ヌーディストビーチや混浴露天風呂などでは、さぞや開放感あふれる“全裸体験”ができるかと思われるが(!?)、一般の公共施設の中で全裸になれる機会はめったにないだろう。しかし、芸術の名のもとに全裸で華麗に踊るダンサーを観賞しながら観客も裸になれるイベントが予定されているようだ。

1611Nude-Live.jpg
YouTubeより。

■観客も“全裸”必須のダンスイベント

 夏真っ盛りの1月のオーストラリアで、脱ぎたがりのヌーディストには見過ごせないイベントが控えている。

 オーストラリアのニューサウスウェールズ州立美術館では現在、ヌードを特集した夏の企画展「Nude: art from the Tate collection」を開催している。その特別イベントとして、シドニーダンスカンパニーのダンサーによるヌードパフォーマンス「NUDE LIVE」がこの1月に行なわれる予定なのだ。すでに実施日は決定しているのだが、その中で23日はなんとドレスコードが“裸”。すなわち、観客も全員ヌードになるのだ。

「NUDE LIVE」紹介動画。「Sydney Festival」より

 23日の午後7時半から行なわれるそのイベントは、もちろん18歳以下は参加できない。そして参加する以上は全裸になることが条件づけらており、着衣での参加は認められていないという。人々の反応が気になるところだが、現在チケットはよく売れているという。ちなみにチケット代は65豪ドル(約5,300円)。

「館内のパブロ・ピカソやルシアン・フロイド、アンリ・マティス、ルイーズ・ブルジョワといった有名な現代アーティストによる絵画や彫刻、写真といったアート作品の数々とダンスを融合するべく、シドニーダンスカンパニーの芸術監督、ラファエル・ボナチェラによって高い身体性と感情のこもった振りつけが演出されています」(ニューサウスウェールズ州立美術館)

 チケットはもうすぐ売り切れてしまうのかもしれないが、一部の人々(!?)にとってはいろんな意味で注目のイベントということになりそうだ。

ヌーディスト集結か!? “裸にならなきゃ観賞できない”アートイベントが開催!のページです。おたぽるは、その他ヌーディストヌード全裸の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--

人気記事ランキング

『TRUE BLUE』『Canvas2』『こなたよりかなたまで』…ナイス選択!
きずぽんがかわいすぎるよ!一緒に乙女ゲーの話したいなぁ

18歳未満閲覧禁止!!

ここから先のコンテンツには、Hでド変態な成人向けなコンテンツが含まれているから、18歳未満の方は閲覧しないでくださいね。

18歳以上のあなたは「進む」を選んで、楽しんでね。