『モンキーピーク』『マシラ』猿によるパニックホラーマンガをたて続けに紹介したが、アニマル・パニックホラーまだまだ無数に存在する。

 その中でも、かなりユニークな作品に入る『暴虐のコケッコー』を今回は紹介しよう。なんともコミカルなタイトルだが、モンスターとなる動物は、なんと“鶏”である。

 まずは第1巻のあらすじを引用しよう。

----------
 自分を捨てた父、私利私欲にまみれた施設園長など、大人の全てにウンザリしている児童養護施設の最年長・猿児 悠。


 そんな彼の夢は、施設を買い取り、みんなと幸せに暮らすこと。その目標に向かい就職を決め、迎えた高校卒業式。

 だがその日から世界は一変、大人達が巨大ニワトリに姿を変え、子供達を襲い始めたのだ! 悠は子供達を、夢を守り抜けるのか!?
----------

 モンスターとしての“鶏”が登場するだけでも、なんだかマヌケでコミカルなのだが、『暴虐のコケッコー』の度肝を抜く設定は、“鶏”は人間の大人が変化したものということだ。

 ゾンビになるではない。巨大な“鶏”になってしまう。

 設定だけ考えると、B級ホラー臭がプンプンする。なぜ大人たちだけが、巨大な鶏になってしまったのか。それなりの設定を仕込まないと、ただのトンデモ設定となってしまう可能性が極めて高い。しかし、まだ2巻しかリリースされていないので、理由は明かされていない。今後どんな理由が付けられるのか、それも『暴虐のコケッコー』を読む楽しみのひとつとも言えよう。

 さて、ホラーである以上、怖いマンガであることにはまちがいはない。『暴虐のコケッコー』はそのコミカルなタイトルに反して、描写は非常にグロい。巨大鶏たちは、人間を食らうのである。食人猿ならぬ食人鶏というわけだ。しかも脳みそがお好み。巨大で硬い嘴で人間の脳天を突つき、そこから脳みそをついばむ。

 鶏たちは群れをなし、子供たちを食い散らかそうと襲い掛かるわけで、そういった点では恐怖の楽しみ方は、ゾンビマンガとほぼ同じといえよう。主人公たちは短時間の間に、命の危険にさらされながら、安全と危険が何度も繰り返される。その間に生まれる仲間の不和や、邪魔者の介入など、鶏以外の部分での恐怖も彩られていく。

 一点気になるのが、主人公のキャラクターだ。『暴虐のコケッコー』には仲間・家族との絆が裏テーマに添えられていて、主人公はやたらと正義感が強い。少しうざいくらいに明るく、熱血漢だ。

 こういったキャラは、あまりにも描写が濃すぎると滑稽に思えてしまう。第2巻で登場する、あるキャラクターが殺された小学校の教室のシーンが良い例だ。お涙頂戴を狙ったシーンなのかもしれないが、殺されたキャラクターの登場が唐突で、読者が感情移入できないうちに主人公の感情が沸騰してしまった感があり、主人公が熱くなればなるほど冷笑してしまうような滑稽さが感じられる。その主人公との温度差を楽しむのも『暴虐のコケッコー』の魅力なのかもしれないが。

 今後、どう物語が決着していくのか。第3巻を楽しみに待とう。
(文=Leoneko)

【ダウンロードはこちらから!】

『暴虐のコケッコー』どこかコミカルな雰囲気を漂わせつつもグロ全開のアニマル・パニックホラー!の画像2

暴虐のコケッコー 1
ページ数:195ページ
筆者:須崎洋輔
出版社:講談社

初恋心中

初恋心中

こちらはホラーじゃありません

『暴虐のコケッコー』(須崎洋輔)どこかコミカルな雰囲気を漂わせつつもグロテスクなアニマル・パニックホラー!のページです。おたぽるは、マンガ&ラノベ漫画グロテスクゾンビパニックホラーホラーマンガマシラ ―殺戮の村―モンキーピーク暴虐のコケッコー須崎洋輔の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
蝶月真綾がセクシーすぎるウェディングランジェリー姿を披露!! 「仕事中に思わず見惚れてしまった」ほどのエロさnew
澁谷果歩“ニップレスで隠せない”ことを告白 エッチな英単語と共にニップレス姿を大公開
真白ここがHカップおっぱいを「むにむにぱくぱく」!! 揉みまくる動画が50RTされれば次は「すりすり」?
玉木くるみがエロキュートすぎるニップレス姿を披露! Gカップおっぱいが露出しまくり
凛音とうかのIカップ美巨乳が陶器のような美しさ…! 「素敵なお胸」「形が素晴らしい」
星宮あかり、撮影後にエロ可愛い自撮りを公開! 色気たっぷりの手ぶらショットがセクシー!!

ギャラリー一覧

ところで新商品を見てくれ こいつをどう思う?
ところで新商品を見てくれ こいつをどう思う?
俺も黒田悠斗さんみたいにマッチョになりたい!
「貧乳の日」なら私もツイートできるかな…