1411_haretoki1.jpg
『晴れときどきお天気雨』より。

“萌え”から“泣き”“凌辱”まで、ジャンルを限定することなく、さまざまな作品に挑戦し続けるブランド「ぱれっと」の名作『晴れときどきお天気雨』のDL版がリリースを開始している。

 6月に発売された最新作『恋がさくころ桜どき』も話題の「ぱれっと」だが、『晴れときどきお天気雨』はブランドの評価を特に高めた感動系作品として、現在でも多くのユーザーが名作に挙げる作品だ。

1411_haretoki2.jpg
『晴れときどきお天気雨』より。
1411_haretoki4.jpg
『晴れときどきお天気雨』より。
1411_haretoki6.jpg
『晴れときどきお天気雨』より。
1411_haretoki7.jpg
『晴れときどきお天気雨』より。

 物語の舞台は、人間と神様が共存する御凪(みかなぎ)町。そんな街で暮らす主人公・春日井祐也は、車椅子の妹・なずなとのふたり暮らし。学園では生徒会の副会長も務めて懸命に暮らす祐也だが、無愛想という欠点も持っていた。

 そんな町にやってきた新たな神様。歓迎ムードの中で現れたのは、まだ花びらを降らせるか、空を飛ぶしかできない新米神様・稲乃神香奈恵だった。学園に転入してきた香奈恵の面倒をみることとなった祐也。しかし、香奈恵は神様だというのに、勉強も運動も苦手で、寝坊が得意という完全なドジっ娘だった。

 この作品は、そんな人間味溢れる神様をヒロインに据えて描かれる感動の青春物語なのである。

 ヒロインと共に成長するという青春の王道に、神様という要素を加えて“萌え”をレベルアップさせた名作中の名作をぜひ体験してほしい!

1411_haretoki3.jpg
『晴れときどきお天気雨』より。
1411_haretoki5.jpg
『晴れときどきお天気雨』より。
1411_haretoki8.jpg
『晴れときどきお天気雨』より。

購入・ダウンロードはこちらから

1411_haretoki_pkg.jpg

■『晴れときどきお天気雨』
対応OS:Windows Vista/7/8
ジャンル:AVG

――この街に【神様】がやって来る。主人公・春日井祐也の暮らす小さな街は、そんな噂で持ちきりでした。とはいえ、別にそれほど珍しい話ではありません。一説によれば、全国に一万人近くの【神様】がいると言われているこの世界――。不思議な力を持つだけで、普通の人とほとんど変わらない【神様】達は、その『奇跡』の力を活かして物の怪退治みたいなお仕事をあちらこちらでやっているのです。

 それでもやっぱり【神様】は【神様】です。頼めば 『願い事』 を叶えてくれるという話もあって、小さな街は歓迎ムードで盛り上がっていました。駅前で新しい【神様】をお出迎えするというイベントに、祐也も参加していました。祐也の場合、歓迎しているからというよりは【神様】が転校してくる予定の学園の、生徒会の役員だからという理由だけなのですが――

――ともあれ、ついに【神様】は姿を現します。駅の改札口からではなく、何故か空高くから、祐也の頭の上にパンツも丸見せで落ちてくるという格好で。かくして始まったのは、新米の頼りないドジっ娘 ‘神様’ と、ちょっぴり無愛想な少年の、おかしな関係。

「……願い事って、どうやって叶えるんでしょう?」

購入・ダウンロードはこちらから

これが本当の“神の愛”か!? ジャンルレスに名作を輩出する「ぱれっと」不朽の名作『晴れときどきお天気雨』のページです。おたぽるは、ゲーム晴れときどきお天気雨の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--

人気記事ランキング

コスプレイヤーさんってなんでみんなエロいんだろ…
『メアリと魔女の花』はもう観た?

18歳未満閲覧禁止!!

ここから先のコンテンツには、Hでド変態な成人向けなコンテンツが含まれているから、18歳未満の方は閲覧しないでくださいね。

18歳以上のあなたは「進む」を選んで、楽しんでね。