『淫紋の魔力で美少女たちが悪堕ち・快楽堕ち!』ほとばしる淫紋の可能性!の画像1
『淫紋の魔力で美少女たちが悪堕ち・快楽堕ち!』(キルタイムコミュニケーション)

 淫紋っていうのは、アンソロが出るくらいにはマニアのいるジャンルだったのか……?

 と、おなじみキルタイムコミュニケーションのマジキチ系アンソロ『淫紋の魔力で美少女たちが悪堕ち・快楽堕ち!』を手に取って、初めて知った。これは、淫紋も一発変換するように単語登録しておかなくてはならないか? そもそも、気がついたら「おちる」と入力した時に変換の第一候補は「堕ちる」になったし、酷い時代ですな、ハイ。

 さて、この淫紋というものが、どういうものなのかを、まず説明せねばならぬ。これ、いわばマゾ心をそそるタトゥーというヤツ。日本だと、あんまり馴染みがないけれど、海外だとリアルに「わたし、オチンポの奴隷です~」的なタトゥー入れてる変態っているんだよね。とりわけ、白人様の変態には「わたし、黒人のチンポに負けました」系を表象するタトゥーを入れてるヤツの多いこと。それも女だけじゃなく、男も!

 そんなわけで、堕ちたメス(オスもいるけど)の証であるタトゥーが進化したのが、淫紋である。どういうことかといえば、このアンソロのタイトル通りである。単なる刺青だけでなく、すげえ魔力やら何やらエロエロ効果を発揮してしまうんである。

 いわば、キルタイムコミュニケーションが、お得意のヒロイン堕ちの新たなジャンルというところか。そのためか、やはり参加したマンガ家の作品もファンタジー成分が多め。

 春日まゆ「Dark Fallen Sword」は、強気の女剣士が淫紋によって、常に発情する身体にされた挙げ句に身も心も堕ちる展開。ソメジマ「淫紋奴隷のプリンセス」は姫騎士。あまぎみちひと「狩るモノと狩られるモノ」は退魔師という具合。こうして見ると、まだ、この淫紋という文化は発展途上であることがよくわかる。いずれの作品でも、基本的に淫紋は下腹部に刻まれるものとして描かれている。

 下腹部に刻まれることによって、子宮に作用するとか理屈づけをしている作品もあるのだが、これだけでは限界が。どうしても、淫紋で淫らな身体に→堕ちという王道展開以外を望めなくなっているのである。ネットで、淫紋にハアハアする人とかの情報を探してみると、淫乱レベルの上がるたびに淫紋がどんどん増えて身体を埋め尽くすとか、かなーりマニアックな人が多い印象。とはいえ、それ、マンガでやろうとしたら、描きにくいし絵もうるさいし難しいのだろうなあ。

 そうしたアンソロ中で、光る作品がひとつ。

 池下真上「ラブシールにご用心!」 がそれ。

 この作品は、現代設定で真面目な生徒会長が「潜在的魅力を引き出す」というタトゥーシールを試したら、淫乱化するという作品。それもシールを貼るのが、最初は心臓のあたり、続いて内股という具合。いや、内股のあたりに隠れたようにあるタトゥーって、見ることができる人は限られている感があって、ソソります。そこに気づいているあたり、この作者、相当手慣れていると感じるのである……。

 どちらかというと、淫紋はきっかけに過ぎず、悪堕ち・快楽堕ちが主体で描かれているわけだけど、淫紋の可能性は存分に感じることができるはずだ。
(文=ピーラー・ホラ)

『淫紋の魔力で美少女たちが悪堕ち・快楽堕ち!』ほとばしる淫紋の可能性!のページです。おたぽるは、マンガ&ラノベhentaiアンソロキルタイムコミュニケーションピーラー・ホラ淫紋淫紋の魔力で美少女たちが悪堕ち・快楽堕ち!の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--

人気記事ランキング

俺も黒田悠斗さんみたいにマッチョになりたい!
「貧乳の日」なら私もツイートできるかな…

18歳未満閲覧禁止!!

ここから先のコンテンツには、Hでド変態な成人向けなコンテンツが含まれているから、18歳未満の方は閲覧しないでくださいね。

18歳以上のあなたは「進む」を選んで、楽しんでね。