和風メタルバンド…いや、戦国バトルメタルバンドAllegiance Reign!外見以上にガチな人たちだった!!の画像1

Allegiance Reign
葉瀬川智也・佐々緋鞘・矢城山武義・阿弥歌澄(L to R)

 X Japanのドキュメンタリー映画『We are X』のBlu-Ray&DVDが昨年発売されたが、ドキュメンタリー映画としてはかなりの売れ行きだという。

 その要因として、X Japanというあまりにもビッグすぎるバンドを扱っているということもあるが、そもそものドキュメンタリー内容が素晴らしく、熱心なファンの心に刺さったということもあるだろう。

 リーダーであるYoshikiは、昨年末の紅白歌合戦で衝撃的なドラマー復帰姿を名曲「紅」で披露した後、ひとりでお正月番組にもいくつか出演していた。

 YoshikiないしX Japanといえば、言わずと知れたヴィジュアル系ロックバンドの元祖だ。過激な化粧とパフォーマンスをスラッシュメタルやパワーメタルという音楽に融合させ、またクラシックを大胆に導入した壮大さで日本のロックバンドの頂点に君臨した。その後、音楽性は異なれど、外見的にはX Japanの影響を色濃く受けついたバンドが次々に生まれ、それがヴィジュアル系となって、今日に至るわけだ。

 さて、そんなヴィジュアル系とは異なるが、日本のインディーズメタル界に非常に外見に特徴のあるメタルバンドが誕生した。その名も「Allegiance Reign」だ。なんと彼らは本物の甲冑を着てライブに臨む。日本ではまださほど多くないバトルメタルバンドとして活動しているのだ。

 彼らのライブは初めて観たのが昨年である。実は、昨年の2月にファーストライブ(初陣)を飾ったばかりの新人バンドだ。しかし、その外見と世界観、純和風の装いなのに楽曲はコッテコテのスピードメタル/パワーメタルでしかも英詞というギャップで、メタルファンの心を一気にとらえた。当然のことながら演奏力も非常に高い。新人バンドながら、2018年度のWacken Open Airへの出演権をかけた、メタルバトルジャパンの決勝にまで残ったことから、その実力がうかがいしれるだろう。

 メンバーは佐々緋鞘(ヴォーカル)、リーダーで創始者の矢城山武義(ギター)、葉瀬川智也(ベース)、阿弥歌澄(キーボード)という構成だ(※公式サイトにはドラマーの幻水も掲載されているが、サポートドラマーである)。

 メタル大好きおたぽる編集部では、さっそく彼らに密偵を送り、リーダーの矢城山殿を中心にインタビューを敢行した。

――その甲冑は本物なんですよね。

矢城山武義(以下、矢):もちろんじゃ。

――世界観を壊すようなことを訊いてしまうのですが、お値段は高かったですか。

佐々緋鞘(以下、佐):全員の甲冑を合わせれば、馬(※車のこと)が余裕で買えるな。

和風メタルバンド…いや、戦国バトルメタルバンドAllegiance Reign!外見以上にガチな人たちだった!!の画像2

インタビュー中は抜刀することなく、紳士的でした。

――馬ですか(笑) ライブではその甲冑をどうやって運んで会場に持ち込んでいるのですか。個々で運ぶには重すぎますよね。

:私の馬で全て運んでいるよ。

――よく甲冑を着て演奏できますね……。(持たせてもらう)うわっ、めちゃくちゃ重いじゃないですか。20kgくらいありそうですね。さて、甲冑の話はこのくらいとして、まずバンドのコンセプトがどうして純和風のバトルメタルになったのか、教えてください。

:まずきちんとバトルメタルをコンセプトにうたっているバンドが国内には少なかったというのがある。しかし、バトルメタルバンドを始めるにしても、世界に通用するオリジナリティとは一体何かと考え、南蛮の真似事をするばかりでは決して唯一無二のメタルバンドを創り上げることが出来ないとも感じておった。

 その“オリジナリティ”という部分を追い求める上で、南蛮人が西洋甲冑を着ているから、そっくりそのまま真似をしても意味はないだろうと。なぜなら、ジャンルの歴史そのものを理解した上で音楽を創らないと、自らが発信していく音楽に重みが増さないのではないかと感じたのじゃ。

 だからこそ、日ノ本の人間が表現できるバトルメタルとは一体何なのか? つまりは戦国ではないか? という結論に至ったわけじゃ。これこそ世界に発信していける歴史や文化を含んだ日ノ本独自のメタルコンセプトではないか、と。

和風メタルバンド…いや、戦国バトルメタルバンドAllegiance Reign!外見以上にガチな人たちだった!!のページです。おたぽるは、catインタビューその他コスプレホビー音楽Allegiance Reignメタルの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
吉高寧々が腕をブンブン! …しているだけなのに、なんかエロい!! バスタオルが落ちそうで落ちないのもじれったい!new
鶴あいか「私の“だらしない身体”を堪能してほしいです」 2枚目のDVDは大人エロい作品に
結城花純が“おっぱいチェキ”を披露!! 隠しきれずにおっぱいの大事なところがチラ見え!?
神咲詩織の肢体は芸術の域! 撮影終わりにセクシーな手ブラショットを公開! かみしぉのおっぱいはやっぱり最高…!
三上悠亜が朝から刺激的すぎるセクシーショットを公開! マシュマロのような美巨乳を腕で隠して…
梨杏なつがおっぱいを丸出しに! チャームポイントの「おっぱいのほくろ」もバッチリ見えるエロカワなサービスショット!

ギャラリー一覧

ところで新商品を見てくれ こいつをどう思う?
ところで新商品を見てくれ こいつをどう思う?
俺も黒田悠斗さんみたいにマッチョになりたい!
「貧乳の日」なら私もツイートできるかな…