2月25日に29回目の誕生日を迎えた声優の花澤香菜。3月1日に放送されたラジオ『花澤香菜のひとりでできるかな?』(文化放送 超!A&G+)では、花澤の誕生日を記念して「健康度チェック」が行われた。

 本当は「人間ドックに行きたくて仕方がなかった」という花澤。とりあえず今回は、スタジオ内で行える健康チェックを構成作家の坂本尚文氏と対決する形で行うことに。対決で負けたら、勝った人に足つぼを押されるという罰ゲーム付きだ。

 まず行なったのは「反復横跳び」。花澤は、2016年にシャープのスマートフォン「AQUOS」のWEBCMに出演した際にも、反復横跳びに挑戦している。だが、どうみても花澤のそれは反復横跳びではなく、「可愛いけどおかしい」と話題に。のちに花澤はラジオで「これが反復横跳びだと自信を持ってやっていた」と話している。今回はラジオなので、ちゃんと飛べているか、リスナーは確認できなかったが、どうやらできていたようだ。

 だが、飛んだ回数は坂本氏が上回り、花澤は罰ゲームを受けることに……。「首がすっごい痛い」という花澤に、首に効く足つぼを押してみると、花澤は「いっだああああああい!」と悶絶。痛さのあまり、坂本氏に「痛いな、この野郎!」「バカ野郎!」とキレるほど。

 番組ではほかに「長座大前屈」「ペットボトルバランス(片足立ちをして上げている足の太ももにペットボトルを置いて静止)」「骨盤チェック」に挑戦した花澤と坂本氏。反復横跳び以外は花澤がすべて全勝という結果に。この結果に「29歳も健康で頑張っていきたいと思います」と意気込みを見せていた。

「ペットボトルバランス」中には、ジーパンのポケットが多いため不利になっている坂本氏に対し、花澤が「いいよ、パンツになっても」「別にいいよ、私は」と大胆な発言をする一幕も。坂本氏は「(リスナーの)メールが怖い!」と拒否したが、これには「問題発言ですかなちゃんwww」「花澤香菜にいいよパンツになってもって言われたい人生だった」という声がリスナーから上がっている。

 エンディングでは、坂本氏の提案で、なぜか足つぼを押されることになった花澤。咳き込んでしまったことから、気管に効く足つぼを押されることになり、「あ゛ーー! 痛い痛い痛い」「マジで痛い」と悶絶して終わり、というシュールなエンディングだった。

花澤香菜が『ひとかな』で反復横跳びに再挑戦! 足つぼマッサージが痛すぎて「痛いな、この野郎!」とブチギレ!?のページです。おたぽるは、声優アイドル&声優の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -

人気記事ランキング

PICK UP ギャラリー
写真new
写真
写真
写真
写真
写真

ギャラリー一覧

ところで新商品を見てくれ こいつをどう思う?
ところで新商品を見てくれ こいつをどう思う?
俺も黒田悠斗さんみたいにマッチョになりたい!
「貧乳の日」なら私もツイートできるかな…