決してエロではない。もしエロ目的であれば、すぐに逮捕になるという、する側も見る側もかなりの覚悟(!?)が求められる芸術表現がボディペインティングだ。この7月に、第3回目を数える「ボディペインティング・デー」がニューヨークで開催された。

1610Nude-models.jpg
アメリカ「Daily Mail」の記事より。

■100人以上のボディペインターが集結

 文明社会において、公共の場所では常に衣服を着用していなければならないが、芸術の名のもとでは必ずしもその限りではない。アメリカ・ニューヨーク市においてもまた、芸術目的でのヌードは許されている。芸術への理解を示すこの権利を謳歌せんと、2014年からはじまったのがニューヨークの街中でボディペインティングアートを自由に表現する「ボディペインティング・デー」だ。

 7月9日、ニューヨーク・マンハッタンの国連本部ビル近くにあるダグ・ハマーショルドプラザをメイン会場に、100人以上のパフォーマーが各々のボディをキャンバスにするアートイベントが今年も開催された。本格的な夏を前にして日中の気温は20度前後だったということだが、それでも会場ではパフォーマーもアーテイストも、そして“芸術鑑賞”に訪れた人々も大いに盛り上がっていたということだ。

「ボディペインティング・デー」の模様「The Festival」より

 パフォーマーの1人、チャールズ・ダリウス氏は自宅を出る時からすでに全身のペインティングを完成させ、その格好で会場までバスでやってきたという。バスの中ですでに注目の的になっていたのだ。

「ヌードになることを楽しんでいるんだ」と、「Daily Mail」紙に語るヨーロッパ出身のダリウス氏。それというのも幼い頃に両親に連れられてヌーディストビーチによく行っていたからだという。「マンハッタンの街中でこの(ヌードでいる)楽しみにふけることができてうれしい」と話す。

 パフォーマーだけでなく、もちろん会場に訪れた多くの人々も観賞に余念がなく、スマホなどで画像や動画が無数に撮影された。YouTubeなどにはこの日撮影された動画が数多くアップロードされている。もちろん“エロ”ではないので、そのほとんどはコンテンツ的にレーティングが設けられることなく閲覧できるようだ。

エロではなく“芸術” 100人以上の“人間キャンバス”が集結したボディペインティングの祭典に視線クギづけ!のページです。おたぽるは、その他ヌードボディペインティングの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--

人気記事ランキング

『TRUE BLUE』『Canvas2』『こなたよりかなたまで』…ナイス選択!
きずぽんがかわいすぎるよ!一緒に乙女ゲーの話したいなぁ

18歳未満閲覧禁止!!

ここから先のコンテンツには、Hでド変態な成人向けなコンテンツが含まれているから、18歳未満の方は閲覧しないでくださいね。

18歳以上のあなたは「進む」を選んで、楽しんでね。