バイドゥ株式会社が、日本語入力&きせかえ顔文字キーボードアプリ「Simeji」の『Simeji 今年の顔文字大賞 2017』を発表した。

 2014年から始まり今年で4回目を迎える『Simeji 今年の顔文字大賞』は、“最も今年らしい”顔文字を選ぶ賞となる。約5万種類あるSimejiの顔文字の中から、ユーザーが多く使用した顔文字や、今年話題となった言葉が反映された顔文字25作品を選出し、そのノミネート顔文字の中から「これぞ今年の顔文字!」と思われるものをユーザーに投票してもらい、大賞を決定している。

 過去3回の顔文字大賞も大きな反響となっていたが、今年も約10,000票の投票をされ、厳選なる審査を行った結果、今年の顔文字大賞に選ばれたのは『それな ( ᐛ )σ』となった。

 ちなみに昨年の「Simeji 今年の顔文字大賞 2016」は「(☝ ՞ਊ ՞)☝ウェーイ(よみ:うぇーい)」。

 詳しくはこちら。 URL: https://simeji.me/cp/kotoshinokaomoji/2016/

■「Simeji 今年の顔文字大賞 2017」ノミネート作品

今年の顔文字はこれだ!『Simeji 今年の顔文字大賞』発表!若者コミュニケーションの変化が如実に!?の画像2

「Simeji 今年の顔文字大賞 2017」ノミネート作品

【Simejiスタッフによる大賞受賞理由への考察】

SNSを中心に拡大!「いいね」や返信スタンプの代用としても使用され、ハッシュタグにも! 今ドキの若者コミュニケーション事情を表した『それな ( ᐛ )σ』が顔文字大賞を受賞!!

『それな ( ᐛ )σ』が「Simeji 顔文字大賞 2017」に選ばれた理由としては、若者のスマホトークやSNSで多用されており、現代の若者を表している顔文字であるからです。

『それな』という言葉自体は、2015年頃から女子高生の間で日常的に多用されるようになり、現代では、SNSなどのスマホでのコミュニケーションが日常化する若者たちの間では、常套句として使われています。

 従来、『それな』は関西圏の話言葉として使われており、相手の言ったことに対して「それ私も同感」という共感や同意を意味していましたが、SNSで相手の投稿に対して、“いいね”と肯定しておきたい場合や、スマホトークを終わらせる時の返信スタンプの代用として『それな』が使われるようになってきました。

 また、今年は“インスタ映え”という言葉が流行しましたが、Instagramでも、ハッシュタグで『#それな』をつけた投稿が増加しています。自分の投稿に対して相槌を入れているように使われていたり、「#卍」「#それな」を組み合わせて、投稿内容を強調したり、投稿時のテンションが上がり具合も表したりしているようです。

 しかし、『それな』はどんなシチュエーションでも使えるほど万能的な反面、『それな』と言われた方は、会話を終わらせなければという意識になり、返信がしにくかったり、会話が曖昧なまま終わってしまったり、残念な相槌になってしまうケースも多いようです。

 良い面、悪い面の双方の観点から、今ドキの若者のスマホでのコミュニケーション事情を表現しており、2017年に相応しい顔文字として、『それな ( ᐛ )σ』を選定しました。

今年の顔文字はこれだ!『Simeji 今年の顔文字大賞』発表!若者コミュニケーションの変化が如実に!?のページです。おたぽるは、その他ホビーSimeji今年の顔文字大賞顔文字の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
大澤玲美が初の奥様役に挑戦! リアルな結婚は「撮影で奥様気分を味わったのでもういいかな」new
佐藤レイミがお胸が強調された黒のハイレグ水着姿に挑戦! ベッドのシーンは「甘えたり、命令したり……」
松本菜奈実のボインをチェック!! DMMアダルトアワードの“テッペン”を獲る「ビットボインでボインチェック」とは?
伊川愛梨、私も腰を振って「大人の感じ」を演出!? ロリ巨乳だけど、小さめ水着も「意外と大丈夫」

ギャラリー一覧

俺も黒田悠斗さんみたいにマッチョになりたい!
「貧乳の日」なら私もツイートできるかな…