1707_art.jpg
「いらすとや」より

 4日、アニメ制作会社の株式会社アニメーションスタジオ・アートランドが債務整理を開始したことが各媒体にて報道された。負債総額は2億9,884万円(19年12月期決算時点)。

 アートランドといえば、前身である有限会社アートランドの設立は1978年と、アニメ業界ではかなりの老舗。超ヒット作『超時空要塞マクロス』の企画から参加、『銀河英雄伝説』にも制作協力として加わるなど、大手アニメ制作会社のグロス請け(TVアニメの1話丸ごと制作を受託。クレジットでは「アニメーション制作協力:●●」などと表記)を長く続け、業界の信頼を獲得。00年代からは制作元請(TVアニメシリーズの制作を丸ごと受託。クレジットでは「アニメーション制作:●●」と表記)も始めるように。

 制作元請を担った作品の中には、「東京国際アニメフェア第5回東京アニメアワード・テレビ部門優秀作品賞」ほか(05年)を受賞した『蟲師』など、高評価を受けさらに売上げも好調だった名作もあり、さらに近年でも『ラブライブ!』といった人気作品の制作協力を手掛けていた。

 だが、帝国データバンクの7日付けの記事によると、13年11月期の年収入高は約2億6,000万円を計上したものの、製品製造原価に占める外注比率が約9割にのぼり、欠損計上が続いていた。16年12月期の年収入高は約2,100万円にとどまり、債務超過に陥っていた。

 名作を手掛けた老舗スタジオの倒産だが、ネット上を概観しても動揺するアニメファンの声は意外と少ない。実は先月末から複数の現役アニメーターとおぼしきTwitterユーザーたちから、明言こそされなかったもののとある老舗スタジオが倒産したことを示唆するツイートがあったためだ。

 加えてスタジオアートランドがアニメーション制作を務めていた、4月から放送開始の最新TVアニメ『sin 七つの大罪』は、途中で2回も総集編が放送された。結局6月までに最終第12話を放送できず、制作の進行が逼迫していたことがうかがえる状況だったことが影響したと思われる(第12話は有料チャンネルAT-X、ほか各動画配信サイトにて7月29日に放送・配信予定)。

 同じく7日付けの東京商工リサーチの記事には「納品の延期なども重なり業績が急激に悪化」という一文もあるので、『sin 七つの大罪』以外の作品でも納期の遅れから発生する予想外の出費が多かったのだろう。

老舗アニメ制作会社が債務整理へ! 市場は拡大してもアニメ制作会社の苦境は続くのページです。おたぽるは、アニメアニメ業界事情アニメ制作会社アートランド債務整理超時空要塞マクロス銀河英雄伝説の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
きょう肉肉の合法ロリっぷりがやばい!スクール水着に園児帽!そしてパイパン!!new
sherryが『アイドルマスターシンデレラガールズ』より双葉杏のコスプレ披露!あくび顔がけだるそうでグッド!
コスプレイヤー・Kizamiの天使コスプレがエッチ過ぎ!布面積すくねぇ!!
人気コスプレイヤーのKizamiの縞パンパンチラが生々しい!

ギャラリー一覧

俺も黒田悠斗さんみたいにマッチョになりたい!
「貧乳の日」なら私もツイートできるかな…