝いく!の画像2
「ワニマガジン」作品紹介ページより

 一見クールで強気な姉と、ツインテールでお兄ちゃん大好きな妹という対照的な姉妹を、シスコンの少年がエロに溺れるメス豚に調教していきます。調教とはいっても、ハードなSMであったり、羞恥心を煽っていくタイプではなく、あくまでエロに溺れるためのプレイの一環という感じで、痛そう・かわいそうなのは苦手、という方も楽しんで抜けるはず

 特に好きなのが、姉妹が一本のおチ○ポ様を巡って意地を張り合いつつも、結局は仲良しというところでしょうか。アヘ顔は凄まじいですが、キスシーンが多目なのもうれしいですし、純愛系が好きというタイプも意外とイケると思います。

 さて他収録作品は「あい●(以下、●はハートマーク)すくれーぱーつ」、「paddy bird」、「アクマで彼女はボクの天使」、「3M彼女」、「ご奉仕●ナース道」となっています。それぞれヒロインのタイプは異なりますが、基本どの作品も男性上位の、エロ&アヘ顔メインのソフト調教モノとなっています。

 なお「3M彼女」は初出が09年、「ご奉仕●ナース道」にいたっては07年と結構古めなので、結構絵柄も違います。多少の修正は入っているかもしれませんが、絵柄の変化や、10年近く前からアヘ顔を描くのは好きなんだなーと感心するのも乙なものです。ちなみに個人的には「3M彼女」がお気に入りです。体育会系のヒロイン・かれん先輩との汗だくセックスが妙にエロい。スポーツ少女の汗は尊いなぁ、と改めて感じた次第です。

 さて、武田氏の前作『いま●りあ』は、キュートな表紙に反した長編NTRもので、事前に展開を全く知らずに読んだ層の感想が賛否両論となったりもしましたが、本作は安心して大丈夫と思います。ただひたすらちゃんと可愛いヒロインとのエロに溺れることができる、極めて実用性が高い、さすが16年のランキング1位を飾るだけのことはあると感心できる1冊です。
(文・馬場ゆうすけ)

『シスターブリーダー』「とらのあな」2016年成年コミック年間ランキング1位に輝いく!のページです。おたぽるは、マンガ&ラノベとらのあなシスターブリーダーワニマガジン武田弘光の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--

人気記事ランキング

『TRUE BLUE』『Canvas2』『こなたよりかなたまで』…ナイス選択!
きずぽんがかわいすぎるよ!一緒に乙女ゲーの話したいなぁ

18歳未満閲覧禁止!!

ここから先のコンテンツには、Hでド変態な成人向けなコンテンツが含まれているから、18歳未満の方は閲覧しないでくださいね。

18歳以上のあなたは「進む」を選んで、楽しんでね。