1504_otasapri.jpg
オタサーの姫に告られた結果wwwww公式サイトより。
(モザイクは当編集部によるもの)。

 マンガ家のみさくらなんこつ氏といえば、フタナリやら、あり得ない汁だくぶり、妙な言葉遣いなどなど、オカズとしての実用性から、描き出す物語までを含めて、評価の高いクリエイターである。みさくら氏の同人サークル「ハースニール」による、発表以来話題となっていたエロゲー『オタサーの姫に告られた結果wwwww』が、4月24日、いよいよ発売された!

 さっそくプレイしてみて、ようやく“オタサーの姫”の恐ろしさを実感したのである。

 舞台は「メディア研究部」という名のヌルヲタが集まるサークル。主人公の飯島尚樹は、そんなサークルにいるのに自意識高そうな男子。

 オタサーの姫がヒロインなのだから主人公はキモヲタかと思いきや、ここですでにひねりが効いているのがスゴイ! この主人公、ラノベやアニメの感想をブログに綴り、内心ではサークル仲間のキモヲタたちを下に見ているのである。絶対コイツ、Twitterとかで若手の論客にクソリプを送りまくってる。

 そんなサークルの紅一点、オタサーの姫が「ミユミユ」こと、本田美憂。部室で男子たちがエロゲーの話をしていたら「私、ハードなのも好きだよ」とか恥ずかしげに言っちゃう、こざかしすぎる姫である。尚樹はミユミユから告白され、付き合うことになってしまう。その後色々あって、些細なことから飲み会でサークルの男子と喧嘩になってしまうミユミユ。男子たちを尻目に、通りがかりのチャラ男に持ち帰られてしまうのであった。それを機に、男どもはブチ切れ、姫を肉便器にしちゃう――というのが、物語の大筋である。

 プレイの1周目は、ちょっとキャラの濃い凌辱ゲーというスタイル。しかし、このゲームの本当の怖さがわかるのは、2周目からなのである!

 2周目より登場するのが、「最悪!裏アカ流出システム」。これは、ゲームの要所要所で表示されるミユミユのTwitterの裏アカと、主人公・尚樹の日記を通して、人々の本性を垣間見ながらプレイできるシステムなのだ。

 尚樹に告白しておきながら、裏アカでは尚樹のことを指して「絶対、いじめられてたよねー」と毒づくわ、最初のセックスでラブラブした後に「どうていだとは思っていたけど、女友達とかもいたことないなああのようすだと。わらー。」と、言いたい放題。しかも、輪姦された後も「すごい体験しちゃったなー」と、まったく堕ちている様子がない!

 対する尚樹の日記は「彼女を守らなきゃ……」と次第に一人で盛り上がっていて、めんどくさい意識高い系ヲタの本性を見せてくれる。

 公式サイトの「キャラ紹介」でも、登場キャラにカーソルを当てると、本音の人物紹介――ミユミユの場合、「家が貧乏」とか「昔レイプされた」とか――が表示されるので、プレイ前にじっくり読んで盛り上がりたいところ。

 すべての登場人物がリアルに存在しそうだけど、なるべく知り合いたくないタイプ。『オタサーの姫に告られた結果wwwww』は、「やっぱり“オタサーの姫”は遠くから観察して楽しむものだ」と実感する作品だ。まぁ、姫とセックスできる機会があれば、喰っちゃいますけどね!
(文/ピーラー・ホラ)

■『オタサーの姫に告られた結果wwwww』
http://www.ren-ga.co.jp/hn/game07/

2周目から本当の怖さがわかる、話題のエロゲー!『オタサーの姫に告られた結果wwwww』をプレイのページです。おたぽるは、ゲームみさくらなんこつオタサーの姫に告られた結果wwwwwセックスハースニール凌辱ゲーの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--

人気記事ランキング

最近のセクシー女優さんはみんなキレイでカワイイよな!!
『銀魂』も面白かったけど『斉木楠雄のΨ難』もすごーく面白かったよ!

18歳未満閲覧禁止!!

ここから先のコンテンツには、Hでド変態な成人向けなコンテンツが含まれているから、18歳未満の方は閲覧しないでくださいね。

18歳以上のあなたは「進む」を選んで、楽しんでね。