昆虫型生命体“バグ”と人類の戦争をポール・バーホーベン監督が描いた90年代を代表するSF映画傑作『スターシップ・トゥルーパーズ』。いまだ根強いファンに支持されている本作が、公開から20周年を迎えることを記念して製作された、シリーズ第5作目となる劇場版長編フルCG映画『スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット』が、2018年2月に日本で公開されることが決定!

 脚本は『ロボコップ』『スターシップ・トゥルーパーズ』シリーズを手掛けてきたエド・ニューマイヤーが務めたほか、監督を『Appleseed Alpha』などで知られる荒牧伸志と、本作が監督でデビューとなる松本勝のダブル監督体制で担当し、昆虫型生命体“バグ”と宇宙に進出した人類による、過酷な火星の戦場を描く。

1709_star.jpg

 公開に先立ち、シリーズを象徴する昆虫型生命体“バグ”の爪5本が、「火星」を鷲掴みならぬ“バグ掴み”しているという、印象的で衝撃的な日本オリジナルのティザービジュアルも公開された。奇しくも、17年は界三大SF作家のひとりロバート・A・ハインラインが原作の同名小説『スターシップ・トゥルーパーズ』(邦題『宇宙の戦士』(早川書房)の日本発売よりちょうど50周年(1967年)の節目の年でもある。

 画像を見ても分かるとおり、過去のCGアニメをも凌駕しそうな勢いで格好良く描かれる戦士たち。日本のSF(ひいてはロボットもの)に大きな影響を与えたハインラインの世界観に浸りながら、公開を楽しみに待ちたい。

監督:荒牧伸志、松本勝
脚本:エド・ニューマイヤー
原作:『宇宙の戦士』ロバート・A・ハインライン(早川書房)
原題:STARSHIP TROOPERS: TRAITOR OF MARS
字幕翻訳:林完治 吹替翻訳:田尾友美
企画・製作:ソニー・ピクチャーズ・ワールドワイド・アクイジションズ、ルーセント・ピクチャーズエンタテインメント
制作:SOLA DIGITAL ARTS/配給:KADOKAWA  

(C)2017 Sony Pictures Worldwide Acquisitions Inc., All Rights Reserved.
公式サイト:http://sst-mars.jp/

SF映画傑作『スターシップ・トゥルーパーズ』20周年記念作『レッドプラネット』、18年2月日本公開決定!のページです。おたぽるは、アニメアニメ業界事情スターシップ・トゥルーパーズスターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット荒牧伸志の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
きょう肉肉の合法ロリっぷりがやばい!スクール水着に園児帽!そしてパイパン!!new
sherryが『アイドルマスターシンデレラガールズ』より双葉杏のコスプレ披露!あくび顔がけだるそうでグッド!
コスプレイヤー・Kizamiの天使コスプレがエッチ過ぎ!布面積すくねぇ!!
人気コスプレイヤーのKizamiの縞パンパンチラが生々しい!

ギャラリー一覧

俺も黒田悠斗さんみたいにマッチョになりたい!
「貧乳の日」なら私もツイートできるかな…