世界中が待ちに待った劇場アニメ『BLAME!』! キャストの興味深い話も飛び出した完成披露舞台挨拶レポートの画像1

 GWの5月4日、劇場アニメ『BLAME!』の封切りに先立ち、有楽町は丸の内ピカデリーで完成披露舞台挨拶が行われた。

 5月20日(土)から2週間限定で全国公開される『BLAME!』は、海外からも非常に高い評価を受けるSF好きにはたまらない作品。『シドニアの騎士』(すべて講談社)を世に生み出したマンガ家・弐瓶勉総監修、そして同作でお馴染みのポリゴン・ピクチュアズ制作という、弐瓶ファン垂涎、20年間の思いが詰まった待望の映画である。

 完成披露舞台挨拶には、霧亥役の櫻井孝宏さん、づる役の雨宮天さん、捨造役の宮野真守さん、制作陣からは瀬下寛之監督と吉平“Tady”直弘副監督が登壇。トークセッションで『BLAME!』のみどころやエピソードなどを語った。

■声優陣も完成版がどうなるのか分からなかった

「想像はしていたが、その上をいく凄まじいビジュアルで大感動」「かっこいい役」と櫻井さん。映画は敷居が高いものではなく、ドラマチックなものになったという。原作中でも寡黙な霧亥はアニメでは輪をかけて口数の少ないイメージだが、櫻井さんの息づかいや間の取り方、アクションが本当に「かっこいい」のだ。

 雨宮さんは「収録時は先に声を録って映像がつく形(プレスコ)だった」と収録を振り返り、「設定資料以外はラフな画すらなくて完成版がどうなるのか分からなかった」そう。「希望と絶望の繰り返しで、観終わった後に、ただの疲労感ではなく、幸せな温かい満足感とも違う、充足感みたいなものがあった」と力を込める。

世界中が待ちに待った劇場アニメ『BLAME!』! キャストの興味深い話も飛び出した完成披露舞台挨拶レポートの画像2
「へい」とポーズを決める宮野

 MCに「へい」と捨造が作中に使う台詞で返した宮野さんは、実際の映像を観て「こんなにSFだったんだ!」とプレスコならではの発言。「ト書きの方が台詞より多い台本があって、それをみんなで共有して状況を想定しながらやっていた。それが実際に画になると、こんなにかっこいいんだ、こんなにスピーディーでこんなにスリリングなんだとのめり込んで観てしまった」そう。

 カンヌ映画祭から派生したアヌシー国際アニメーション映画祭での特別上映について聞かれた瀬下監督と吉平副監督は、「とにかく感無量です」とコメント。「映像化できないと言われていた作品」をここまで作り上げ、「観たことのない凄いアニメだ」と言ってもらうことを目標にやってきたと笑顔で語った。

世界中が待ちに待った劇場アニメ『BLAME!』! キャストの興味深い話も飛び出した完成披露舞台挨拶レポートのページです。おたぽるは、アニメイベント情報・レポBLAME!シドニアの騎士ポリゴン・ピクチュアズ吉平“Tady”直弘宮野真守弐瓶勉櫻井孝宏瀬下寛之雨宮天の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
SeeUが『妹さえいればいい』より可児那由多のコスプレ披露!お次はあのフィギュアを再現してほしい!!new
佐伯香織が初イメージDVD『フレグランス』発売!セクシーなお風呂シーンで泡まみれになって…??
森山りこの1メートルJカップおっぱいと『Together しようJ』!! 水着の上下左右からハミチチしまくりのメートルおっぱいに乳ニストたちが狂喜乱舞!?
葉月佐和が最新DVD『彼女萌え!』発売!こんなGカップ彼女がいたら、あんなことやこんなことも…萌え妄想爆発!!

ギャラリー一覧

俺も黒田悠斗さんみたいにマッチョになりたい!
「貧乳の日」なら私もツイートできるかな…