――東京都をはじめ、地方自治体の「青少年・治安対策本部」では、毎月"不健全図書"を挙げ、自主規制団体らと共に審議を行っている。この審議結果は毎回公表されるものの、審査過程での自主規制団体の声が顧みられることはほぼない。エロにせよ何にせよ、どこか尖った作品を大の大人が色々な立場から評価するという、そんな貴重な意見が無視されるなんてもったいない! このコーナーでは、"不健全図書"に指定されたマンガなどを自主規制団体の声と共に紹介していきたい。つまり、クラウド・ファンディング(群衆による資金調達)ならぬ"不健全図書"クラウド・レビュー(群衆による批評)、はじまり、はじまり~!

【今月の不健全図書レビュー】『縛-baku-』成年マークをつけて出せばいいのに...の画像1
『縛-baku-』少年画報社の公式HPより。

【今月の指定図書】
 今月、指定図書とされたのは、佐野タカシ氏の『縛-baku-』。佐野氏は、エロマンガ畑出身で、若い男性たちの股間を虜にしてきたマンガ家である。その後は青年誌にも進出し、「ヤングキング」で連載していた『イケてる2人』(すべて少年画報社)はテレビアニメにもなったベテランです。まず驚いたのは、久しぶりに目にした佐野作品の絵柄の大幅な変化です。『イケてる2人』と同じ人が描いているとは思えない劇画タッチになっているではありませんか!

 時代や掲載誌の変化に合わせて作風を変化させられるのは、技術が長けていることの証明であります。すると、やはり上手さゆえに自主規制団体からは「けしからん」という怒りを買ったのでしょうか......?

(以下、別記のない限り、【】内は「自主規制団体からの聴き取り結果」より引用)

"指定該当"の意見を述べる皆さんが指摘するのは、この単行本がシリーズの2巻目であるということ。

 本作はタイトルからも連想されるように、"緊縛"をテーマに描かれた短編集です。ゆえに、自由を奪う形での性行為や、その表現が過激になることは否めません。"指定該当"とする意見は、そこを厳しく突いています。【緊縛・SM物で、性交場面が多く人格否定にあたる】......毎月、記録をもとに記事を書いてますが「人格否定」という言葉を使うのが好きな委員が複数いるのはなぜでしょう? おそらく、冒頭に収録された短編「贄」――人妻が、レズSMされた挙げ句に男女による緊縛3Pへ――という展開を見て、こういう意見を言ってるのでしょうが、どうも"SM=人格否定"という観念にとらわれている方が複数いるようにも見受けられます。

 一方で、物の見方の多面性を教えてくれるのは【作画そのものは過激とは言えない部類、表現方法(言葉など)も凌辱的とは言えない。しかし、傑作選とのこともあり、性描写の多さが全編にわたり、また、道徳的な観点からも内容的に指定該当とせざるを得ない】という意見です。これも本作を"指定該当"としているのですが、エロ重視の作品なのに「過激とは言えない」とは、マンガ家の立場に立つと敗北感が否めません。いや、もしかして相当のSMの手練れなのか......? などと、勝手な想像が広がります。

 同じく、マンガ家としては複雑な思いを抱きそうなのが、"保留"意見にある【絵柄も古く青少年の性的感情を著しく刺激するとも思えない】です。現役で活動しているマンガ家に「古い」という言葉は屈辱以外の何者でもないでしょう。これは佐野先生に同情したいところです。

 さて、今回特徴的なのは、"指定非該当"とする意見が結構な無理筋なものを含んでいることです。【人妻物であり、未成年が興味を持つとは思えない。また、局部が描かれることもない。未成年は緊縛物に興味などないのではないか】として"指定非該当"だと主張している委員がいるのですが、それはアナタがたまたま10代でSMものに出会わなかったか、興味がなかっただけではないかと......。いくらなんでも、個人の性嗜好が見えすぎです!

 さて、同じく"指定非該当"とする【全体的に性描写、擬音・体液はあるが局部は修整されており、ストーリー性もある】という意見は、かなり読み込んでいるようで好感です。でもね、やはり思うんですよ。この作品をわざわざ成年マークなしで出版するという冒険をする必要があったのか、と。

 読者の視点で考えると、とてもエロく実用性も高いと思います。けれども、成年マークがないゆえに、あらゆる描写が抑え気味だから物足りないんです。まあ、日本雑誌協会所属の大手出版社の一角である少年画報社としては、会社の顔もあるから成年マーク付きコミックを出すわけにはいかない、という事情もあるのでしょう(大手が成年マーク付きで出版するのは、それ自体がニュースになるほどレアなことです)。でも、そのために、別レーベルとして大都社(同じビルの入っている系列会社。伝統の三流エロ劇画誌「漫画ボン」の版元。こちらはマーク付きも時々出版している)があるのではありませんか? 
(文/昼間たかし)

今月の自主規制団体の声
【出典】東京都青少年健全育成審議会「自主規制団体からの聴き取り結果」より
http://www.seisyounen-chian.metro.tokyo.jp/seisyounen/pdf/09_singi/659/659siryou2.pdf

身体も心もボクのもの ~はじめてのSMガイド~

身体も心もボクのもの ~はじめてのSMガイド~

すごい“人格肯定感”のあるタイトル。

【今月の不健全図書レビュー】『縛-baku-』成年マークをつけて出せばいいのに...のページです。おたぽるは、マンガ&ラノベhentai不健全図書不健全図書レビュー佐野タカシ縛-baku-の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--

人気記事ランキング

俺も黒田悠斗さんみたいにマッチョになりたい!
「貧乳の日」なら私もツイートできるかな…

18歳未満閲覧禁止!!

ここから先のコンテンツには、Hでド変態な成人向けなコンテンツが含まれているから、18歳未満の方は閲覧しないでくださいね。

18歳以上のあなたは「進む」を選んで、楽しんでね。