エロアニメで観るエロゲーの世界09

 前回(参照記事)もNTRエロアニメをお届けしたが、今回もNTRものをお届けしよう。メリー・ジェーンからリリースされた『秘湯めぐり 隠れ湯』シリーズだ。エロゲー原作は質の高い凌辱ゲーで定評のあるRiddle Softの『続・秘湯めぐり』である。

 『秘湯めぐり 隠れ湯』シリーズだが、前編となる『秘湯めぐり 隠れ湯 上巻 「幼なじみは若女将」』『秘湯めぐり 隠れ湯 下巻 「若女将は堕とし頃」』と、後編となる『秘湯めぐり 隠れ湯 舞桜編 1st.舞散る桜』『秘湯めぐり 隠れ湯 舞桜編 2nd. 手折られる可憐な桜』で構成されている。「秘湯めぐり」で関連すれば、二匹目のどぜうからリリースされた『秘湯めぐり「若女将、拉致る」』、PoRoreからリリースされた『真・秘湯めぐり JK若女将・伊織~悔しげに羞じらい緩む身八つ口』もあるが、これはまた別シリーズなので今回は割愛する。

 以下があらすじだ。

 半年ぶりに帰郷を果たした美紀男は、伝統的な和風作りの温泉旅館「金峰桜」に立ちよった。なぜなら、幼なじみで恋人でもある雪野ちとせが女将として旅館を切り盛りしているからだ。ちとせとの半年ぶりの再会だった。彼女は相変わらず純情で献身的、かつあどけない容姿をしていたが、和服の着こなしに慣れてきたのか大人びた色気と美しさを醸し出していた。

 しかしその夜、ちとせが他の男の愛撫に身を任し、犯されて膣内射精を許す光景を目撃してしまう。あまりの様子に絶望に打ちひしがれる美紀男。しかしそんな彼の前にさらに絶望的な光景が飛び込んでくる。ちとせの部屋で制服に身をまとった彼女が、嫌がるそぶりを見せつつも男の猛々しいペニスをしごいていた。ちとせは徐々に快楽に身をゆだね…

 エロゲー原作とは設定がかなり異なるので、感覚としては『続・秘湯めぐり』をベースにしたオリジナル作品に近いと言える。

 前編では主人公の恋人である雪野ちとせが気持ちとは反対に他の男に体を許してしまう葛藤と、それを目撃してしまって絶望する主人公の姿をていねいに描写していく。「私に…こんないやらしいことを教えて、悪い女にしないでください…」と抵抗を見せつつも犯されることを拒みきれないちとせの矛盾。ヒロインが拒絶しながらも他の男の手マンとクンニに身悶えて、挿入されながら肉体的だけでなく、精神的にも支配されていく様子はNTR好きには悶絶必至だ。彼女の実像を知った主人公の絶望感といったらかける言葉も見つからない。

 一方後編は、前編のモブだった公星舞桜にヒロインが変わる。後編のフル勃起ポイントはツンデレ処女の舞桜が調教されて雌豚化していく様だ。ツンデレであるからか、前編のちとせ以上に戸惑いながらも快楽に負けてしまい、抵抗むなしく好きでもない男のチンポを受け入れてしまう舞桜の敗北感は、海綿体をフル充血してくれることまちがいない。バックからガンガンに突かれつつも「マオ…初めての人はお兄ちゃんに…こんなのイヤァ…」と拒絶しようとする彼女が実にいじらしい。

 前後編ともに作画レベルは非常に高く、崩れなどは一切ない。どのHシーンでも安心して抜けるだろう。ただ各巻が15分前後しかないので、前編は上下巻ともにHシーンはワンシーンずつしかない。しかし後編になる15分という尺の中でもHシーンが増え、後編の下巻は最初から最後までほとんどHシーンだ。巻ごとに観てしまうと短さを否定することができないので、ストーリーをきっちりと楽しみたい方は前後編を観ることをおすすめするが、抜き目的なら前後編ともに下巻だけを楽しむのもいいだろう。NTRと温泉というシチュエーションが好みの方は“必射”の一本だ。
(文=穴リスト猫)

視聴はこちらから!
秘湯めぐり 隠れ湯 上巻 「幼なじみは若女将」
秘湯めぐり 隠れ湯 下巻 「若女将は堕とし頃」
秘湯めぐり 隠れ湯 舞桜編 1st.舞散る桜
秘湯めぐり 隠れ湯 舞桜編 2nd. 手折られる可憐な桜

続・秘湯めぐり 普及版

続・秘湯めぐり 普及版

原作はもっとハードコアなエロだよ!

温泉NTRエロアニメの決定版『秘湯めぐり 隠れ湯』 抵抗むなしく体を許してしまうヒロインにフル勃起!のページです。おたぽるは、アニメDMMNTROVAPoRoreRiddle Softエロアニメエロアニメで観るエロゲーの世界エロゲーメリー・ジェーン凌辱ゲー抜きゲーの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--

人気記事ランキング

『TRUE BLUE』『Canvas2』『こなたよりかなたまで』…ナイス選択!
きずぽんがかわいすぎるよ!一緒に乙女ゲーの話したいなぁ

18歳未満閲覧禁止!!

ここから先のコンテンツには、Hでド変態な成人向けなコンテンツが含まれているから、18歳未満の方は閲覧しないでくださいね。

18歳以上のあなたは「進む」を選んで、楽しんでね。