「問題があったか?」の問いに、「どうなんでしょうね」 人工知能学会大会発表論文の執筆者を直撃! pixiv上のR-18小説に猥褻・有害の「レッテル貼り」で騒動にの画像1
「2017年度 人工知能学会全国大会(第31回)」公式サイトより。

 先日開催された、人工知能学会全国大会で発表された論文がpixiv上のR-18小説に「有害」「猥褻」のレッテル貼りを行ったとして、猛烈な批判を浴びている騒動。執筆者の一人である立命館大学情報理工学部メディア情報学科の助教・山西良典氏は、取材に対して「どうなんでしょうね」と煮え切らぬ回答に終止した。

「ドメインにより意味が変化する単語に着目した猥褻な表現のフィルタリング」と題された論文は、立命館大学大学院情報理工学研究科の近江龍一氏、立命館大学情報理工学部の西原陽子氏、そして山西良典氏の3名によって著されたもの。

 論文中では「インターネット上には未成年に対して有害な情報が溢れている」などとして、フィルタリングについての論述がなされている。文中では「有害」と「猥褻」という言葉が繰り返し用いられているが、その定義については、どこにも記されていない。まったく「有害」と「猥褻」がなにかを定義しないまま、「有害」と「猥褻」のフィルタリングを語るトンデモ論文となっているのだ。

 さらに問題なのは、文中で個別作品のURLや作者名も明示されていること。これは、pixivが規約に抵触する行為との指摘もある。pixivでは、すでにTwitterの公式アカウント(@pixiv)で「論文の発表元である立命館大学に対し、経緯と事実関係の確認および対象ユーザーとの問題解決を要請」していることを発表している。

 これに先立ち、25日午前中には、それまで人工知能学会のサイトで公開されていた論文が突如、公開を停止。「※例外的に発表原稿を非公開としました」という記載を行っている。

 いったい、どういう経緯でこのような事態が起きてしまったのか。執筆者の一人、山西氏に電話で話を聞くことができた。

──なぜ、論文が取り下げられているのか。

山西氏「それは、運営側の処置として検討しているとのことですね」

──検討とはどういうことか。

山西氏「うーんとね、このあと多分、話をすると思うんですけど、はい」

──ということは、やはり問題あると判断していることなのか。

山西氏「うーん、どうなんでしょうねっ」

──では、その取り下げは山西氏から提案したものなのか。

山西氏「えっとね、提案というか……うーん、僕は提案はしていないですね」

──学会のほうからの提案ということか。

山西氏「うーん、そうですね。僕からは提案していないです……えっと、これって僕、今から出かけるところなんですが」

 今日は、一日中会議だという山西氏。夕方以降、改めて電話をする旨を伝えたところ「そうして下さい」といったものの、夕方を過ぎても電話が繋がることはなかった。

 この件については、人工知能学会などに対しても引き続き、取材を要請中。続報があり次第、報告することにする。
(文=昼間たかし)

「問題があったか?」の問いに、「どうなんでしょうね」 人工知能学会大会発表論文の執筆者を直撃! pixiv上のR-18小説に猥褻・有害の「レッテル貼り」で騒動にのページです。おたぽるは、その他ホビーpixiv人工知能学会全国大会昼間たかしの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
歌手のELISAがぶりっこセルフィー公開!うぉぉぉっ!めっちゃかわいい!でもそんなことしなくても十分かわいいぞ!!new
川崎あやのくびれが芸術的すぎる!完璧ボディーの持ち主なのに実に謙虚…
祝デビュー5周年 Machico Live Tour 2017「DAY’S melody:」東京公演ライブレポ!
人気コスプレイヤー・サク 美顔すぎるすーぱーそに子コス披露!でも体のムチムチ具合は完全再現!!

ギャラリー一覧

コスプレイヤーさんってなんでみんなエロいんだろ…
『メアリと魔女の花』はもう観た?