――都会での仕事に憧れる20歳女子。就活全滅、限界集落寸前の田舎のよくわかんない独立王国の王様に就任させられて、「ホタルまみれの夕べ」を企画する。今回のイカ娘みたいなカラーの由乃の服が気になって仕方ないたまごまごが、『サクラクエスト』(TOKYO MXほか)全話レビューお届けします。P.A.WORKSのアニメは、女の子たちが持っている服をちゃんと設定して、日時に合わせて着回ししているのがすごく好きです。*ここまでのレビュー

『サクラクエスト』11話「私のことなんか誰も認めてくれない」そんな引きこもりUMA女子ががんばったの画像1
『サクラクエスト』公式サイトより


第11話『忘却のレクイエム』人は龍とも仲良くしたかった

 間野山町の婚活ツアーを引き受けた、木春由乃(演:七瀬彩夏)たち5人。しかし織部凛々子(演:田中ちえ美)は、ひとりぼっちだった自分の境遇と、龍を追い出した伝説を重ねていたたまれなくなってしまい、雨の中1人帰ってしまった。
 伝説が気になった彼女、図書館で調べたところもう一つの解釈として、龍と仲良くなりたかった人間の鎮魂歌があったことを知る。

 だがそれを伝えようとしても、婚活ツアーの人たちは聞いてくれない。孤独感に打ちひしがれた凛々子は、探しに来た由乃に泣きながら自分の苦しみを打ち明けた。
 彼女を抱きしめる由乃。そこに、みんなが忘れていた鎮魂歌をサンダルさん(演:ヴィナイ・マーシー)が歌いながら現れた。伝承を伝えたいと願い、凛々子は勇気を振り絞って皆の前で歌を披露する。


■よそ者とは「外部の人」とは限らない

 凛々子の家は、母が「よそ者」として入ってきたものの結局馴染めなくて飛び出し、父親も出ていってしまい、凛々子1人残されて……というやりきれない環境だったのた。なるほど、祖母の織部千登勢(演:伊沢磨紀)が「よそ者」にやたら厳しいわけだ。

 前回、千登勢は「凛々子は凛々子。無理せずそのままでいいんだよ」と言っていた。今回、人前に出るのが苦手だから出なくていい、と言っているので、どうやら甘やかしだったようだ。
 千登勢が言う「よそ者」は、「外部からの人」のこと。なので観光協会の中でも、地元っ子の四ノ宮しおり(演:上田麗奈)には優しい。由乃にはめちゃくちゃ厳しい。

 一方、凛々子が悩んでいたのは、地元にいながらも「よそ者」だった自分のことだ。
 町から出ればいいとわかっていても、またコミュニケーションが取れず「よそ者」になりかねないから、出られない。

『サクラクエスト』11話「私のことなんか誰も認めてくれない」そんな引きこもりUMA女子ががんばったのページです。おたぽるは、アニメ作品レビュー17年4月期アニメJ.C.STAFFP.A.WORKSお仕事シリーズたまごまごサクラクエストチュパカブラ七瀬彩夏上田麗奈地方創生増井壮一婚活安済知佳小松未可子斧アツシ横谷昌宏独立王国田中ちえ美の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
ロリコスプレイヤー・桜群が犯罪的かわいさのD.VA婦警コスを披露!逮捕希望者続出中!!new
中国出身コスプレイヤー・シェリーが神崎蘭子のコスプレを披露!中二感満載のハイクオリティコス!
人気コスプレイヤー・シェリーがスクエニの『SINoALICE』からアリスコス披露!かわえぇぇぇぇぇ!
エロゲー大好きAV女優“きずぽん”佐倉絆が、エロゲーレンタルを“初体験”しちゃった!

ギャラリー一覧

『TRUE BLUE』『Canvas2』『こなたよりかなたまで』…ナイス選択!
きずぽんがかわいすぎるよ!一緒に乙女ゲーの話したいなぁ