男の娘が妊娠するのは、現代の常識だ......西田一氏が語る最新作『女装学園(孕  )』の熱情!の画像1
『女装学園(孕)』

「いま求めているのは、私に対するアンサーとなる作品なんですよ」──2011年6月に発表された『女装山脈』によって、美少女ゲームに新たなジャンルを切り開いた西田一。

 彼の最新作『女装学園(孕)』は、ヒロインが男であるだけでなく、孕むのが当然という前提のもとで展開される。ここ数年の間に急速に拡大した男の娘ジャンル。それは、性的志向を越境して多くの男女が愛好するものとなった。そこに大きな役割を果たした制作者が考える、男の娘が孕むことの魅力とは?

 8月15日、コミックマーケット90が終わった翌日の午後。私は秋葉原駅電気街口で西田と待ち合わせた。「コミケ4日」とも称される日。お盆の時期ということもあってか、秋葉原は平日とは思えないほど混雑をしていた。

 その前の週に、西田にアポを取ったときには、私はきっと賢者モードになっているだろうと思っていた。なぜなら、前日のコミケ3日目は男性向けジャンルをメインとする狂乱の日だからである。

 ところが、その予想は大きく外れた。3日目、夏風邪をひいてしまった私は、半ば意識が朦朧としながら、必要最低限の買い物と取材を済ませて、そのまま自宅で寝込んでいたのだ。

 ようやく体調を取り戻して臨んだ取材の当日。賢者にならなかったゆえにか、もりもりと西田に聞きたいことが脳内に溢れかえっていた。前日に、原画を担当した、あおぎりぺんた氏のサークルで入手した準公式ガイドブック『女装学園(孕) 2016年入学案内(仮)』が、登場するヒロインたちの魅力を存分に描いていたことも、その意志を強いものにしていた。

 待ち合わせの午後2時ぴったりに西田はやってきた。宣材なのか数本のタペストリーがはみ出した大きなカバンを抱えた短髪の青年。誰もを安心させる、柔らかい物腰が印象に残る人物であった。

 人でごった返す秋葉原の街で、どこで話を聞けばよいだろう。少し考えながら歩いて、タニマの扉を開けた。変化の激しい秋葉原の老舗の喫茶店。その店内は、オタクトークやゲームに励む男女で混雑していたが、幸運にも四人掛けの座席が一つだけ、ぽっかりと開いていた。直前まで客がいたのか、まだ片付けられていない空のコップを置いたまま。

 ホッとして席についた私は、初対面ながらも共通の知り合いの四方山話をしつつ、取材へと話を進めていった。

男の娘が妊娠するのは、現代の常識だ......西田一氏が語る最新作『女装学園(孕  )』の熱情!の画像2

 11年の『女装山脈』を皮切りに、所属していたブランド・脳内彼女で『女装海峡』『女装学園(妊)』の制作に携わった西田は、独立。自らのブランド「の~すとらいく」を立ち上げて新たなスタートを切った。そして今年3月には第一作となる『久闊を女装する』をリリース。今回の『女装学園(孕)』は、待望の「女装シリーズ」の新作ということになる。

 最初に聞きたかったのは、西田の男の娘が妊娠するというシチュエーションへのこだわりである。ここまで記した作品を未プレイの人のために説明をすると、西田の作品で男の娘が孕むのは今回が初めてではない。ネタバレは避けるが、シリーズ処女作である『女装山脈』においてもヒロイン(男の娘であっても、この表現がふさわしい)は、神様の恵みによって主人公との間に愛の結晶を育むことになる。

 私の素朴な問いに、西田は真剣な表情で語り始めた。

「妊娠したら子どもが生まれるというのは、エロゲーの中では最大のハッピーエンドだと思っています。ゆえに、男の娘でも妊娠することができたら、すべての問題はその場で解決するんです。ハッピーエンドに持っていくためには、男の娘を妊娠させなくてはいけない、そんな風にストーリーを構成しています。『女装山脈』では神様の力で妊娠したというのがキーワードだったんですが、それを、なんとかして恋愛して妊娠していくというのが、僕のシナリオとしての仕事だと思っているんです」

 一気に熱い想いを語った西田。そんな西田の熱い思いが詰まったのが、作品のジャンル名である。美しょゲーにおいてジャンル名とは、タイトルに入らない作品内容の説明を記す部分だ。作品にインパクトを持たせようと制作者たちはさまざまな趣向を凝らす。西田の一連の女装ジャンルの作品は、この部分にものすごくこだわっているように見えるのだ。

 これまでの作品では、ジャンル名は次のように記されている。

『女装山脈』
──男と男の娘はHできるんだよADV

『女装海峡』
──しつこいようですが、男と男の娘はHできるんだよAVG

『女装学園(妊)』
──ぼくたちは男と男の娘は恋愛できると、何度も言い続けるAVG

『久闊を女装する』
──久しぶりに帰ってきた幼なじみの女装ビッチと旧交をあたためすぎて、恋人堕ちするADV

男の娘が妊娠するのは、現代の常識だ......西田一氏が語る最新作『女装学園(孕  )』の熱情!の画像3

 そして、今作『女装学園(孕)』では、次のように記されている。

──あれから色々有りましたけれども、男の娘が妊娠するって結論は変わりませんので、これからよろしくお願いしますAVG

 こうして並べると理解できる。男の娘と恋愛したい、愛の結晶を育みたいという主人公視点の願望は次第に進化している。そして、今作では恋愛して妊娠するのは当然、そこになんの問題があるのだ! という強烈なスローガンが打ち立てられているのだ。

 そんな熱すぎる言葉について問うたところ、むしろ西田は謙虚な言葉を紡いだ。

「あれは、思いつきばかりなんですよ。タイトルが『女装山脈』とか、どれも短いじゃないですか。その短いパワーワードをジャンル名で捕捉しているつもりだったんです。例えば『女装山脈』のときには、男同士でもセックスできるんだよ、子作りできるんだよというつもりで書いていたんです。そのインパクトを重ねていこうと思ったら、長文になっていく。だから、次はもうちょっと短くしていこうかなと思っています」

 この前日、コミックマーケットの会場では多く(といっても、島ひとつ分程度だが)の男の娘ジャンルを扱う同人誌が頒布されていた。その中には、男の娘の妊娠を描く作品も見られた。そうした作品でも、もはや妊娠するのに説明はいらない。せいぜい「男の娘は妊娠できるんだよ」の一言ですべてが、当たり前のことのように処理される。もう、今ではそれが当たり前のことなのだ。西田は、そんなジャンルの浸透を喜びつつ、そこに新たな展開を考えているのだ。

「みんなが受け入れるようになっている。だから、今度は妊娠が悪いことという文脈でゲームをつくることができるかなと考えているんです」

 西田は、すでにその作品の構想を練りタイトルも決めている。

『女装空中都市』

 この作品は『女装山脈』以来の全ヒロインが登場し、ディストピアを描く作品になる予定だという。

 実は「女装シリーズ」の全作品は同一の世界観で描かれている。西田自身も「Twitter(@nisidahajime)では時々は書いているが、あまり知られていない」というのだが『女装山脈』『女装海峡』は神様の力によって男の娘が妊娠するように、なり変わり始めた世界。『女装学園』は、それが浸透し当たり前となった世界。そして、男の娘の妊娠が「悪」となる『女装空中都市』へと時代は変遷していくというわけである。

「シリーズのヒロインをすべて出したいので、脳内彼女さんとも話をつけなくちゃいけないので......。もう数本制作して力をつけてから取りかかろうと思っています」

 あくまでまだ構想段階に過ぎないという西田ではあるが、この構想には極めて現実味がある。それは、西田の作品を通じて、男の娘ジャンルをプレイする美しょゲーユーザーが増えたという事実があるからである。西田との会話の中で見えてきたのは、その作品づくりの中に男の娘愛好家のニッチな偏愛に寄らない優しさの存在だった。

「僕は、プレイしてヒロインに本気で恋してもらいたいと思います。一連のシリーズは、ロープライス作品ですから、通常はすぐにエッチシーンが始まります。でも自分は、そうではなくて、フルプライスと同じくちゃんと出会いから恋愛までをきっちり描くようにしているんです」

男の娘が妊娠するのは、現代の常識だ......西田一氏が語る最新作『女装学園(孕  )』の熱情!の画像4

 常に、主人公の視点でユーザーがどのように楽しむかという基本を崩さない西田。その姿勢が、逆に新たに男の娘に目覚める人々を増加させている理由なのだろう。

 そんな西田の熱い制作魂は、もはや国境を越えている。

「今回『女装学園(孕)』の情報をリリースした時に、国内よりも中国と台湾のオタ系サイトのほうが反応が早かったんです。今年の2月に台湾のファンシーフロンティア(同人誌即売会)に友達が出展するのでついていったのですが、隣のサークルの人と話していたら『女装山脈』を知ってるし、おまけにもうひとつ隣のサークルは、女の子だと思ったら男の娘でゲームをプレイしているどころか、大島薫さんのファンだというのでビックリしましたよ」

 アジアから世界へとファン層を広げていく可能性に満ちている西田。けれども彼にも悩みはある。

「女装ビッチや熟女な男の娘も大好きなんですけど......ユーザーは、僕にそれを求めてはいないと思うんです。僕の作品に求められているのは、恋愛したくなる可愛いヒロイン。だから、私の作品のアンサーになる作品が出てきてくれるとうれしいですね」

 自身の作品を押し出すのではなく、ジャンルそのものの発展を願う「優しさ」を見せる西田。その心にこそ「女装シリーズ」がニッチを越えてファンを掴みつつある理由があるのか。

 今回『女装学園(孕)』に登場するヒロインは3人。主人公を翻弄するであろう優等生な男の娘・舘山寺玲、賑やかそうな後輩の女装腐女子・長久千晴。そして、クールな女装教師・蓬田昌のいずれに恋をするのか。取材の果てに期待と迷いは、さらに強まっている。

 そして、コミケの時にタペストリーを買わなかったことも後悔している。
(文=ルポライター/昼間たかし http://t-hiruma.jp/

■『女装学園(孕)』公式サイト
http://no-strike.jp/jogaku/index.html

■西田一/の~すとらいく公式Twitter
https://twitter.com/nisidahajime

『女装学園(孕 )』西田一氏が語る熱情!男の娘が妊娠するのは、現代の常識だ!!のページです。おたぽるは、ゲームhentaiの~すとらいくエロゲー久闊を女装する女装学園(妊)女装学園(孕)女装山脈女装海峡昼間たかし男の娘美少女ゲーム脳内彼女西田一の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--

人気記事ランキング

俺も黒田悠斗さんみたいにマッチョになりたい!
「貧乳の日」なら私もツイートできるかな…

18歳未満閲覧禁止!!

ここから先のコンテンツには、Hでド変態な成人向けなコンテンツが含まれているから、18歳未満の方は閲覧しないでくださいね。

18歳以上のあなたは「進む」を選んで、楽しんでね。