──深夜の恋テロアニメ『月がきれい』(TOKYO MXほか)。最新10話がこれまた殺傷力の高いエピソードだったが、すなわちそれは素晴らしいということ。地味アニメ好きのライター、大山くまおが全話レビュー中。フライングドッグ南健プロデューサーへのインタビューもあわせてどうぞ。*ここまでのレビュー

『月がきれい』10話 仲違いから仲直りで激しいキス! 感情の高低差で耳キーンてなるわの画像1
『月がきれい』公式サイトより


■「川越まつり」は多すぎる人出に要注意

 部活も一段落ついた中3の秋。小太郎(演:千葉翔也)と茜(演:小原好美)たちは受験の態勢に入るが、10月にはずっと小太郎が練習を積んできたお囃子の本番「川越まつり」がある。茜は陸上部の仲間たちと出向くが……というのがAパート。

 何より膨大なカロリーが費やされたであろう「川越まつり」の作画が目をひく。山車の上で小太郎がお囃子を踊るシーンは、南プロデューサーが「本作制作にあたりやりたかったことの一つ」と明言するほど。8話の川越氷川神社「縁結び風鈴」に続いて、行ってみたいと思った視聴者も多かっただろう。

 9話は陸上大会での茜の活躍を小太郎がそっと見届けていたが、10話では逆に小太郎の活躍を茜が(こちらもそっと)見届けており、両エピソードは一対になっている。どちらも「そっと」というのが奥ゆかしい『月がきれい』らしい。何かに夢中になって打ち込んでいる人は、それだけで魅力的なのだ。


■比良、祭りの夜に死す

 Aパートの主役は、茜に好意を寄せ続けた陸上部のキャプテン、比良(演:田丸篤志)だ。9話では「俺は、まだ勝負すらしてないし」と言っていたが、10話ではついに茜に告白する。

「好きだった、ずっと……。一生懸命走っているところ、いつも見ていたから」

 告白されて、もじもじと川越銘菓「いも恋」の包み紙を弄っていた茜の指がぴくん、と跳ねる演出が細かい。こんな細かなカット、実写の映画やドラマではまず見ない。そして2人のことを遠くから見つめる小太郎のバックショット。声までは聞こえていないはずだが、なんだかヤバイ気しかしない。

「ごめん……あの、私、つきあってる」
「知ってる。けど……なんで、安曇……? 俺のほうが絶対水野のことをよく知ってる。ずっと、はじめから、ずっと一番好きだ!」

「なんで、安曇」って言っちゃった。恋に破れつつある者が、誰しも思う「なんで自分じゃなくてアイツなんだ」という疑問。でも、それを口に出してしまうと、相手の心はますます遠ざかる。

「ごめん、私、比良は友達だから。大事だけど、違う……」

 茜は視線をそらしたまま、きっぱりと拒絶する。比良、討ち死に。それでも、茜に微笑みを見せるところが、「周囲に自然に気を配ることができ、頼られがちな人格者」である所以だろう。しかし、人格者なのに「なんで」と口走ってしまうところが恋の魔力である。小太郎からLINEが入った瞬間、スマホを取り出して画面を見る茜の姿がさりげなくキツイ。比良にとって何よりの追い打ちだったはずだ。

『月がきれい』10話 仲違いから仲直りで激しいキス! 感情の高低差で耳キーンてなるわのページです。おたぽるは、アニメ作品レビュー17年4月期アニメフライングドッグ千葉翔也南健夏目漱石大山くまお太宰治宮沢賢治小原好美岸誠二川越月がきれいの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
ロリコスプレイヤー・桜群が犯罪的かわいさのD.VA婦警コスを披露!逮捕希望者続出中!!new
中国出身コスプレイヤー・シェリーが神崎蘭子のコスプレを披露!中二感満載のハイクオリティコス!
人気コスプレイヤー・シェリーがスクエニの『SINoALICE』からアリスコス披露!かわえぇぇぇぇぇ!
エロゲー大好きAV女優“きずぽん”佐倉絆が、エロゲーレンタルを“初体験”しちゃった!

ギャラリー一覧

『TRUE BLUE』『Canvas2』『こなたよりかなたまで』…ナイス選択!
きずぽんがかわいすぎるよ!一緒に乙女ゲーの話したいなぁ