エロアニメで観るエロゲーの世界17

 今年最も話題を集めた映画といえば『君の名は。』だろう。興行収入は200億円を超し、誰も予想しなかったほどの記録を現在も次々と塗り替えている。監督の新海誠は、長編アニメから引退を示唆している宮崎駿監督の次世代を担うとして、これまではどちらかというとコアなアニメファンから支持される存在であったのが、一躍日本のアニメ界を代表する監督となった。

 日本のアニメ界は人材が豊富であることは周知の事実だ。いまさら例を挙げるまでもないかもしれないが、宮崎駿監督や新海誠監督以外にも押井守監督や庵野秀明監督など一般的にも知名度の高いアニメ監督は多い。ではアニメはアニメでも、エロアニメではどうだろうかというと、一般的な知名度は落ちるとはいえ、故・金澤勝眞監督や荒木英樹監督などが有名だ。

 いま挙げた両名もそうなのだが、エロアニメ監督の場合、一般的なテレビアニメで原画家や作画監督として活躍していたりすることも多い。しかし、ほぼエロアニメだけで活躍している監督も存在する。そういった監督のなかで、監督名が作品の売り出しに全面的に使われるカルト的人気を誇る人物がいるのだ。それがむらかみてるあき監督だ。

 むらかみてるあき監督の作品の特徴については後述するが、かなりエッジの立った作風であるが故、癖があると判断されて避けるユーザーも少なからずいる。しかし監督名で作品がブランディングされることも珍しくなく、彼を熱狂的に支持するファンは非常に多く、また彼が手がけた作品はそれだけで有名になってしまうこともある。

 そんなむらかみてるあき監督の作品を今日は紹介しよう。

 pin-pointのエロゲーを原作にしたNTRエロアニメ『ケダモノ(家族)たちの住む家で』シリーズだ。リリースはGOLD BEARである。

 以下があらすじだ。

 両親のいない心春は火災で住む家を失ってしまった。恋人の新は、心春を実家に居候させることにした。しかし、新の判断は完全な誤りだった。


 新のいない隙に父・源蔵は心春の唇を奪い、それを写真に撮って彼女を脅迫した。新に余計な心配をかけたくない心春は、源蔵の言われるがまま何度も犯されてしまう。

 源蔵はことあるごとに心春を求め、それを彼女は受け入れていく。「…こんなことはいけないのに…」と思いながらも。

 そこに兄・勝までが加わった。勝は源蔵との情事を新たに秘密にする代わりに心春をオナペット扱いし始めたのだ。心春はそれでも新のことが好きで、嫌いになることは絶対にないと信じていた。しかし源蔵と勝に犯され続けていくうちに彼女の精神は崩壊し、その気持ちが揺らいでいく。

 ある日の夜中、新は兄に言われて部屋の壁の穴から覗くと、隣室で心春が狂喜乱舞で兄に犯されている姿を目撃する。絶望に打ちひしがれる新だが、そこにさらなる悲劇が襲う。

 源蔵と勝が、心春は自分の女だと主張し合い険悪な雰囲気になってしまったのだ。その中を取り繕う形で心春が入り、ふたりの共有マンコになることを自ら望む。しかし心春には新たという恋人がいる。そして彼女が下した決断は――。

 むらかみてるあき監督が手掛ける作品の特徴は

・男のピストンが超高速
・カメラワークが驚くほど大きくて大胆
・ブクブクとやたらに泡立った精飲描写
・精神崩壊したとしか思えないほどの強烈なアヘ顔
・人によっては鬱ととらえられそうなほど救われないヒロインと主人公

などだろうか。これらを高いクオリティの作画で徹底的にやるのだから恐れ入る。

 カメラワークに関してはエロシーン以外の日常パートでも大胆に駆使されるので、手振れのような臨場感を得られて妙にリアルに感じられる。人によっては画面揺れにより酔ってしまうほどだ。

 当然、『ケダモノ(家族)たちの住む家で』もむらかみてるあき節が貫かれている。カメラワークは目まぐるしく動くし、ヒロイン・心春が壊れるんじゃないかと思えほどバッコバコに突かれまくるし、大量に精子を浴びすぎて口の中が精子の泡だらけだし、アヘ顔が完全に精神崩壊してキマッテいる。最初から最後まで暗く重苦しい雰囲気で物語は進み、常に緊張感と完璧なまでのNTRの背徳感に満ちた映像となっているのだ。

 ただ、エロアニメの宿命として尺の都合上、心春が身体を許してしまう過程を深堀りすることができず、案外あっさりとセックスしてしまう。しかしそこをカバーするべく、犯されている間も恋人の新を思う心情を吐露したり、必死な形相で「新が好きなんです」「もう許してほしい」と源蔵や勝に訴える姿が常に挿し込まれ、あっさり感を十二分にカバーする見ごたえある演出がなされているのはさすがだ。

 また、先の特徴でアヘ顔について挙げたが、今作の心春のアヘ顔も見事だ。犯され続けること、精子をブクブクと飲ませられること、アナル開発されてしまうこと、しゃぶらされることを強要され続けることが一種のトランス状態となり、恋人である新への申し訳なさや不道徳感が精神干渉となり壊れていく様は必見である。最終的に見せる立派なアヘ顔は、まさに凌辱されることで出来あがた洗脳アヘ顔というべき一級品といえる。

 すっかり肉便器と化した後、最後に心春が恋人であった新に対してどう答えを出すか、衝撃の結末はぜひ動画を観てほしい。ただし、NTRが苦手な方は鬱アニメとなりかねないのでご注意を。
(文=穴リスト猫)

【視聴はこちらをクリック!】
■『ケダモノ(家族)たちの住む家で ~源蔵 編~大嫌いな最低家族と彼女との寝取られ同居生活
■『ケダモノ(家族)たちの住む家で ~勝 編~ 大嫌いな最低家族と彼女との寝取られ同居生活

むらかみてるあきが描く鬼畜NTRエロアニメ『ケダモノ(家族)たちの住む家で』 大胆なカメラワークと救われないヒロイン!さすが巨匠!のページです。おたぽるは、アニメDMMGOLD BEARNTROVApin-pointむらかみてるあきエロアニメエロアニメで観るエロゲーの世界エロゲー君の名は。宮崎駿庵野秀明抜きゲー押井守新海誠肉便器の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--

人気記事ランキング

俺も黒田悠斗さんみたいにマッチョになりたい!
「貧乳の日」なら私もツイートできるかな…

18歳未満閲覧禁止!!

ここから先のコンテンツには、Hでド変態な成人向けなコンテンツが含まれているから、18歳未満の方は閲覧しないでくださいね。

18歳以上のあなたは「進む」を選んで、楽しんでね。