平野綾、釘宮理恵らがi☆Ris茜屋日海夏のコメントにざわつく!? 『FAIRY TAIL』原作では今後衝撃の展開も?の画像1
『劇場版FAIRY TAIL -DRAGON CRY-』公式サイトより

 人気マンガ『FAIRY TAIL』(講談社)のオリジナル長編アニメ『劇場版FAIRY TAIL -DRAGON CRY-』が今月6日から公開中だ。

 2012年の『劇場版 FAIRY TAIL 鳳凰の巫女』以来、劇場2作目となる本作。原作者の真島ヒロが総合プロデューサーを務め、約200ページにおよぶ渾身のオリジナルネームを映像化し、現在最終章に突入している原作につながるものに仕上げている。しかも、このネーム、「数量限定!真島ヒロ執筆 劇場版原案ネーム」と来場者プレゼント第1弾として小冊子で進呈されたということもあってか、劇場は満席続出の好調なスタートを切ることとなった。

 その公開初日には柿原徹也(ナツ役)、平野綾(ルーシィ役)、釘宮理恵(ハッピー役)らが舞台挨拶に立ち、TVアニメ放送終了から約1年を経た、現在の『FAIRY TAIL』への思いなどを語ったという。

「久々にキャラクターを演じる気持ちはどうか質問に、釘宮さんが『割とすんなりすぐハッピーな感じに。ハッピーなだけにって言いそうになっちゃった』と答えたんです。そこを柿原さんと平野さんが結構必死にフォローしたので妙に意味深に聞こえて、釘宮さんも『心をざわざわさせちゃってすいません』と、苦笑いでした。

 久しぶりに集まったというブランクを感じるようなこともなく、柿原さんが見どころを話しているとき、平野さんも同じところを言おうとしてかぶったということで、柿原さんが話していても遠慮なく割り込んだり。そこから自然な感じで、クロストークする方向に持っていってたり、釘宮さんが平野さんのことを『綾』と呼んでいたのも、普段のやりとりが見えるみたいで印象的でしたね」(観覧していた20代男性)

 原作の連載は11年目、TVアニメは足掛け7年放送されているだけに、キャスト間の掛け合いは抜群だったよう。一方で歴史を感じさせる“ジェネレーションギャップ”を感じられる一幕も。

「平野さんが『23歳のときからやって今年30歳だから……』と漏らしたところ、『POLKA DOTS』というユニットで参加していたi☆Risの茜屋日海夏さんが『中学生のころに読ませていただいていて』と言っていたんです。これには柿原さん、平野さん、釘宮さんの3人がついにそんな世代と共演しているのか! と、お互いの顔を見合ってざわついていました(笑)」(前出の20代男性)

平野綾、釘宮理恵らがi☆Ris茜屋日海夏のコメントにざわつく!? 『FAIRY TAIL』原作では今後衝撃の展開も?のページです。おたぽるは、アニメアニメ業界事情FAIRY TAIL劇場版FAIRY TAIL -DRAGON CRY-平野綾柿原徹也真島ヒロ茜屋日海夏釘宮理恵の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
new
人気コスプレイヤーのKizamiの縞パンパンチラが生々しい!
人気コスプレイヤー・桜群のモコモコウサギが合法ロリすぎる!!
コスプレイヤー・桜群と妍子のセーラー服コスが美少女すぎる!

ギャラリー一覧

最近のセクシー女優さんはみんなキレイでカワイイよな!!
『銀魂』も面白かったけど『斉木楠雄のΨ難』もすごーく面白かったよ!