『ゲゲゲの鬼太郎』が『ワンピース』と互角の視聴率! 『ドラゴンボール超』より好調の要因とは?の画像1
TVアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」公式サイトより。

 株式会社ビデオリサーチのウェブサイトで、6月11日~6月17日のアニメ視聴率ランキングが発表された。

 1位は12.0%を記録した『サザエさん』(フジテレビ系)。2位は8.1%の『ちびまる子ちゃん』(フジテレビ系)、3位は7.6%で『名探偵コナン』(日本テレビ系)、4位は7.5%で『クレヨンしんちゃん』(テレビ朝日系)、5位は6.6%で『ドラえもん』(テレビ朝日系)と続いている。

 そして注目なのが、5.4%で同率6位にランクインした『ゲゲゲの鬼太郎』と『ワンピース』(ともにフジテレビ系)。同じ局でアニメ番組が連続して放送される場合、どうしても後ろの番組の方が高い視聴率になりがち。そんな中、朝9時から放送の『ゲゲゲの鬼太郎』が朝9時半から放送の『ワンピース』と互角の戦いを繰り広げているのだ。

『ゲゲゲの鬼太郎』の前番組であった『ドラゴンボール超』(フジテレビ系)は、全くといっていいほど『ワンピース』に勝てなかった。最終回であっても1.0%近く差をつけられたほどだ。視聴率だけで見ると、アニメ人気に関しては『ドラゴンボール超』より『ゲゲゲの鬼太郎』が上かもしれない。

 なぜ、『ゲゲゲの鬼太郎』がこんなにも好評なのだろうか。今作は6回目となるアニメ化だが、昔のマンガを上手く現代風にアレンジしていると評判。例えば第1話では初っ端から“迷惑ユーチューバー”が登場した。第7話ではブラック企業の社長が、第9話ではブラック企業で働かされる河童たちが描かれている。どれも現代の風刺的なストーリーとなっており、大人の視聴者からも評価が高い。

 また、ねこ娘が超絶に可愛くなっているのもポイントだろう。ねこ娘は『ゲゲゲの鬼太郎』の第4期まで全く可愛くない、どちらかというとブサイクな設定だったが、第5期に突如美少女化。そして第6期はモデルのようにプロポーションも抜群となり、もはやねこ娘の面影が無いまでの可愛らしい女性に。

 一部ではこの美少女化に否定的な意見があったものの、放送がはじまるとネット上では「ねこ娘のためにアニメ見てる」「ねこ娘が可愛すぎて視聴継続決定」「今期のねこ娘は色々捗りますね」と、すぐに視聴者の心をつかんだようす。Twitterでは、ねこ娘のファンイラストが多数投稿されているなど、二次創作に関しても盛り上がりを見せている。

 風刺ネタや美少女・ねこ娘など、どちらかというと今期の『ゲゲゲの鬼太郎』は大人向けのアニメなのかもしれない。今後はどんな展開で大人の心をつかんでくれるのだろうか。

『ゲゲゲの鬼太郎』が『ワンピース』と互角の視聴率! 『ドラゴンボール超』より好調の要因とは?のページです。おたぽるは、アニメアニメ業界事情ねこ娘ゲゲゲの鬼太郎ドラゴンボールドラゴンボール超ワンピースの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
南梨央奈「オナニーの日」に30分で何回イケるのかにチャレンジ!! 昨年打ち立てた「18」回の記録更新なるか? そして、さらに衝撃発言も……new
乙葉ひまりのロリロリなつるつるおっぱいを隠すのは絆創膏のみ! ロリ可愛い“ほぼ”裸エプロン姿がやばい!
蒼井まや「制服を脱ぐのがまたいいんです(笑)」 念願のグラビアで制服を脱ぎ脱ぎ!!
佐倉絆が「オナニーの日」にちなんで“大人のおもちゃ”で遊ぶ! 流石AV業界きってのおもちゃコレクター!
田中みかのセクシーボンデージ姿が攻めすぎ!! ほぼ全裸な肌色多めのショットが刺激的
益坂美亜が腕ブラ&バニーで悩殺ショット!! 隠しきれないのはおっぱいだけではなく……

ギャラリー一覧

ところで新商品を見てくれ こいつをどう思う?
ところで新商品を見てくれ こいつをどう思う?
俺も黒田悠斗さんみたいにマッチョになりたい!
「貧乳の日」なら私もツイートできるかな…