エロライターたるもの、いつも“舞台裏”の様子にひきつけられるワケですが、今回紹介する楽屋裏もまた強烈である。世界中からひっきりなしにオーダーが入る“リアルドール”の製造過程を紹介した動画だ。

1609_Sex-Dolls.jpg
“リアルドール”製作の現場【18歳未満閲覧不可】「Super Deluxe」より。

■リアルドールの製造過程が明らかに 

 日本を含む世界12カ国に販売代理店を持ち、工場は連日フル稼動の生産体制にあるという、グローバルな人気を誇るリアルドール(RealDoll)の製造過程を紹介した動画が話題だ。

“リアルドール”製作の現場【18歳未満閲覧不可】「Super Deluxe」より。

 手触りの良いシリコンの人工皮膚で覆う骨格の部分もまた精密に作られていて、腰まわりは可動域の広い人工股関節やオナホール状の人工ヴァギナを装着するため、特に入念に作られているようだ。カリフォルニア州サンマルコスに拠点を構えるアビスクリエーションの工場では目下、リアルドールのフル生産状態が続いているという。

 広い工場の中で何体もの製作途中のリアルドールが並んでいる光景には、いささかギョッとさせられるが、それぞれの作業を見てみるとまさに職人技の手作業で作られていることがわかる。出来上がったばがりのボディを鋳型から外し、突き出たバリの部分を眉用バサミで根気良く取り除く作業や、股間にはさまざまな形状の人工ヴァギナを埋め込み、胸にはリクエストを反映した色合いの乳首を貼りつける作業などもあり興味深い。また指先のネイルのマニキュアもまるでネイリストのように1本1本丁寧にほどこしている。

 完成したリアルドールに服を着せて丁寧に梱包する作業も収められていて、モノとして効率的な梱包の方法はいくらでもあるとは思うが、あくまでもリアルドールの美しさを保った状態で固定して、大きめの箱に入れて梱包している。これは“パートナー”との最初の出会いの瞬間を考慮しているからにほかならない。エンターテインメント産業として、ユーザーに満足感を与えるツボを良く心得ているといえるだろう。

東京右半分

東京右半分

人間より抜けるかも

世界中の紳士を魅了する“リアルドール”誕生の現場! 普及確実なバーチャルセックス最前線に迫る!!のページです。おたぽるは、その他hentaiVRアダルトグッズラブドールの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--

人気記事ランキング

『TRUE BLUE』『Canvas2』『こなたよりかなたまで』…ナイス選択!
きずぽんがかわいすぎるよ!一緒に乙女ゲーの話したいなぁ

18歳未満閲覧禁止!!

ここから先のコンテンツには、Hでド変態な成人向けなコンテンツが含まれているから、18歳未満の方は閲覧しないでくださいね。

18歳以上のあなたは「進む」を選んで、楽しんでね。