1973年に放送がスタートしたフジテレビ系の子供向け番組『ひらけ!ポンキッキ』の後継番組である『ポンキッキーズ』(BSフジ)が今年の3月いっぱいで打ち切りになると、2月13日発売の「女性自身」(光文社)が報じた。

『とんねるずのみなさんのおかげでした』や『めちゃ×2イケてるッ!』といった看板番組の終了を決めるなど、大規模な改変を行っているフジテレビ。『ポンキッキーズ』もその例外ではなく、低視聴率が続いていたことなどを理由に“打ち切り”の対象に入ってしまったという。同誌が番組制作を担当するフジテレビの子会社「フジテレビKIDS」に確認したところ、「たしかに番組は3月で終わります」と事実を認めた。ただ、「BSフジ」側は「現段階で番組終了は決まっていません」と打ち切りを否定しており、現場が混乱している様子がうかがえる。

 今年で45周年を迎える『ポンキッキーズ』。スチャダラパーの楽曲が原曲の「Welcome to Ponkickies」やコニーちゃんの「ジャカジャカジャンケン」、また『学校のコワイうわさ 花子さんがきた!!』、爆笑問題の『爆チュー問題』といった人気コーナーを思い出す“元子供”も多いだろう。その中でも、番組初期から登場している「ガチャピン」と「ムック」は誰もが知る国民的キャラクターだ。

 同誌は、番組打ち切り後のガチャピンらの進退についても言及している。記事タイトルには「ガチャピン」「相方ムックと泣いた!」「非情のリストラ」とあるが、番組関係者いわく「番組自体が終わっても、ガチャピンやムックが消えるわけではない」という。「フジテレビKIDS」にとって、ガチャピンとムックの版権は貴重な収入源であり、今後はグッズ販売やイベント出演といった形で彼らに会えるというのだ。

 だが、ネット上では番組の放送が終わってしまうことで、人気コーナー「ガチャピン・チャレンジ」が見られなくなってしまうのでは、と悲しむ声が多い。「ガチャピン・チャレンジ」では、ガチャピンがスキージャンプやモーグル、ドリフトやモトクロス、スキューバダイビングやサーフィン、プロレスやロッククライミングに挑戦し成功。2008年にはヒマラヤ山脈の登頂に成功している。ガチャピンのチャレンジ精神と身体能力の高さを世に知らしめたコーナーなだけに、終了を惜しむ声が上がっている。

 ネットには「次のチャレンジは再就職か」という声もあるが、ガチャピンはムックと共にアプリゲーム『グランブルーファンタジー』など、さまざまな企業や商品とコラボしているので“当面の仕事先”については問題ないと思われる。

『ポンキッキーズ』打ち切りにガチャピンどうなる!? 「ガチャピン・チャレンジ」の「次のチャレンジは再就職?」のページです。おたぽるは、芸能アイドル&声優の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -
PICK UP ギャラリー
写真new
写真
写真
写真
写真
写真

ギャラリー一覧

ところで新商品を見てくれ こいつをどう思う?
ところで新商品を見てくれ こいつをどう思う?
俺も黒田悠斗さんみたいにマッチョになりたい!
「貧乳の日」なら私もツイートできるかな…