1608_helth.jpg
イメージ画像

 ヘルスの高木は、前回のヘルスが消化不良に終り、モヤモヤした気持ちを引きずっていた。どうすれば気分が晴れるかと悩みに悩み抜いた結果、ヘルスに行くことにした。数日前にサーベイ(調査)していた大阪・梅田の長身巨乳ホテヘル嬢が出勤していたので電話をした。

 電話はすぐに繋がった。平日の夜ということもあり、労せず目当ての嬢を指名できた。身長は165cm、Gカップという夢のような肉体である。念を込めて写メブログと匿名掲示板で十分に確認作業を行った。匿名掲示板でも賞賛の書き込みが多数。これは信頼できる。

 ヘルス嬢と2人でホテルに行くタイプのオーソドックス・ヘルスは、長い間やっていなかった。疲れた体を何となく癒したい思いと、ドリームな肉体を持つヘルス嬢を見てみたいという思いが、おれを動かしていた。店に行って待合室で待っていると、緊張と疲れで吐きそうになっていた。

「高木さま、お待たせしました。女の子が外で待っています。」ビクッと反応する男とチンポ。ドキドキしながら外に出ると、長身で茶髪のヘルス嬢。女優の片瀬N奈さん似の美女だった。「手を繋いでいいですか?」「は、はひっ!?」ヘルス嬢の手を握る。一瞬でチンポが勃っていた。

 そのヘルス嬢の手は奇跡のようにスベスベだった。なんと美しくて細い指。ミニスカートから伸びる長い脚。これは大当たりだ。指名した価値があった。ヘルス嬢に連れられてホテルへ向かう。ホテルのおばあさんに「ちょっと待って下さいね」と言われ、2人は椅子に座る。

「お兄さん、どうして私を選んでくれたの?」「せ、背の高い人が、すす好きで…可愛くて…むむ胸が大き…ブヒッ」「ふふふ?」美しい顔と手足ばかり見ていたが、まさにGカップに偽りなしという凶悪な乳が目の前にあった。「ふふ、作り物じゃないよ、柔らかいよ」

 服の上からGカップ巨乳を触らせてもらう。「うっ!」と思わず声が出た。信じられない柔らかさである。こんなオッパイがこの世にあったなんて…。スレンダー美女にド迫力のオッパイ。感動して勃起していると、部屋が空いた。入った部屋は、とても静かな部屋だった。

 ヘルス嬢と部屋に入ると、ソファーに2人腰を掛ける。大いなる乳房を前にしたおれは「疲れた…」と言って巨乳にもたれ掛かった。高級枕のような感触の良さ。しかもこのヘルス嬢は、とても良い匂いがする。これだけで心が穏やかになった。「シャワーに行く?」と言われ、コクリと頷く。

【ヘルス日記】vol.02 非正規雇用・ヘルスの高木、165cm/Gカップのヘルス嬢に「疲れた…」と、もたれ掛かるのページです。おたぽるは、その他Gカップhentaiヘルスの高木ヘルス日記巨乳風俗の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--

人気記事ランキング

『TRUE BLUE』『Canvas2』『こなたよりかなたまで』…ナイス選択!
きずぽんがかわいすぎるよ!一緒に乙女ゲーの話したいなぁ

18歳未満閲覧禁止!!

ここから先のコンテンツには、Hでド変態な成人向けなコンテンツが含まれているから、18歳未満の方は閲覧しないでくださいね。

18歳以上のあなたは「進む」を選んで、楽しんでね。