『帰省して久々に会った妹と親には内緒の近親相姦中出し性交 浅田結梨』

1118_tma00.jpg
『帰省して久々に会った妹と親には内緒の近親相姦中出し性交 浅田結梨』

 近親相姦モノを実写でシリアスに作ろうとすると、リアリティを出すのが大変だ。ロリ系AVによくある「ヤリたがる妹と困惑する兄」パターンはどう頑張ってもコメディにしかならないし、逆の「変態の兄に犯される妹」パターンは男性キャラの心理を描きにくいAVの構造上、近親相姦である必然性が薄くなりがちだ。
 筆者は以前、あのカリスマAVV監督・村西とおる氏に「実際に近親相姦している母と息子を撮影した経験」を聞いたことがあるのだが、彼らは何の罪悪感もなく普通にセックスしているだけで、多くのユーザーが求めるドラマやファンタジーなど微塵も感じられなかったという。ありのままの現実を撮っても面白くならない、というわけだ。近親相姦ドラマを作るのは実に難しい。

 本作はそんな難易度の高いジャンルの、数少ない成功例と言えるだろう。田舎の生活を丁寧に描写し、白々しい芝居を排除することで、全編に白昼夢のような雰囲気を醸し出すことに成功。ただ兄妹がヤリ倒すだけの物語に「こういうこともあるかもね」「あったらいいなあ」というリアリティとファンタジーを両立させている。クラシックの名曲を含むピアノのBGMも切ない気持ちを掻き立てる。エロ漫画の読み切りに多いパターンと言ってしまえばそれまでだが、それを実写に落とし込み「正解」を導き出したことを評価したい。

 夏の暑い日、田舎の実家に兄が帰って来た。4年ぶりの、しかもなぜか予定より早い帰省に驚きつつも喜ぶ妹・ゆうり。沈んだ様子の兄に甘える彼女だが、会話の流れで兄が失恋したことを知る。兄は傷心のあまり帰って来たのだ。
 兄との久々の交流を楽しみつつ、複雑な思いを抱くゆうり。一方で兄は成長した妹の姿に欲情を抑えきれなくなり――

1118_tma03.jpg
麦わら帽に白いワンピース。ツボを押さえてます

 冒頭の演出がとにかく素晴らしい。強い日差しに透ける木々の葉、田舎の山々。坂道を走る妹。そこにかぶさる蝉の声。実家の暗い土間。兄と妹の何気ない会話。丁寧に撮影・編集された素材がピッタリと絡み合い、「夏の田舎暮らし」の空気を見事に表現している。

【TMAはじめました12】 眩しい日差しと蝉の声……兄と妹のひと夏限りの危険な関係 TMA『帰省して久々に会った妹と親には内緒の近親相姦中出し性交 浅田結梨』レビュー!!のページです。おたぽるは、AVJUP-ON STUDIOTMA浅田結梨の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--

人気記事ランキング

『TRUE BLUE』『Canvas2』『こなたよりかなたまで』…ナイス選択!
きずぽんがかわいすぎるよ!一緒に乙女ゲーの話したいなぁ

18歳未満閲覧禁止!!

ここから先のコンテンツには、Hでド変態な成人向けなコンテンツが含まれているから、18歳未満の方は閲覧しないでくださいね。

18歳以上のあなたは「進む」を選んで、楽しんでね。