1610_seieki02.jpg
『精液ボテして逆噴射アクメ!』(キルタイムコミュニケーション)

 9月のオススメは『精液ボテして逆噴射アクメ!』である。

 オススメはオススメなのだけど、もはやこのレベルだと「まあまあなシチュエーションだな」とも思ってしまうのは、きっと筆者がオカシイのではなく、編集部のアイデアが不足しているのだろう。

 でも、そう考えたのは「精液ボテ」という言葉に引きずられていたからである。どういうことかといえば、このアンソロジーでヒロインたちは精液ボテで絶頂をするのではない。とことん精液を子宮に注がれた上で、ボテ腹から精液を逆噴射してアクメするのである。

 そう、今回のアンソロに参加する作家たちに課せられているのは、ボテ腹にすることではない。ボテ腹から注がれた精液を逆噴射させなきゃいけないのだ。

 その難題に、今回も作家陣は敢然と挑戦している。

 もう「実用」よりも、お題を作家陣がどのように展開していくかが、キルタイムのマジキチなアンソロ(褒めてる)を楽しむポイントでもあるのだ。

 まず、ふじのん『Rebellion ~魔姫隷属~』は、ちびロリな魔王がオークに輪姦される作品。この作品、とことんオークに輪姦されボテ腹にされる魔王様を描いた後に、最終ページにボテ腹を踏まれて「おっごぉ!?」と逆噴射するクライマックスを持ってきている。十分に焦らしてから一気に噴出する「貯め」の要素が興奮させてくれる作品である。

 ねこんた『淫蛙~いんけい~』は、くのいちが、なんだかよくわからん触手にヤラれっぱなしの作品。これは、途中から絶頂するたびに逆噴射しているという趣向で、とにかく汁のオンパレード。ボテ腹になってるのに、どんどん逆噴射しているわけなので、いったいどのくらい注がれているのか? そのザーメン漬け感が興奮する作品だ。

 李星『マジカルザーメンタンク・雪華』は、『Rebellion ~魔姫隷属~』と同じく、最終ページでヒロインがボテ腹を踏まれて「おごおお!」と逆噴射するのだが、ここでひとつ作者のこだわりが。そのコマになって、逆噴射するだけでなく、子宮脱も一緒に描かれているのだ。きっと、この人は子宮脱を、なんとか描きたくてしようがなかったのだと思わずにはいられない作品である。

 今回は、少々勢いに欠ける感のある作品もあったが、相変わらず「お題」に対する安定度の高さは折り紙付きのアンソロ。また、次もどんなアンソロが登場するのか期待して止まない。
(文=ピーラー・ホラ)

『精液ボテして逆噴射アクメ!』キルタイムコミュニケーションのマジキチなアンソロのページです。おたぽるは、マンガ&ラノベhentaiアンソロキルタイムコミュニケーションピーラー・ホラボテ腹精液ボテして逆噴射アクメ!の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--

人気記事ランキング

俺も黒田悠斗さんみたいにマッチョになりたい!
「貧乳の日」なら私もツイートできるかな…

18歳未満閲覧禁止!!

ここから先のコンテンツには、Hでド変態な成人向けなコンテンツが含まれているから、18歳未満の方は閲覧しないでくださいね。

18歳以上のあなたは「進む」を選んで、楽しんでね。