命わずか『女体化専科』女体化の手段が新しすぎる!の画像1
『女体化専科』命わずか『女体化専科』女体化の手段が新しすぎる!の画像2
(命わずか/メディアックス)
(モザイクは当編集部によるもの)

 男性向けからBLまでを横断して活躍する、命わずかの新刊『女体化専科』(メディアックス)。あらゆる手段で「気がついたら美少女になっていた」展開へと引きずり込むTS(女体化)作品に、新たな手段を投入してきたことが注目ポイントである。

 これまで、TS作品の導入部である女体化の方法には薬品等々の実験系をはじめ、魂だけが憑依、皮=着ぐるみを着たら……など、定番ともいえる数々の手段が発明されてきた。そうした定番を超えた新たな手段が描かれるのは、収録される「女王様専科?」をはじめとした連作である。この作品、タイトル通り風俗店を舞台にした作品なのだが「性転換の扉へようこそ!」と書かれたドアをくぐると女体化するのである。

 どうせ空想でしかあり得ないのがTSだから、なんでもアリなのは当然だろうけど、これは新しすぎる女体化の手段であろう。とてつもなく強引な手段だが、そんな扉が用意されている理由は「S女の数が足らないから」。舞台になる店は、相当な人手不足(笑)なようで、店長自ら女体化して働いたりもしているという設定である。そんな設定で綴られる作品では「顔はほとんどかわってない」ヒロイン(?)が同級生たちに、本番禁止のルールを破って、喜んで輪姦されたりするのだ。

 元来、ニューハーフ好きには、まだ身体をつくっている最中で、身体が男っぽいほうが興奮するという人々もいるそうですが、男の要素が残っているからこそジェンダーを超えている興奮が味わえるのであろう。

 何より、男性向けだけでなくBLまで手がけている作家ゆえに、やたらと男性視点で女体化したことによる快感だけでなく心情的変化までを描ききっているのが、上手い。そんな手堅いストーリーを組み立てているというのに、後書きでは「何となくこれで自分なりの描き方をつかんだと思います」と、やたらと謙遜しているあたり、本当にプロ意識の高い描き手なのであろう。

 女体化ものでは、一大勢力となったメディアックスの作品群。これからは、どんな作品を出版してくるのかさらに期待だ。
(文=ピーラー・ホラ)

命わずか『女体化専科』女体化の手段が新しすぎる!のページです。おたぽるは、マンガ&ラノベTSメディアックス命わずか女体化女体化専科の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--

人気記事ランキング

『TRUE BLUE』『Canvas2』『こなたよりかなたまで』…ナイス選択!
きずぽんがかわいすぎるよ!一緒に乙女ゲーの話したいなぁ

18歳未満閲覧禁止!!

ここから先のコンテンツには、Hでド変態な成人向けなコンテンツが含まれているから、18歳未満の方は閲覧しないでくださいね。

18歳以上のあなたは「進む」を選んで、楽しんでね。