フェティシスト大図鑑 第1回

──樹海の死体でオナニー、欠損萌え、内臓大好き!etc...その“性癖”が人とはちょっと歪んだフェティシストたちの生態について、ルポライター・村田らむが体を張って(?)迫ります。

1609_murata.jpg

 フェティシスト大図鑑、記念すべき第1回は、「声」「音」しか聞こえないのって、逆にエロいよね? というお話である。

 今は、スマートフォンやタブレットPCで、お手軽にアダルト動画が見られる時代になったが、僕が高校生の頃(1980年代末)には、なかなか貴重な物だった。

 すでにアダルトビデオは一般に流通していたが、高校生が手に入れるのは難しかった。そこで、代わりになんとか入手したのが、『マドンナメイトカセット:姫野真利亜』(二見書房)だ。

 これは、当時人気だった女優さんの、エッチな声を吹き込んだカセットテープを付録にした写真集である。アマゾンで調べてみたら、今でも買うことができた。発売年月日は1988年、28年も前のことだ。

 今の若い人は

「なにその微妙なアイテムは?」

 と思うかもしれないが、当時の高校生にとっては、砂漠で見つけたオアシスだった。

 それはもうテープが擦り切れるまで何度も聞いて、内容はほとんど暗記してしまい、脳内で作り上げた姫野真利亜の映像が鮮烈に見えるレベルに到達した。

 それから2年後、なんとか大学に進学して、一人暮らしを開始。念願かなってアダルトビデオを鑑賞した。目から入ってくる情報は、さすがに鮮烈で、それはもう猿のように擦る日々だった。

 ちなみに姫野真利亜の作品も見たのだが、脳内で勝手に都合よくクリエイトしすぎたせいで、本物とはかなり乖離してしまい、なんだか勝手にガッカリしてしまった。ごめんなさい。

 ちなみに現在、DMM.R18動画でも『花言葉 姫野真利亜』を見ることができる。作品の紹介の文章は『真利亜ちゃんが屋形船の上で身もあらわに上に下に、前から後からやりまくる、お魚もビックリのナマグサ映像!』。なんだよナマグサ映像って。

AVでは味わえないめくるめく妄想の世界――“耳だけでイク”声フェチの今のページです。おたぽるは、その他hentaiフェティシスト大図鑑マドンナメイトカセット姫野真利亜村田らむの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--

人気記事ランキング

『TRUE BLUE』『Canvas2』『こなたよりかなたまで』…ナイス選択!
きずぽんがかわいすぎるよ!一緒に乙女ゲーの話したいなぁ

18歳未満閲覧禁止!!

ここから先のコンテンツには、Hでド変態な成人向けなコンテンツが含まれているから、18歳未満の方は閲覧しないでくださいね。

18歳以上のあなたは「進む」を選んで、楽しんでね。