花巻太郎先生の作品が読めるのは「おたぽる@HENTAI!!」だけ!

sawajiri04968956.jpg
イラストレーター/嶋名隆

 全裸で仰向けに寝かされた僕の顔の上に、真っ赤なランジェリー、黒いガーター姿で、黒いピンヒールを履いたエリカ様がしゃがみ込み、Tバックを横にずらした。陰毛のまったくない、少しピンクがかった割れ目が見えた。その間から、クリトリスの先が覗いている。

「舐めなさい」

 虫けらでも見るような目で僕の顔を見下ろしながら、エリカ様は僕の顔に股間を押し付けてきた。

「うっ」

 虐げられる喜びと息苦しさ、そして、エリカ様が濡れていることに気づいたことで、僕の興奮は一気に下半身まで駆け巡り、フル勃起状態になった。

「ちゃんと、舐めなさいよ」

 エリカ様は床に膝をついて、僕の顔を挟んで正座するような状態になる。息苦しさと興奮が増して、僕は必死に、エリカ様のクリトリスを舐めたり吸ったりした。だけど、エリカ様は喘ぎ声一つ漏らさない。

「全然、気持ちよくない」

 そう言いながら、エリカ様は、取れてしまいそうなほどに強く、僕の乳首をつねってきた。その痛みは即、快感へとつながり、

「ううっ~~」

 僕はこらえきれず、喘ぎ声を発した。チンポの先っぽが我慢汁で湿っているのがわかる。

「何、自分だけ気持ち良くなっちゃってるのよ?」

 エリカ様はそう言って、ため息を漏らすと、

「おしっこするから、全部飲みなさい。一滴でもこぼしたら、鞭打ちの刑よ」

 膝を立てて、ウンチングスタイルになった。放尿が始まるまでの数秒の間、僕は大きく口を開けながら考えた。エリカ様の貴重な黄金水を一滴残らず飲もうか、それともわざとこぼして、鞭打ちの恩恵にあずかろうか。

「いくわよ」

【アイドル妄想ぺろぺろ劇場06】「全然気持ちよくない」と言いながら乳首をつねってくるエリカ様のクリトリスをぺろぺろのページです。おたぽるは、その他hentaiアイドル妄想ぺろぺろ劇場花巻太郎の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--

人気記事ランキング

『TRUE BLUE』『Canvas2』『こなたよりかなたまで』…ナイス選択!
きずぽんがかわいすぎるよ!一緒に乙女ゲーの話したいなぁ

18歳未満閲覧禁止!!

ここから先のコンテンツには、Hでド変態な成人向けなコンテンツが含まれているから、18歳未満の方は閲覧しないでくださいね。

18歳以上のあなたは「進む」を選んで、楽しんでね。