1707_hansoku01.jpg
『学園交渉人 法条真誠の華麗なる逆転劇』(GA文庫)

 6月1日、ファンや業界を驚かせた、とある一連のツイート。

「結論! 今回の販促計画とは 『一巻印税全部ぶち込んでメディア広告連発するぜ!』です!(震) 大丈夫です! 頭は正気です!」

「当然編集部の許可をいただいたうえで、著者主導でありとあらゆる販促をおこなっていくとだけ、今はお伝えをしておきたいと思います! 具体的にどんなことをやるかは、本日以降、随時ツイッターで告知していきます!」

 書き込んだのは、ライトノベル作家の柚本悠斗氏。7月15日に発売される自著『学園交渉人 法条真誠の華麗なる逆転劇』(画:米山舞/GA文庫)を盛り上げるために、その1巻の印税収入すべてを広告費として使用すると堂々宣言。

 自身のTwitter(@yuzumoto_H)で熱く作品を紹介しながら、Q’S EYE(渋谷駅前スクランブル交差点の屋外ビジョン)などで作品のPV映像を放映するといった、実施した販促活動を次々と報告。精力的な展開に、ライトノベルのファン以外からも注目が集まっている。

 自作の宣伝に熱心な作家やクリエーターは多いが、通常はTwitterやブログなどSNSで作品を紹介したり、インタビュー取材への協力や書店などで行われるサイン会に出席するといったレベルにおさまるもの。寡聞にして、印税すべてをつぎ込んで作家主導で販促活動を行うといった例は聞いたことがない。

 一体何を思い、何を考えて、こんな面白いことを始めたのか。柚本悠斗氏に聞いてみた。


「“受賞作”“人気作家”という肩書きがないなかで、いかに注目してもらえるか」

――Twitterで『一巻印税全部ぶち込んでメディア広告連発するぜ!』と発表・公開されてからの、周囲の反応はいかがでしたか?

柚本悠斗(以下、「柚本」) おおむね好意的な反応が私のもとに届いています。デビュー作『姉と妹の下着事情。』(GA文庫)の読者の方々からの応援メッセージはもちろんですが、意外だったのは作家さん方や出版に携わる方々からも興味を持っているというお言葉をいただきました。

 背景にあるのは、現在のライトノベル市場における著者の抱える悩みに対して、ある種、一石を投じる取り組みになるかも、という期待も込められているのだと思います。

――そもそも、販売促進を作家主導で行うというアイデアは、どういう経緯をたどって発想されたものなんですか?

柚本 どうすれば売れるか? という単純な相談を、広告代理店に勤める友人にしたのがきっかけです。先ほども触れましたが、現在のライトノベル市場においては初速(発売直後の売上げ動向)がかなり重要です。どうすれば認知・注目され、購入してもらえるのか、というのはどの作家の方も抱えている悩みだと思います。

 新人賞などの受賞作や人気作家という肩書きがないなかで、注目材料をどう作り出すか、そのために作家個人で行える広告は何があるのか――といったところを友人と話し合い、まず大型ビジョン広告の利用という案が出まして。

 その時点では、Q’S EYEなど、巨大なビジョン媒体を使って宣伝してみたい、という話をしていましたね。作家自身が大型広告を利用する例はあまりなく、その活動自体も注目を集められると考え、「作家が宣伝していること自体が宣伝」となるよう、1巻の印税をすべて投入すると決断したんです。

 作品の認知について自分たちは「顧客・潜在層とのタッチポイントの増加」と呼んでいました、とにかく作品の存在を知ってもらうことを重視した広告展開を行おうと。それに伴い、友人には販促代理人として活動してもらい、私のサポートを依頼しました。後に、正式に広告代理店へ依頼をすることになったのですが、窓口の大半は彼にお願いをしていました。

ラノベ作家、単行本の印税で単行本の販促を全力展開中! 作家主導の広告展開の真意はのページです。おたぽるは、catインタビューマンガ&ラノベライトノベル姉と妹の下着事情。学園交渉人 法条真誠の華麗なる逆転劇柚本悠斗販促の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
きょう肉肉の合法ロリっぷりがやばい!スクール水着に園児帽!そしてパイパン!!new
sherryが『アイドルマスターシンデレラガールズ』より双葉杏のコスプレ披露!あくび顔がけだるそうでグッド!
コスプレイヤー・Kizamiの天使コスプレがエッチ過ぎ!布面積すくねぇ!!
人気コスプレイヤーのKizamiの縞パンパンチラが生々しい!

ギャラリー一覧

俺も黒田悠斗さんみたいにマッチョになりたい!
「貧乳の日」なら私もツイートできるかな…