1602_otokonoko.jpg
『男の娘☆れぼりゅーしょん!』
(メディアックス/パルコ長嶋)

 メディアックスの男の娘ジャンルではダイナマイトmocaと双璧をなす実力派だと思っている、パルコ長嶋の新たな単行本『男の娘☆れぼりゅーしょん』が発売になった。

 まず最初に問題点を示しておくと、今回はちょっと看板に偽りがある。

 カバーの表裏+帯で合計8回も「男の娘」って表記しているのに、TSFも混じっているではないか!

 だいたい、世間の大半の人は男の娘もTSFも同列に興奮できると思うんだけれど、混じると、どうも違和感が拭えない。というのも「実用」の時に「男なのに男のチンポで感じてる」と「女の身体って気持ちいい」の2つの概念が混じるのである。切り替えが大変だ。というわけで「実用」の際には、順番に作品を読むのではなく「実用」したいほうだけを読むというスタイルが望ましいと思っている。

 さて、作品評であるが、今回はちょっと和姦orラブ展開が多め。どちらかというと男の娘は肉便器、TSFはレイプフラグ......というのが定番なんだけど、妙に幸せ感が増加しているような。そう、作者のプライベートでなにか幸せなことでもあったのかと勘ぐるほどに。

 そんな収録作の中でオススメは、まず男の娘作「勝利の女(?)神」。この作品の特徴は完全に出オチというところ。なにせヒロインが男子校の野球部の女子マネジャーなのだから。というわけで、当然だけど野球部員の友達とは、試合の後のご褒美セックス。「バットをぼくのミットに入れて」とか、セリフが研ぎ澄まされている。

 同じく男の娘作「ボクノイモウト」も、やっぱり出オチ。親の再婚でできた妹は、弟だったという定番設定。

 絵に描いたような理想の妹に、風邪をひいた主人公が看病という名目でエッチな展開になるのである。ベタベタだけど、うらやましさゆえに、興奮するのである。

 しかし、世の中ではLGBTの権利云々がたびたび社会問題となるのに、こうした作品世界には、とことん壁がない。まさか21世紀、エロマンガがもっともジェンダーを超越することになろうとは、誰も思わなかっただろうな。

 さてTSF作で良作なのは「田舎の迷信」。ヒロインは、祖母から絶対に入ってはいけないといわれていた川に入ったら男→女になったという設定。そして親友に「嫁になってくれ」と犯されるわけなんだけど、ここで親友のセリフ「父ちゃんに教わったんだ。既成事実をつくればオッケー」......田舎って怖いな。

 そしてTSF作でもう一本「オレはアイドル!?」は、ドルオタ2人が呑んでいたら片方が......もはや、変化の理由も説明なしにTSする超展開。この作品が改めて教えてくれるのは、TSFに興奮する人類の凄さ。いや、だって中身がキモヲタだってわかっているのに、外見だけ見て興奮するってスゴくないか。ただ、最近知ったのだが、TSFクラスタには「中身がキモ男なのに美少女だから余計に興奮する」という人もいるんだとか。世の中は広い!

 というわけで和姦ムード増しになってる、この単行本。事後のヒロインの表情の描き方も萌えます!
(文=ピーラー・ホラ)

男の娘推しだけどTSFもあるよ。パルコ長嶋『男の娘☆れぼりゅーしょん』のページです。おたぽるは、マンガ&ラノベhentaiLGBTTSFジェンダーパルコ長嶋ヒロインメディアックス和姦男の娘男の娘☆れぼりゅーしょんの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
コスプレイヤーさんってなんでみんなエロいんだろ…
『メアリと魔女の花』はもう観た?

18歳未満閲覧禁止!!

ここから先のコンテンツには、Hでド変態な成人向けなコンテンツが含まれているから、18歳未満の方は閲覧しないでくださいね。

18歳以上のあなたは「進む」を選んで、楽しんでね。