──このアニメを見ると、深夜にクレープが食べたくなるから困る。Blu-ray-BOXの宣伝が蔵六と内藤のダブルCV:大塚おっさんコンビでときめいたたまごまごが、『アリスと蔵六』(TOKYO MX)を全話レビューします。*ここまでのレビュー

『アリスと蔵六』10話 紗名のモシャモシャ大ピンチで大観覧車出現、衝撃展開を原作と比較しながら解説の画像1
先週(9話)はこんなお話。アニメ『アリスと蔵六』公式サイトより


10話「小さな女王」紗名・イン・ワンダーランド

「私はモシャモシャするのが大嫌いなんだ!」

 原作・今井哲也、監督・桜美かつし、J.C.STAFF制作のアニメ。頑固爺さん蔵六(演:大塚明夫)の元にやってきた、妙な力を持つ少女・紗名(演:大和田仁美)を巡る物語。
 人の想像力を奪って操ることができる能力者の敷島羽鳥(演:内田秀)。彼女は自分が「悪い魔女」になったと思い込み、引きこもってしまう。それを心配していた親友の美浦歩(演:高橋未奈美)の目の前に、突然現れたチェシャ猫。歩は不思議な空間に落下してしまう。

 穴の底「ワンダーランド」には、赤の女王の格好をした紗名がふんぞりかえっていた。羽鳥と歩が人を操っていたと考え、こらしめようとしていたのだ。
 歩が元の世界に戻ってから、次に紗名が捕まえようとしたのは、羽鳥。時計ウサギにワンダーランドに誘い込まれた羽鳥は、自分の能力を発動させる。その途端、紗名が作ったお城は崩壊。「ワンダーランド」が暴走しはじめた。
 現実世界では能力を発現した人間が多発し、町のど真ん中に観覧車が現れ、非常事態になった。一条雫(CV:小清水亜美)と蔵六たちは、紗名と羽鳥の救出に向かう。


■ワンダーランド大暴走

 急激に話が展開したので、何が起きているのか、原作とどう違うのかを簡単に整理。

・紗名たちはどこにいるのか
 紗名がいるのは、かつて研究所で封印されていた「ワンダーランド」。紗名の想像力によって成長する空間であり、「ワンダーランド」が紗名という疑似人格を生み出した……というのが、現時点まででわかるアニメ版の表現。なので「ワンダーランド」は「場所」というよりは、紗名をも含んだ「現象」の方が正しい。
 元々「ワンダーランド」は研究所が管理していたが、ミニーC(演:能登麻美子)の事件で研究所は崩壊。その後一条や山田がいる内閣情報調査室が管理している。

・羽鳥が能力を使ったら崩れた理由
 羽鳥の「想像力を奪う」力は、紗名の「想像力で生み出す」力と完全に相殺することは、原宿の事件で判明済み。紗名と羽鳥がいた落書きのお城は、「ワンダーランド」内の、紗名が生み出した空間。相殺が起きたことで、紗名の作った空間だけが崩壊。成長中の「ワンダーランド」にはひずみが生じ、2人は「紗名の理解の範疇にない場所」に放り出され、外に出られなくなった。ちなみに、時計ウサギやチェシャ猫も「ワンダーランド」の産物。

・あの観覧車なんなの?
「ワンダーランド」は生物のような「現象」のため、あちこちに興味を示す。その際に外に開く窓のようなものが、「アリスの夢」になった人間が力を使う時に出て来る「鏡の門」。
 今回は2人が起こした異変で「ワンダーランド」が覚醒し、多数の人が無意識のうちに「アリスの夢」化した。そのうちの一人がたまたま観覧車を出したっぽい。
 原作では、同時多発「アリスの夢」化は全く別の出来事として起きており、羽鳥たちが困っている時にすでに多数の「アリスの夢」が存在。紗名と羽鳥のやり取りは無関係だったので、アニメ版の方が事件は深刻になっている。

『アリスと蔵六』10話 紗名のモシャモシャ大ピンチで大観覧車出現、衝撃展開を原作と比較しながら解説のページです。おたぽるは、アニメ作品レビュー17年4月期アニメJ.C.STAFFたまごまごアリスと蔵六コミックリュウ今井哲也内田秀大和田仁美大塚明夫大塚芳忠小清水亜美広瀬ゆうき豊崎愛生高橋未奈美の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
人気コスプレイヤーのKizamiの縞パンパンチラが生々しい!new
人気コスプレイヤー・桜群のモコモコウサギが合法ロリすぎる!!
コスプレイヤー・桜群と妍子のセーラー服コスが美少女すぎる!
コスプレイヤー・Loluの幼稚園児コスプレがロリコンすぎてヤバイ…もはや超人レベル!

ギャラリー一覧

『TRUE BLUE』『Canvas2』『こなたよりかなたまで』…ナイス選択!
きずぽんがかわいすぎるよ!一緒に乙女ゲーの話したいなぁ