『ちびまる子ちゃん』原作者・さくらももこさんが死去 漫画では『ちびしかくちゃん』が遺作にの画像1
さくらももこの公式ブログより

『ちびまる子ちゃん』で知られる、漫画家のさくらももこさんが8月15日、乳がんのために死去していたことが分かった。27日夜、さくらプロダクションがさくらももこの公式ブログなどで発表した。53歳だった。通夜・告別式などは、親族および近親者のみで執り行われたという。

さくらももこは、平成30年8月15日午後8時29分、乳がんのため永眠いたしました。(享年53)
これまで温かい応援をして下さったファンの皆様、お世話になりました関係者の皆様に深く感謝致しますとともに、ここに謹んでご報告申し上げます。

 1984年に漫画家デビューしたさくらももこさん。訃報には、漫画家デビュー30周年を迎えた際のさくらさんの言葉が紹介されている。

「30年間、良い事も大変な事もいっぱいありましたが、私は作家としてとても幸せな月日を送らせていただいています。感謝にたえません。」(『さくらももこの世界展』「デビュー30周年を迎えて」より抜粋)

『ちびまる子ちゃん』が掲載された、集英社「りぼん」編集部の相田聡一編集長も、公式サイト上で追悼コメントを発表した。

さくらももこ先生の突然のご訃報に際し、心よりお悔やみを申し上げると共にご冥福をお祈りいたします。

「りぼん」1986年8月号より連載開始した「ちびまる子ちゃん」は、たぐいまれなギャグセンスと、親近感あふれる登場人物、そして彼らへ注がれる眼差しの温かさが魅力で、瞬く間に一雑誌の枠を越える大人気作品となりました。その誕生の舞台となったことは、編集部の大きな喜びです。

このたびの早すぎるご逝去を惜しむ気持ちに終わりはありませんが、まるちゃんとその仲間たちの明るい笑顔は、子供から大人まで、読者の皆様の心の中で、いつまでも変わることなく輝き続けます。

さくらももこ先生、ありがとうございました。

 なお、フジテレビは放送中のTVアニメについて「今後も変わらず放送を続けてまいります」としている。

『ちびまる子ちゃん』をはじめとする漫画作品をはじめ、エッセイストや作詞家など、幅広い活躍をしていたさくらさん。漫画作品では、『ちびまる子ちゃん』のセルフパロディ作『ちびしかくちゃん』が遺作となった。

『ちびまる子ちゃん』原作者・さくらももこさんが死去 漫画では『ちびしかくちゃん』が遺作にのページです。おたぽるは、漫画マンガ&ラノベの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -

人気記事ランキング

PICK UP ギャラリー
写真new
写真
写真
写真
写真
写真

ギャラリー一覧

ところで新商品を見てくれ こいつをどう思う?
ところで新商品を見てくれ こいつをどう思う?
俺も黒田悠斗さんみたいにマッチョになりたい!
「貧乳の日」なら私もツイートできるかな…