花巻太郎先生の作品が読めるのは「おたぽる@HENTAI!!」だけ!

1610_kurosawahitomi_.jpg
イラストレーター/嶋名隆

 大女優・黒沢瞳との初共演でまさか、同性愛のカップル役を、しかも舞台上で濃厚なラブシーンを演じることになるなんて、思いもよらなかった。運命の悪戯だとしか思えなかった。

「緊張しなくていいのよ」

 初めての稽古。100名近いスタッフやキャストに囲まれた中、ネグリジェ姿で一緒にベッドへ入った私に、黒沢は優しく微笑みかけてきた。

「私に任せて、ね?」

 そう言って、私の腿をさする手つきは、手慣れたものだった。歌劇団で娘役のトップスターとして活躍していた頃、男役のトップスターだった大知麻央と付き合っている、という噂が、退団してから20年以上も経つ今でも絶えないけれど、私はその噂が本当だと確信した。

「瞳ちゃんがリードする形で、始めようか」

 ベッドの傍に演出家が立ち、演技指導を始める。けれど、私は周りの視線が気になって集中できない。他の誰よりも、黒沢の存在が、私の平常心を奪う。

 芝居の舞台となるのは、第2次世界大戦下のドイツ。同性愛者を迫害するナチスの手から逃れた女――私──と、その女より母親ほど年齢の離れた女――黒沢――との愛を描いた物語となっているのだけれど、女性はおろか、男性との経験も少ない私に、今回の役は荷が重すぎた。そもそも、私には、黒沢と渡り合えるほどの演技力も経験値もない。

「うーん、今日はこのへんにしておこうか」

 あまりに硬く、ぎこちない私の演技にウンザリしたのか、演出家はそう切り上げると、

「瞳ちゃん、ちょっと」と、黒沢を稽古場の隅へと誘い、私のマネージャーも呼びつけて、私の方をチラチラと見ながら、何か話し始めた。

――ミスキャスト。降板。

 嫌な予感ばかりが、私の脳裏に渦巻く。だけど、それは杞憂に終わった。こちらへ戻ってきた黒沢が口にしたのは、思ってもみない言葉だった。

【アイドル妄想ぺろぺろ劇場04】大女優・黒●瞳さんと舞台上のレズプレイでぺろぺろのページです。おたぽるは、その他hentaiアイドル妄想ぺろぺろ劇場花巻太郎の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--

人気記事ランキング

俺も黒田悠斗さんみたいにマッチョになりたい!
「貧乳の日」なら私もツイートできるかな…

18歳未満閲覧禁止!!

ここから先のコンテンツには、Hでド変態な成人向けなコンテンツが含まれているから、18歳未満の方は閲覧しないでくださいね。

18歳以上のあなたは「進む」を選んで、楽しんでね。