「ぜひとも破らせていただきたい」 倉持由香がセルフプロデュースグラビアで伝線したパンスト姿を披露!の画像1
『倉持由香』のTwitter(@yukakuramoti)より。

 グラドル自画撮り部部長かつ100cmヒップの尻職人・倉持由香が、5月10日発売の「ヤングコミック」(少年画報社、以下「ヤンコミ」)に登場。自身がプロデュースしたグラビアが7ページにもわたって掲載されているのだが、この倉持のグラビアに「さすが部長! セルフプロデュースうまいな!」「これはもっちーの自画撮り部部長としての手腕が発揮されまくっている」「こんなに上質なグラビアページは初めて見ました……!!」と絶賛の声が上がっている。

 倉持セルフプロデュースのグラビアは、「モティズム」というタイトルでフェティズムに特化したもの。今回のテーマは「パンスト」とのことで、7ページにもわたって倉持のパンスト姿が披露されている。ファンからはこのグラビアの数々に「おしりもタマランが太ももが良い」「100cmヒップ×パンストとか満漢全席並みのごちそうでしかない」との声が続出。

 倉持が、目線を斜め下に反らしながら、少し恥ずかしそうに紺色のタイトスカートをまくり上げるショットでは、薄い黒色のパンストからおそらく白色であろう倉持のショーツがチラ見え。しかも、上半身は真っ白なリボンブラウスを着用し、首元まできっちりと隠されているところも高ポイントだ。

 さらに、「パンスト」といえば期待したいのが、ビリビリと伝線し、破かれたタイツ姿。自撮り部部長として数々の名ショットをあげてきている倉持は、「ヤンコミ」本誌でもこの期待にしっかりと応えている。倉持はレース地がなんとも艶めかしい真っ白なブラとショーツ(しかもヒモパン)の上に、これまた白い半袖のカーディガンのようなもの、そして伝線して、太腿、ショーツのちょうど上あたりが破けた薄い黒の「パンスト」を着用した姿を披露。健康的な倉持の肢体と真っ白な下着、そして黒色のパンストのコントラストには、読者からも思わず「パンスト破ったの僕じゃないよ! でもぜひとも破らせていただきたい」「どれだけお金積めばもっちーのパンスト破けますか!?」「倉持由香に着用されるパンティストッキングになりたかった」との声が。

 本誌には、「ヤンコミグラビア部始動」というあおりもあるので、もしかしたらこれから「ヤンコミ」で定期的に倉持プロデュースのグラビアを見ることができるかも。倉持も自身のTwitter(@yukakuramoti)で「読者アンケートもよろしくお願い致します!」と呼びかけているので、自画撮り部部長・倉持の手腕を確認するためにも、アンケートを積極的に送ろうではないか。

「ぜひとも破らせていただきたい」 倉持由香がセルフプロデュースグラビアで伝線したパンスト姿を披露!のページです。おたぽるは、アイドルアイドル&声優パンストパンティストッキングヤングコミックヤンコミ倉持由香の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
人気コスプレイヤーのKizamiの縞パンパンチラが生々しい!new
人気コスプレイヤー・桜群のモコモコウサギが合法ロリすぎる!!
コスプレイヤー・桜群と妍子のセーラー服コスが美少女すぎる!
コスプレイヤー・Loluの幼稚園児コスプレがロリコンすぎてヤバイ…もはや超人レベル!

ギャラリー一覧

『TRUE BLUE』『Canvas2』『こなたよりかなたまで』…ナイス選択!
きずぽんがかわいすぎるよ!一緒に乙女ゲーの話したいなぁ