1612_oshioki02.jpg
『おしおきするよ』(富士美出版)

 またまた、リビドーがあふれる描き手が登場したぞ。

 今回が初めての単行本となる八神秋一『おしおきするよ』(富士美出版)は、全編が射精管理だけで描かれる作品なのである。

 これまで射精管理をテーマにした作品はいくつも存在したが、この八神氏はコンセプトからして、まったく違う。ひたすらに、読者自身が射精管理をされている気分にしようとしているのである。

 この単行本に収録されているのは、表題作「おしおきするよ」の番外編を含む全8話である。主人公は物語の開始時点で、ツインテールな双子の同級生姉妹である春香と愛夏の性奴隷として射精管理をされている。主人公と姉妹は、単なる同級生であるだけではなく、幼馴染みという関係だ。

 主人公は、そんな幼馴染みの勉強を見るために家を訪れたりもするのだが、思わず脱ぎ捨ててあったパンツの匂いを嗅いでしまったりする変態である。それも単にパンツの匂いを嗅ぎたい変態なんではなく、射精管理されているがゆえに、歯止めが利かなくなってしまっている様子なのだ。

 そんな主人公が、公開オナニーを命じられたり、足コキでイカされたり、はたまたチンポに「射精禁止」と落書きされたり、やりたい放題されている。それでも、オマンコに入れさせてもらえるという最高級なご褒美も待っているためか、主人公は必死に耐えているのである。

 これだけ記すと、ありきたりな射精管理作品かと思うだろう。そうではないのは、まず主人公のキャラ造形。これが、とことんキャラを薄くつくってあるのである。主人公の描き方は、いわばエロゲーのスタイル。すなわち、どうしても必要なシーンでは顔が描かれたりするけれども、あくまで物語を進める上で最低限しか描かれない。そして、特に自分から主張するでもなく、すべてがヒロインたちのセリフによって処理されていくのである。

 そして、構図も特徴的だ。多用される構図は、主人公の目に見えていると想定されるもの。いわば、主観系のアダルトビデオのようなものだ。つまり、読者は自分のチンポを弄ばれている感覚で興奮することができるというわけである。

 これ、誰でも考えつきそうなことだと思うのだが、いままで見たことがなかったような……。もう、発想の勝利というしかないではないか!

 そんな主観エロマンガは、シチュエーションにもとことんこだわっている。チア衣装やら何やら、着たままエッチがとにかく多い。そして、途中から図書委員の千秋とのプレイが、これまたマニアックだ。妊娠検査キットを使用したチンポ責めという、想像のはるか上をいく責めがそれである。いやいや、こんな責め方があったなんて、世の中はまだまだ広い……。

 自分が女の子たちに、好き放題にされている気分をとことん味わうことができる、実用性の高いこの作品。主観エロマンガは、これからの新たなスタイルになるのだろうか。
(文=ピーラー・ホラ)

エロマンガの描き方に革命! 八神秋一『おしおきするよ』は、構図の勝利だのページです。おたぽるは、マンガ&ラノベhentaiおしおきするよピーラー・ホラ八神秋一富士美出版の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--

人気記事ランキング

『TRUE BLUE』『Canvas2』『こなたよりかなたまで』…ナイス選択!
きずぽんがかわいすぎるよ!一緒に乙女ゲーの話したいなぁ

18歳未満閲覧禁止!!

ここから先のコンテンツには、Hでド変態な成人向けなコンテンツが含まれているから、18歳未満の方は閲覧しないでくださいね。

18歳以上のあなたは「進む」を選んで、楽しんでね。