ホラーレベルの『ドラえもん』に子どもも号泣!? 「目がイっちゃってて怖すぎる!」の画像1
テレビ朝日「ドラえもん」公式サイトより

 9月14日放送の『ドラえもん』(テレビ朝日系)で、“ドラえもんが怖すぎる”と話題に。国民的人気アニメのドラえもんに一体何が起こったのか? その内容を詳しく紹介していこう。

 話題になったのは前半に放送された「ドラえもんの歌」。ある日、ジャイアンがリサイタルを開くと言い出し、「これは人類の緊急事態だ!」とドラえもんはひみつ道具を取り出そうとする。だが、四次元ポケットを探してもお目当ての道具が見つからず、22世紀まで取りに行くことに。

 先にリサイタルに参加することになったのび太だったが、終了したかと思った矢先、スネ夫が「ジャイアンならすぐにでも歌手になれるよ!」と褒めたばかりに、後1時間ほど歌を歌うと言い出したジャイアン。

 しかし、そこでドラえもんが“どんな大声も音を消してしまう”という『音消しマイク』を持って現れる。だが、ジャイアンに渡そうとしたその時、コケて口の中に何かが入ってしまう。それでも、無事にマイクを渡すことに成功し、みんなはジャイアンの歌声から解放されるのだった。

 ところがその帰り道、今度はドラえもんが歌いたいと言い出す。しかも、歌ってみるとジャイアンよりもひどい。それになんだか喋り方も態度もいつものドラえもんと違うみたいだ。

 ジャイアンに「やめろ~!」と言われると「芸術の分からないやつは人間じゃない!」と暴言を吐く。それに、リサイタルを開くことをのび太に止められた時には、牙を剥き出しにして怒り、「みんな聞きにくると言ってた。君は~?」と凄んだ顔で脅しをかけた挙句「行く」と返事をもらうと、気味の悪い笑いを浮かべてニヤリ。

 このドラえもんの豹変ぶりに視聴者からは「芸術を理解できないやつは人間じゃないとか言いすぎだろ」「子ども泣くわ!!!!」「今日のドラえもん……なんか怖いんだけど……」と怯える声が続出。

 それに、ドラえもんの目がやたらと怖い。焦点があっておらず、言ってみれば“イッっちゃった目”をしているのだ。そのため「今日ドラえもん怖い。狂気感じる」「目がいっている」「ドラえもんこわ、ホラーやん」「ドラえもんの目が怖い、恐い、コワイ!」「ドラえもん狂気の塊すぎた怖い」と恐怖におののく視聴者が相次いでいた。

 その後、暴走したドラえもんは、夜になるとひみつ道具を使って町の住民を空き地に呼び出し、リサイタルを決行。そこにのび太が未来から玄孫のセワシを連れて登場し、大人しくさせることに成功。

 帰ってからドラえもんを調べてみると、ドラえもんの頭の中におかしな影を発見。取り出してみるとそれはなんと“松虫”。電子頭脳に入り込んで、ドラえもんをおかしくしていた原因だった。

 今年の記録的な猛暑から、少しは涼しくなり秋の気配を感じてきた週末。松虫も秋の到来を告げる代表的な虫の鳴き声だが、今回はホラー要素が多すぎて違った意味で“夏の終わり”を感じさせる話になったようだった。

(ライター/アーヤカ・凛)

ホラーレベルの『ドラえもん』に子どもも号泣!? 「目がイっちゃってて怖すぎる!」のページです。おたぽるは、アニメ作品レビューの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -

人気記事ランキング

PICK UP ギャラリー
写真new
写真
写真
写真
写真
写真

ギャラリー一覧

ところで新商品を見てくれ こいつをどう思う?
ところで新商品を見てくれ こいつをどう思う?
俺も黒田悠斗さんみたいにマッチョになりたい!
「貧乳の日」なら私もツイートできるかな…