1905_hayao.jpg
NHKオンラインより

 19日、宮崎駿監督が新作長編アニメーション映画の準備に入ったことを、スタジオジブリが正式に発表。あわせて公式サイトで新作の制作を担うスタッフの募集も開始した。今年2月に、鈴木敏夫プロデューサーがアメリカのイベントで新作長編の準備に入ったこと、2016年7月に企画書を、年末には宮崎監督から絵コンテを見せられたことを明かしていたが、ついに正式に引退発言を撤回する形となった。

 宮崎監督の引退発言といえば、まず大ヒットとなった『もののけ姫』(97年)の公開後に最初の引退発言。その後、『千と千尋の神隠し』(01年)が歴代No.1となる興行収入約308億円の超ヒット作となった後にも、2回目の引退発言。そして『ハウルの動く城』(04年)でも、「最高の辞め時」「情熱が持てなくなった」と、限りなく引退宣言に近いコメントも残している。

 その後『ゲド戦記』(06年)では原案を務めたものの、監督は宮崎吾朗に任せたことから、今度こそ本当に引退かと思わせたが、『崖の上のポニョ』(08年)では再び原作・脚本・監督を担当。だが『風立ちぬ』(13年)公開直後に「最後の長編作品」と宣言、記者会見まで開催し、改めて引退宣言を行った。なお、この記者会見前にスタジオジブリ代表取締役社長・星野康二が第70回ベネチア国際映画祭の会見場で「実は『崖の上のポニョ』が最後の長編になるはずだった」と告白。

『風の谷のナウシカ』(84年)制作終了直後にも引退宣言をしていた、という逸話もあったりするが、04年の『ハウルの動く城』、08年の『崖の上のポニョ』も含めると、これまでに5回は引退を宣言し、そして撤回してきた宮崎監督。ネット上の反応を見ると度重なる引退宣言→撤回に「もう勘弁してください」「プロレスラー並に引退が信用ならん」「知ってた」という声もあるが、「宮崎監督の復帰うれしいぃぃぃ!」「死ぬまで現役やってくれ」「やっぱクリエイターなんだなぁ」と、復帰を喜ぶ声が多いようだ。

 これだけの実績を残してきて、なお新作に取り組もうという意欲には感心してしまうが、同時に不安・疑問に感じる部分も多い。今後、またNHKのドキュメントあたりで明らかにされていくのだろうが、現時点での“宮崎監督、復活!”にまつわる不安ポイントをまとめてみた。

風立ちぬ

風立ちぬ

公開当時からよく「引退せぬ」とか言われてました

「知ってた!」5回目の引退宣言→撤回の宮崎駿の、“新作長編”への期待と不安とはのページです。おたぽるは、アニメアニメ業界事情スタジオジブリ宮崎吾朗宮崎駿引退鈴木敏夫風立ちぬ高畑勲の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
台湾出身コスプレイヤー・HIKOの黒タイツコスプレ3連発!9月6日は黒タイツの日??new
人気コスプレイヤー・リーユウが『冴えない彼女の育てかた』霞ヶ丘詩羽のコスプレ披露!少し優しそうな詩羽先輩!!
ロリコスプレイヤーの桜群が東方Projectのコスプレ披露!バラを贈らせてくれぇぇぇ~!
台湾出身の人気コスプレイヤー・E子『シャイニング・ブレイド』よりミスティのコスプレ披露!安定のツインテール!

ギャラリー一覧

『TRUE BLUE』『Canvas2』『こなたよりかなたまで』…ナイス選択!
きずぽんがかわいすぎるよ!一緒に乙女ゲーの話したいなぁ