――東京都をはじめ、地方自治体の「青少年・治安対策本部」では、毎月"不健全図書"を挙げ、自主規制団体らと共に審議を行っている。この審議結果は毎回公表されるものの、審査過程での自主規制団体の声が顧みられることはほぼない。エロにせよ何にせよ、どこか尖った作品を大の大人が色々な立場から評価するという、そんな貴重な意見が無視されるなんてもったいない! このコーナーでは、"不健全図書"に指定されたマンガなどを自主規制団体の声と共に紹介していきたい。つまり、クラウド・ファンディング(群衆による資金調達)ならぬ"不健全図書"クラウド・レビュー(群衆による批評)、はじまり、はじまり~!

【今月の不健全図書レビュー】官能劇画『奥様たちは今日も欲求不満』青少年はこれに興奮するのか!? の画像1
『奥様たちは今日も欲求不満』(一水社)。

【今月の指定図書】
 今月の不健全指定図書は全3冊。その中で、まずは『奥様たちは今日も欲求不満』(一水社)を取り上げよう。表紙から一目瞭然だが、これはいわゆる官能劇画。最近はフタナリなど、未来をいく作品が増えていた一水社だが、まだまだこんな本も出していたとは。伝統のエロ本出版社が刊行する古きよき官能劇画のどこに、青少年に有害な要素があったのか? 早速、青少年健全育成審議会の「自主規制団体からの聴き取り結果」と併せて、本作をレビューしていきます!

(以下、別記のない限り、【】内は「自主規制団体からの聴き取り結果」より引用)



 本作は、いわゆるコンビニコミックというジャンルに属する本。つまり、すでに別の本に掲載された作品を集めて、編集費も廉価ですむ再録本だ(もちろん再録なので、原稿料も廉価)。その代わり、ほかの再録本がそうであるように、この本も安くてお得。裏表紙には「大ボリュームの読み切り384P!」「人妻官能漫画一挙 27本!」とキャッチが打たれていて、それで価格は556円+税。うん、かなりお買い得。

 でも、果たしてこれを青少年が手に取るのか? なんたって表紙には「三十路四十路の裸身が蕩ける......」なんて書かれているのだから。これで興奮する青少年がいるとしたら、有害とは違うベクトルの問題のような......。自主規制団体の面々もそう思っている節があり、【絵柄から考えると青少年が購入するとは思えない】【全編性交シーンで指定該当が当然と思うが、絵柄が古く青少年が手に取るとは到底思えない】という意見が寄せられるのも当然だろう。とにかく青少年が読むかは疑問だが、それゆえに【大人向けで、成人マークをつけるべき】という意見も出ている。

 そして、近年のエロマンガの主流に慣れた我が身としては、この本でどうやって興奮すればよいのか、考え込んでしまう。指定非該当とする意見では【性描写が多いが絵は雑で修整もされており、著しく性的感情を刺激するほどではない】と、ズバリ言っているものもある。

 一方、絵柄だけでなく、収録された内容が【人格否定が多く、問題】とも指摘されている。収録作のどこにそんな描写があるのか? と読んでみた。収録作のひとつ、萩原雄太郎氏の「秘密レッスン甘い体験」は、主人公の予備校生がたまたま出会った顔見知りの人妻2人に、ケーキを作る手伝いを頼まれて家に連れ込まれてしまう。すると2人は「意外に洋服が汚れるのよ」と服を脱ぎだしちゃう。うーん、主人公の意志を顧みない逆レイプ......なのか?

 あるいは、みずしま聖氏の「未亡人由美の性生活」は、未亡人が義父にヤラれまくる定番設定。風呂場で義父に勃起した男性器を見せつけられたり......これも個人の人格を否定しているのだろう。同じく、みずしま氏の「失禁SEX人妻は全身イジられて潮噴きアクメに悶えなく!」、あるいは「主婦は尿意が我慢できない」(え? どちらが煽り文で、どちらがタイトルなのか!?)では、尿意を我慢できず漏らした人妻が公園の管理人やら工事作業員やらに輪姦されてしまう。またまた同じく、みずしま氏の「人妻はおしおきされたい」では人妻が出入りの業者に「ちょっとアンタ!植木屋のクセになに休んでるのよ」だって。もはや、人格否定以上に問題のあるセリフかもしれない。

 そして、指定該当とする意見で最も多いのは【全体的に性描写が多い。陰毛や擬音・器具等、下半身が誇張されている】【修整が甘く陰毛の露出が多い。全編過激で露骨な性表現となっている】【体液描写等卑わい感は強い。修整はされているが、逆にそれにより卑わいさが協調されている作品もある】(原文ママ)など......要は、「エロすぎる」という意見。でもね、どう読んでいても筆者は本書にエロさを感じません。

 本書を読んでいると、色々と妙なところが気になってしまう。ペンネームからして気になる、セニョール大悦氏の収録作「隣の巨尻奥さん」は、奥さんの体型が巨大すぎて、なんかおかしい。ダッジ深井氏の「人妻レイプ事件白昼の訪問者」は真夏の設定なのに、1ページ目からサングラスでマスクに帽子の明らかな変質者が人妻を見ている風景から始まる。フツーに通報されるだろ......コレ。

 そんなツッコミどころ満載の作品が詰まっているためか、【コミカルタッチで描かれ】ている、といった指摘まである。なんにせよ、本書が不健全図書に指定されたということは、これに興奮した人がいたということ。そのことに驚いてしまったよ!
(文/昼間たかし)

今月の自主規制団体の声
【出典】東京都青少年健全育成審議会「自主規制団体からの聴き取り結果」より
http://www.seisyounen-chian.metro.tokyo.jp/seisyounen/pdf/09_singi/656/656siryou2..pdf

銭湯に溢れた本気汁~濡れ人妻は番台で (メンズ宣言)

銭湯に溢れた本気汁~濡れ人妻は番台で (メンズ宣言)

とりあえず、みずしま聖先生が売れっ子ということはわかった。

【今月の不健全図書レビュー】官能劇画『奥様たちは今日も欲求不満』青少年はこれに興奮するのか!? のページです。おたぽるは、マンガ&ラノベhentai不健全図書不健全図書レビュー奥様たちは今日も欲求不満の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--

人気記事ランキング

『TRUE BLUE』『Canvas2』『こなたよりかなたまで』…ナイス選択!
きずぽんがかわいすぎるよ!一緒に乙女ゲーの話したいなぁ

18歳未満閲覧禁止!!

ここから先のコンテンツには、Hでド変態な成人向けなコンテンツが含まれているから、18歳未満の方は閲覧しないでくださいね。

18歳以上のあなたは「進む」を選んで、楽しんでね。