3月1日発売の「週刊ヤングジャンプ」13号(集英社)にて、『サムライうさぎ』で知られるマンガ家・福島鉄平の新作『ボクらは魔法少年』の連載(月1連載)がスタートした。

『ボクらは魔法少年』は、いわゆる“男なのに、変身したら魔法少女になっちゃった”マンガだ。主人公の小田桐カイト(11)は、ひょんなことから“魔法少年”の力を得て、ピンクでフリフリの可愛すぎるコスチュームに変身。街の平和を守る正義の味方になる。

「ショタ」に「女装」と聞くと、福島鉄平の短編マンガ『アマリリス』(“へんたいのおじさん”に売られた少年が女装して“おとなのみせ”で働く中、親友の少年に想いを寄せる作品)を思い出すが、同作が心に刺さった人は『ボクらは魔法少年』もきっと刺さるハズだ。とにかく本作に登場する魔法少年は可愛すぎる。ネットでも本作は早速話題を集めていて、「女装ショタ好きにはたまらん」「最高だった」「可愛すぎる」と好評だ。

 元が男性の魔女っ子はさまざまな作品で描かれていて、最近だと、遠藤浅蜊のライトノベルが原作のアニメ『魔法少女育成計画』にも、元が男性の魔女少女が登場。マンガ『俺とヒーローと魔法少女』(ほるぷ出版)もそうだ。これらとはやや毛色が違うが、4月からTVアニメの放送が決まっている『魔女少女俺』では、女性の主人公が魔法少女に変身するも、魔女少女の格好をした筋肉隆々の男になってしまう。

 この手の作品では、魔法少女になることを恥じらったり、受け入れられない主人公の姿が描かれることが多い。『ボクらは魔法少年』もそうで、「カッコイイこと」に強い憧れを持つ小田桐カイトは、ピンクでフリフリな魔法少年の格好を最初はとにかく嫌がる。だが、魔法少年が着るスーツは、魔法少年として自信や誇りを持たないと、真の力を発揮できない。カッコイイものが好きな主人公が、可愛いさしかない“魔法少年”をどう受け入れていくか、その中で彼にどのような変化があるのだろうか。

 男性魔女っ子作品は、元が男性でも「魔法少女」と言い切るパターンが多いが、本作では「魔法少年」に徹している。これにどのような意図があるのか、今後の展開が楽しみな作品だ。

こども・おとな

こども・おとな

ショタみ~~~~

福島鉄平の新作『ボクらは魔法少年』の連載スタート! “女装ショタ”好きに「どストライク」すぎると好評のページです。おたぽるは、マンガ&ラノベ漫画ショタボクらは魔法少年俺とヒーローと魔法少女女装福島鉄平魔女少女俺魔法少女魔法少女育成計画の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--

人気記事ランキング

PICK UP ギャラリー
川越ゆいが「キスの日」にちなんで、唇がエロく強調された写真を公開……するも、どうしてもFカップおっぱいに目が行ってしまう!!new
若月まりあが「童貞を殺すセーター」を着てみたものの、セーターの割れ目からおっぱいがひょっこりはん!!
原満莉菜が全国のムニムニ好きのために、Eカップおっぱいをムニムニ! 朝から刺激が強すぎる!!
中野ゆきみが白くてもちもちな身体をあみあみタイツで包む! 水着姿より「刺激が強すぎる」!?

ギャラリー一覧

俺も黒田悠斗さんみたいにマッチョになりたい!
「貧乳の日」なら私もツイートできるかな…