『なつまち』『ニパ子ちゃん』グッズ付きオプションも受付中

 グランフォンドKOMORO実行委員会は、2018年5月13日(日)、アニメファンのための自転車山岳ロングライドイベント「グランフォンドKOMORO2018」を信州青少年の家を起点に浅間山麓にて開催することが分かった。

 2017年から開催された「グランフォンドKOMORO」は、小諸エコビレッジを起点に軽井沢、嬬恋、東御などの浅間山麓を1周する距離100Km、獲得標高2,270メートルの本格的な山岳ロングライドイベント。昨年は、ゲストライダーとして、アニメ『ろんぐらいだぁす!』のエンディングテーマ「ハッピーアイスクリーム!」の作詞作曲を務めた影山ヒロノブが参加したほか、当日ゲストとして歌手の水木一郎、前日祭のゲストとして声優の東城咲耶子が訪れ、イベントを盛り上げた。

1.jpg昨年は、声優の東城咲耶子も参加

 今年は、昨年の220人の定員から規模を大幅に拡大し350人に。さらに大勢のライダーたちが浅間山の織りなす厳しい坂道を激走する。メインコースでは、昨年よりも10キロあまり距離が短くなった代わりに、獲得標高が約100メートル上がったほか、小諸から御代田、軽井沢、長野原、嬬恋、東御を通って浅間山を1周する、距離80キロ・獲得標高1,790メートルのショートコースが新設される。

 また、昨年に引き続き、小諸を舞台にしたさまざまなアニメやマンガ、キャラクターとコラボ。アニメ『ろんぐらいだぁす!』『あの夏で待ってる』のほか、「初音ミクGTプロジェクト」が手がけるレース仕様の初音ミク『レーシングミク2018Ver』や、ニッパーを擬人化したコミック『究極!ニパ子ちゃん』といったキャラクターの特典グッズ(Tシャツ、ゼッケン、専用達成表)が手に入るオプション参加枠(各タイトル:5,000円)も設定。アニメファン・自転車ファンたちの参加を待ってるぞ。

■小諸を舞台にしたアニメ・漫画

 アニメ『あの夏で待ってる』では、懐古園や相生町商店街、乙女駅周辺、布引山釈尊寺、ほんまち町屋館などの小諸の名所を舞台に2012年に放映された。いまだに多くのファンが「聖地」として訪れている。小諸市でも観光協会、フィルムコミッション、小諸商工会議所などによって「なつまちおもてなしプロジェクト」を設立し、ポスターなどのオリジナルグッズの企画や、市立小諸高原美術館にて「あの夏で待ってる2015展」を開催している。

 一方、2012年から『月刊コミックREX』(一迅社)で連載されており、2016年にはアニメ化もされた自転車のロングライドを題材にした作品『ろんぐらいだぁす!』では、小諸市観光案内所、六供地区周辺、菱野温泉などが舞台となっている。市立小諸高原美術館では2017年4月に、アニメ原画や制作資料、原作コミックの複製原画を展示する『ろんぐらいだぁす!展 in KOMORO』を開催している。

●開催日
2018年5月13日(日)
●募集期間
2月16日(金)~4月16日(月)
※オプション申し込みは、~3月15日まで。
●参加費
10,000円
※保険料、完走証込み
●オプション追加費
各タイトル5,000円
※Tシャツ、ゼッケン、専用達成表のついた特典付き。
※キャラクター、アニメの種類は『ろんぐらいだぁす!』『レーシングミク2018Ver』『あの夏で待ってる』『究極!ニパ子ちゃん』。全タイトルのグッズが手に入る「オールオプション」は参加費込で30,000円。
●制限時間
10時間
●定員
350人
●参加資格
中学生以上
※中学生は保護者の同意が必要

<タイムスケジュール>
◆2018年5月12日(土)
11:00~17:00 サイクリングフェスティバルあさま MODE ANIMATION 前日祭
13:00~18:00 大会受付(信州青年の家)
※受付は前日のみ

◆2018年5月13日(日)
6:00  会場オープン
6:30  開会式
7:00  スタート
17:00 ゴール受付終了

『ろんぐらいだぁす!』『あの夏で待ってる』の聖地・信州小諸で“ガチ”な自転車ロングライド 「グランフォンドKOMORO2018」開催のページです。おたぽるは、リリース情報ホビーの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -

人気記事ランキング

PICK UP ギャラリー
写真new
写真
写真
写真
写真
写真

ギャラリー一覧

ところで新商品を見てくれ こいつをどう思う?
ところで新商品を見てくれ こいつをどう思う?
俺も黒田悠斗さんみたいにマッチョになりたい!
「貧乳の日」なら私もツイートできるかな…